振動ドリルの正しい使い方、選び方、手入れ【図解】

スポンサーリンク
振動ドリルとは?

振動ドリルとは

電動ドリルに打撃力をプラス。「振動ドリル」なら、コンクリートにラクラク穴あけができます。壁や塀にフックや重いものを取り付けたい時に便利です。そして普段は電気ドリルとして使います。幅広く修理をする方にはお勧めです。

振動ドリルは、コンクリートなどへの穴あけが可能な工具です。コンクリートや石材、ブロック、レンガなどは欠けやすく壊れ易いので、回転のみの通常の電動ドリルでは目詰まりしてしまって穴あけができません。しかし、電動ドリルに垂直方向の振動機能を加えることで、目詰まりを防ぎ穴あけを可能にした工具が振動ドリルになります。振動ドリルは、比較的小口径の穴あけやハンマードリルより繊細な穴あけ、モルタル・レンガの穴あけ作業に最適です。

振動ドリルとは?

振動ドリルとは?

関連記事電動ドリルの正しい使い方、選び方、手入れ【図解】

振動ドリル 操作説明

振動ドリルとハンマドリルとの違い

振動ドリルとよく比較されるのがハンマードリル。こちらは強い打撃力を持つたハツリ作業のための電動ドリルです。機能の切替スイッチを見ると「回転十打撃」「回転のみ」「打撃のみ」の3段階です。最後の「打撃のみ」を使えば、ブロック塀にポストを取り付けるどころか、埋め込むことさえできてしまいます。

ハンマードリルのチャックは3ツ爪ではなく、差し込み式になっています。丸軸のビットは使えないので、専用の規格に合ったビットが必要です。好きな作業というのは意外なところまで発展することがあります。将来ハンマードリルをと考えている方は「SDSプラス」規格のビットを選べば、振動ドリルと共用できます。なお大型ハンマードリルには太い六角軸の規格もあります。

関連記事:ハンマードリルの選び方、使い方

ハンマードリルと振動ドリル

ハンマードリルと振動ドリル

振動ドリルとインパクトドライバーの違い

振動ドリルはコンクリートの穴開け加工する時に使用しますがインパクトドライバーは

木材にネジを締めこむ時に使用する電動工具です。

振動ドリルとインパクトドライバーの違い

振動ドリルとインパクトドライバーの違い

関連記事インパクトドライバーの選び方、使い方

振動ドリルの機能

「振動ドリル」は軸方向に打撃力を与えて、コンクリートを砕きながら穴あけをするものです。振動していてもしっかり保持できる補助ハンドルと、深さ調節のストッパーが付いています。目印としては「回転十打撃」と「回転のみ」の切替スイッチが付いていることです。ハンマーのマークでそれとわかります。

チヤックは3ツ爪で丸軸や六角軸など電気ドリルと同じビットが使えます。
穴あけ能力はコンクリートで径10mmくらいが普通。穴径20~100mmの重作業は「ハンマーマドリル」の分野になり、チャックの形式が変わるのでビットの互換性はありません。そのため、チャック形状も気を付ける必要があります。

振動ドリルの用途

コンクリート壁に棚や鏡を付ける時、ブロック塀にポストや車庫の扉を付ける時など、ネジでは効きません。しっかり取り付けるにはプラグを打つ必要があります。このプラグ穴をきれいに手早くあけるのが振動ドリルです。実際、穴の周囲はくずれず、切り抜いたようなきれいな穴に仕上がります。穴あけできる材質としては、この他にレンガ、モルタル、発泡コンクリート板などがあります。

打撃を止めれば、電気ドリルとして使えます。図の中に棚を吊る場面がありますが、この棚板に木ネジの下穴をあけることもできます。さらにネジ締めも一台で、という方にはトルククラッチ付きの「振動ドライバドリル」もあります。

振動ドリル 用途

また、 電動ドリルドライバーの安全対策、刃具交換時の注意、充電式とコード式、バッテリー(充電池)等については電動工具の共通内容として下記の記事にまとめております。

関連記事:ドリル系電動工具の選び方、使い方

振動ドリルの選び方

振動ドリルは、コンクリート用プラグ打ちが主なので、穴あけ能力は径10mmで間に合います。特別な重量物を固定する場合でも径20mmの能力があれば余裕です。鏡など、水平が気になるものは穴位置もシビアです。こうした用途には、回転数や打撃数が調整できるタイプを選ぶのがよいでしょう。

