ドリル系電動工具の基礎&活用 

スポンサーリンク
穴あけ作業

穴あけで、いちばん多いのはクギやネジの下穴。組み立てのための加工です。見た目きれいに並んでいればいいという穴あけから、正確な位置でないと仕上げか狂う、シビアな穴あけまであります。電動ドリルを選んだり、使いこなすためには「どんな穴をあけたいか」を解説します。

作業目的適合

電動ドリルは種類によって、機能に違いがあります。ここで「電動ドリル|とは、コードレスの充電ドリルや、コードが付いた電気ドリルなどのポータブル型ドリルをいいます。手回しのハンドドリルや卓上型のボール盤に対し、区別して呼ぶことにします。図は電動ドリルの種類と、その機能を分類したものです。

電動ドリル 電動ドライバー種類

電動ドリル 電動ドライバー種類

 電気ドリルは、ドリルビットに回転力(トルク)を与えて切り進む、穴あけの基本形です。

これに速度調節・トルク調節・逆回転の機能を加えて、ネジを締めることもできるようにしたのが、ドライバドリルです。充電式のものが圧倒的に多くなっています。

しかし長いネジを締めるのには大トルクが必要で、充電池のパワーでは消耗が早くなってしまいます。そこで回転方向に打撃力を与えて、ネジ締めの効率を高めたのがインパクトドライバドリルです。
コックリートヘの穴あけでは、回転とともに軸方向に打撃力を与えて進ませます。振動ドリルは、そのための機構を持つています。

こうしてみると回転方向と軸方向の両方に打撃を切り替えできれば、万能ドリルになりそうなものです。ところが両者はまったく違う機構なので、兼ね備えた機種はありません。

また、振動ドリルの回転を止めて軸方向の打撃だけを使うと、コンクリート特有のハツリ作業ができます。これは表面を砕いて欠き取る作業です。電動ドリルは機種によってこれだけの機能があるので、目的にあったものを使うことが大切です。

穴あけ精度

狙い通りの穴をきれいにあけたい。つまり「正確な穴」と言う時、どんな要求をしているのでしょうか。材料が木材でも鋼板でも、穴の種類は基本的には「貫通穴」と「止まり穴」の2種類です。貫通穴は径さえ合わせれば、あとはブスッとあけるだけで、あまり神経を使わないでしょう。

いっぽうの止まり穴は、深さを正確に合わせてあけなければなりません。場面によっては「突き出ない程度」という意識で、あけていることもあります。穴あけでは、この要求精度がどのくらいかという点を把握しておくことがポイントになります。
穴あけは、図のように位置、径、深さ、角度で規定されるものです。作業では、無意識のうちに「深さはズレてもいいが、位置は0.5mm以下の精度を保ちたい」というような要求をしています。これを意識的に行うとかなり精度があがります。

穴の精度

穴の精度

一方、例えば50mmピッチの正確な穴があいても、その配列全体がズレてしまっては組み立てが歪みます。このような時には、基準面を設定することで正確な加工ができます。これは寸法を取る時に、いつもそこを零として起点にする面です。
短いメジャーを継ぎ足しながら測ると、寸法が狂うことをよく経験しますが、その誤差を防ぐ考え方です。材料を固定する時も、文字通り、基準となります。
穴あけは、組み立ての前段階の加工であることが多く、精度を求めたくなります。どうもうまくいかないという時は、このような基準面と精度の優先順で規定してみると、原因も整理できて点検や工夫がしやすくなるでしょう。

ドリル用キリ&アクセサリー

ドリル系電動工具が1台あると穴あけができるのはもちろん、各種アクセサリーを利用することでさまざまな用途に使うことができるようになる。

電気ドリルなら問題が起こることはほとんどないが、その他のドリル系電動工具で穴あけをしたり各種アクセサリーを使用する際には注意すべき点がある。また、不可能ではないが、インパクトドライバーで鉄などの硬い材料に穴をあけようとすると、キリの先端が傷むことがあるので、あまりオススメできない。