振動ドリルは、電気ドリルの機能がベースです。さらに加えてドライバ機能も欲しい方には多機能ドリル。充電式の製品もあります。こうして多機能型の1台を使うのも便利ですが、逆に機能を2台に分けるのも使いやすい方法です。例えば木工作がメインの方なら、プラグ打ちは頻繁ではないでしょう。振動ドリルはドリルスタンドに取り付けておいて、プラグ打ちの時に外して使ってはどうでしょうか。持ち歩きには、充電ドライバドリルも用意しておくという使い方です。

振動ドリルは振動を停止すれば電気ドリルとしても使えるので、コンクリートに穴をあける可能性があると思えるなら、電気ドリルではなく振動ドリルを購入すればいい。電気ドリルよりハイパワーなので木工や鉄工でもスピーディに穴あけできる。ただし、電気ドリルに比べると高価ではある。

振動ドリル ビット種類の選び方

対象物の材質(セメント・コンクリート・タイルなど)により振動ドリルの穿孔能力およびビット種類(刃先・シャンク形状刃先の形状)が異なりますので最適な振動ドリル、ビットを選んで下さい。

振動ドリルの長さは10mm前後の小さいサイズのコンクリート用ドリルビットがベターです、使用できる範囲が広いですがトルクも低くので20mmを超えるような大サイズのコンクリート用ドリルビットには適していません。

振動ドリル ビット

回転時に小さな振動を加えるて母材を切削

その時のポイントが下記の記載した振動ドリル 刃(ビット)です。

振動ドリル 刃(ビット)

電動工具は刃の部分と、機械の部分が分かれるようになっていまして、ドリル刃の軸を電動工具側に固定して、ドリル刃(ビット)を回転させて穴を開けていきます。

そして、そのドリル刃の軸のことを「シャンク」といいまして、そのシャンクのタイプと電動工具側のタイプが一致していないと、ドリル刃をきちんと固定ができないので、穴を開けることができません。

ですので、お持ちの振動ドリルがどのタイプのシャンクのドリル刃(ビット)で使用できるか、確認してドリル刃(ビット)を購入してください、振動ドリルはストレートシャンクです。

ストレートシャンク

ストレートシャンクは主に振動ドリルで使用されています。形状は断面が丸い棒になっていて、先端から軸まで同じ径です。
機械側の固定部分はチャック式という方式で、丸棒を3方向から締め付けるような構造になっています。

ストレートシャンク 振動ドリル

ストレートシャンク 振動ドリル

振動ドリル レンタルショップ 比較

振動ドリル等の電動工具は家庭で使用の場合、使用頻度が少ないが高価であるので「工具をレンタルする」という選び方もあります。

「工具レンタル」は主にホームセンターで行われている電動工具などのレンタルサービスです。価格もお安くDIYをする方には便利なサービスです。

振動ドリル レンタル工具 コメリ

料金は、各レンタル工具取扱店で異なるがおおよそ1~2泊で200~500円程度の格安料金で電動工具を貸し出ししています。

受付の際は、本人のコメリカードと自動車運転免許証が必要です。

振動ドリル コメリ レンタル工具

振動ドリル コメリ レンタル工具

関連サイト:コメリ レンタル工具

振動ドリル レンタル工具 カインズホーム

・持ち込んだ材料を加工する為に作業するスペースを貸し出すサービスです。

工房内で使用する工具の貸出は基本無料です。(先端パーツはお客様にて準備いただきます)

・無料貸出しの工具もありますので手ぶらで来ても作業ができます。

利用条件
・カインズカード(アプリ)登録者
・材料持込み

振動ドリル カイインズ 工具レンタル

振動ドリル カイインズ 工具レンタル

関連サイト:カインズ工房

振動ドリル レンタル工具 コーナン

コーナンのお店のサービスカウンターに申し込んで振動ドリル等のレンタル工具を借りる。

工具単体のお持ち帰りレンタルは有料だが「DIYラボ」設置店舗をはじめ、店内の工房に設置してある電動工具は営業時間内であれば無料で利用できます。

インパクトドライバー レンタル工具 コーナン

インパクトドライバー レンタル工具 コーナン

関連サイト:コーナン レンタル工具

振動ドリル 中古品

最近の振動ドリルは信頼性に優れているので1~2年落ちの中古品でもまだまだ使用できる、但し 海外製は信頼性が落ちるが日本製は大丈夫

楽天、ヤフオク、メルカリでも激安な日本製 振動ドリルが販売されている。

下記リンクは楽天が販売している激安 中古品。
楽天 激安 振動ドリル 中古
楽天 振動ドリル 中古

振動ドリル おすすめ ネット通販サイト 価格比較

アマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋の振動ドリル 人気ランキングです。

2018年 アマゾン ランキング  おすすめ 振動ドリル

アマゾンのおすすめ 振動ドリル ランキングです。一時間毎に更新されます。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Vibration drill1