ドリル系電動ドリル アクセサリー1

ドリル系電動工具  アクセサリー

電動ドリル アクセサリー1ドライバードリルの場合は、トルクに制限をかけないドリルモードにする必要がある

電動ドリル アクセサリー2インパクトドライバーで軸が丸いアクセサリーを使う場合にはチャックを変換するアダプターが必要

電動ドリル アクセサリー3振動ドリルの場合は、コンクリートなどへの穴あけ以外では、必ず振動のないドリルモードにすること。写真はドリルモードの状態

電動ドリル アクセサリー4キリなどの軸には円形のものと六角のものがある。どちらでも同じように使える。六角で専用のくぼみのあるものなら、そのままインパクトドライバーで使える

スポンサーリンク

ホールソー 電気ドリル 大きな穴を開ける

パイプを通したりするために大きめの穴が必要になることがある。木エキリでも40㎜弱まであるが、価格が高いし電気ドリルなどの能力の限界を超えることも多い。持つているのならジグソーを使つてもいいが、この程度の大きさだときれいな仕上がりは難しい。

そこで利用したいのがホールソーだ。円筒状のノコギリで、中心にキリが備えられている。これを電気ドリルなどで回転させて使用する。それぞれのサイズ専用のホールソーのほうが信頼性が高く作業しやすいが、それなりの価格だ。ひんぱんに大きな穴あけを行わないのなら、組み立て式のセットでも十分。これなら1000円以下で入手可能です。

ホールソー1

ホールソーにはさまざまなサイズに対応できる組み立て式のものと特定のサイズ専用のものがある

ホールソー 組立式

ビスが小さいので組み立て作業は面倒だが、サイズ専用のものより安価に、各種サイズに対応したホールソーを入手できる

電気ドリル ホールソー 使い方

ホールソー 使い方1ホールソー中央のキリをマークに合わせる。木エキリ以上に先端が見にくいので注意

ホールソー 使い方2位置がずれないようにゆっくり回転させてキリの先端で穴をあけていく

ホールソー 使い方3ノコギリの部分が当たり始める時はガタつきやすいので、しっかりドリル本体を支える

ホールソー 使い方4

ノコギリ部分の側面が強くこすれると過熱してしまうので垂直状態をしっかり維持する

ホールソー 使い方5裏側まで貫通させればOK。裏面の穴の周囲のバリを防ぎたければ捨て板を使えばいい

ホールソー 使い方6ホールソーならきれいな正円をあけることができる。作業スピードも速い

電気ドリル 座ぐりドリル

一般的な木エキリで一定の深さの穴を作つた場合、底の部分はあまりきれいとはいえない。穴の用途によっては問題ないこともあるが、ボルトの頭を埋め込むような場合、ボルトやワッシャーが底に密着しないので締めつけ力が弱くなる。底が平坦な穴を作りたい時は、座ぐりドリルを使う。

座ぐりドリル 使い方1座ぐりドリルは中心部分は通常の木エキリと同じように突出しているが、周囲の構造が違つている

座ぐりドリル 使い方2通常の木エキリを使つた右側に比べると左側の座ぐりドリルの穴は中心部分の小さな凹み以外は底が平坦

座ぐりドリル 使い方3座ぐりドリルを使えばきれいな仕上がりでボルトの頭やナットを収められる

ドリルスタンド

ドリル系電動工具をセットすることで、ドリルの使い勝手を向上させてくれるのがドリルスタンドです、ボール盤のように安定してドリルを上下できるようになるだけのシンプルなものから、傾斜した穴をあけやすくしたり、穴の深さを制限できるものまでバリェーションはさまざま。特定の製品しか装着できないスタンドもあるので購入時には注意が必要です。

電気ドリルスタンド1

ドリルスタンドヘの電気ドリルとキリの装着方法

ドリルスタンド 装着方法1チャックアダプターの回転軸を電気ドリルのチャックに固定する。キリの装着方法と同じ

ドリルスタンド 装着方法2穴あけに使用するキリをアダプターに備えられたチャックにセットする。チャックキーを使用

ドリルスタンド 傾斜した穴あけの方法

傾斜した穴あけ ドリルスタンド傾斜した穴をあける際には台座が滑りやすい。固定用ピンを使わない場合はしっかり支える

傾斜した穴あけ ドリルスタンド2

基本的には通常の穴あけ方法と同じだが、太いキリの場合は最初が入りにくいので慎重に

ドリルホルダー&フレキシブルシャフト

電気ドリルを固定して穴あけ以外の作業に活用

ドリル系電動工具で研削や研磨を行うことは可能だが、作業内容によっては工具を動かすより材料の側を動かすほうがやりやすいこともある。また、細かい作業だと電動工具が動かしにくい。こうした状況で役立つのがドリルホルダーフレキシブルシャフトだ。 ドリル系電動工具をドリルホルダーに装着して作業台に固定すれば、卓上グラインダーのように使うことができる。さらに、フレキシブルシャフトで回転軸を延長すれば、ハンドグラインダーのような作業も可能です。

電気ドリル ドリルホルダー 使い方

電気ドリル ドリルホルダー 使い方ドリルホルダーにシャチホコのように電気ドリルを逆さまに固定する

電気ドリル ドリルホルダー 使い方2作業中にホルダーが動かないように台に固定。常用するならビスで固定

電気ドリル ドリルホルダー 使い方3砥石やワイヤーブラシ、マルチディスクなどをドリルに装着すれば研磨ができる

電気ドリル フレキシブルシャフト

電気ドリル フレキシブルシャフトドリルホルダーに固定した電気ドリルのチャックにフレキシブルシャフトを接続


電気ドリル フレキシブルシャフト2フレキシブルシャフトの先チャックに砥石などのアクセサリーを接続

電気ドリル フレキシブルシャフト3フレキシブルシャフトを自在に動かして自由に研磨を行うことができる。

電気ドリルを使った研削、研磨方法

回転することで研削や研磨を行う先端工具は数多い。軸つき砥石やワイヤーブラシ、スポンジのほかマルチディスクなどもある。マルチディスクは多羽根ディスクともいい、回転軸に多数の紙ヤスリ状のものが配してある。また、紙ヤスリやウールボンネットを装着するための回転軸を備えたラバーパッドもある。

硬いものから柔らかいものまでバリエーションは非常に多彩だ。これらをドリル系電動工具のチャックに装着すると、面取りや形の修正、サビ落としや塗装の下地処理、磨き上げなどさまざまな作業が行える。

マルチディスクマルチディスクを使えば木材の表面を簡単に粗仕上げできる

電気ドリル 砥石砥石を使えば金属や木材のバリ取りなどが行える

電気ドリル ラバーパット ウールラバーパッドにウールボンネット、スポンジバフをかぶせ仕上げレベルの研磨が行なう。

便利な電動工具 アクセサリー

マグネットキャッチ

ハンドツールのドライバー同様、マグネットキャッチを使うとコーススレッドなどを片手で抑える手間を省くことができる。

マグネットキャッチャー

おすすめ マグネットキャッチ

透明ガイド付きビット

長めのコーススレッドを締め込むことは、上級者でも慎重さを求められる作業だが、この透明ガイド付きビットを使えば、コーススレッドの倒れ込みを防止できる。

透明ガイド付きビット1

ドリルガイド

真っすぐな穴開け加工を補助するドリルガイドのセット。平面だけでなく、直角の角、そして曲面にも対応している便利な商品だ。

ドリルガイド

丁番キリ

丁番キリは板にあてがうと、中から細いキリが出てきて、穴を開けるしくみ。穴の中心に正確に穴が開けられる、丸棒の中心に、真っすぐな穴を開けることはフリーハンドではかなり難しいが、このガイドを使えば簡単な作業。

丁番きり
参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電動工具 徹底利用術 著者:荒井 章

スポンサーリンク
Google+
facebook Like Box
  • このエントリーをはてなブックマークに追加