アマゾン 振動ドリル 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

2018年 Yahoo!ショッピング  ランキング 振動ドリル

現在のYahoo!ショッピングの売れ筋 振動ドリルランキングが下記とおり。

最新ランキングが知りたい方は下記の画像をクリックしてください。


振動ドリル 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

2018年 おすすめ 楽天ショップ ランキング 振動ドリル

現在の楽天ショップの売れ筋 振動ドリルランキングが下記とおり。

最新ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。
楽天 振動ドリル ランキング

Vibration drill3

楽天 電動ドリル、電気ドリル 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

 2018年 振動ドリル の定番|メーカー 価格比較

HiKOKI(旧日立工機) 振動ドリル FDV18V

Amazon’s Choice商品、ソフトタッチのエラストマを広範囲に採用し、滑りにくく、手にフィットするソフトグリップ採用!

スポンサーリンク

アマゾン 楽天
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】HiKOKI(旧日立工機) 振動ドリル FDV18V
価格:12327円(税込、送料無料) (2018/10/23時点)

 SHINKO(新興製作所) 変速振動ドリル SVV-130

最大穴あけ能力:鉄工10mm、木工25mm、コンクリート10mm
電源:単相100V
周波数:50/60Hz
消費電力:480W
電流:5A
無負荷回転数:50hz・800~2200min-1、60hz・300~2100min-1
チャック:1.5~13mm

アマゾン 楽天

リョービ(RYOBI) 振動ドリル PD-1301VR 645912A

Amazon’s Choice商品

サイズ:長さ278×幅「66×高さ212mm
本体重量:1.6kg
電源:単相100V
穴あけ能力:コンクリート/13mm、鉄工/13mm、木工/18mm
チャック能力:1.5~13mm
回転数:0~2600min-1
打撃数:0~46800min-1

アマゾン 楽天

振動ドリル PD-1301VR 645912A リョービ(RYOBI)
価格:8996円(税込、送料無料)

マキタ 振動ドリル コンクリ M816K

Amazon’s Choice商品

機寸法:長さ296mm×幅75mm×高さ204mm
質量:1.9kg
電圧:単相交流100V
電流:7.4A
周波数:50-60Hz
消費電力:701W
回転数:0~3,200min -1 (回転/分)
打撃数:0~48,000min -1 (回/分)

アマゾン 楽天
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ 震動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm M816K
価格:11447円(税込、送料別) (2018/10/23時点)

振動ドリルの使い方

振動ドリル 持ち方

打撃機能を使ってコンクリートに穴あけする場合、ポンチングはしないので、ビット先が振動で動き出します。力で押し付けることよりも、保持する姿勢を固めることが大切です。とくにタテ壁にあける時は、穴があき始まるまで、振動ドリルをしっかり支えてズレを防ぎます。補助ハンドルをタテに向けたほうが、振動ドリル自身の重さを受け止めやすく、姿勢が決めやすくなります。回転数や打撃数を調節できるものは小さくして壁に当て、浅い穴が見えて来たら適当な速さにします。上体はそのままの姿勢で、ビットの垂直を保って腰で押し付けます。

床などの水平面に穴をあける時はあまり体重をかけず、振動ドリルの重さだけを利用して軽くあけます。ひたすら位置と垂直だけに注意します。

なお、振動ドリルは割つたり、欠き取ったりというハツリ作業には向いていません。すり鉢のように、こじって広げる使い方はビットを折るもとです。

振動ドリル-持ち方

振動ドリル-持ち方

振動ドリル コンクリート用プラグ

力ールボルトプラグを例に、壁に打ち込む作業をしてみましょう。これは付属のネジがコーンを引き、穴の中で広がって固定される、代表的なプラグです。

まず壁にペンで位置を印します。振動ドリルには、コンクリート用ドリルビットを取り付けます。穴径はプラグのパッケージに指定があります。そしてプラグの長さより3mmほど深めにストッパーを固定します。ストッパーがないものは、ビットに目印のテープを巻きましょう。切替スイッチは「回転十打撃」です。

姿勢を決めてから、メインスイッチを入れてビットを壁に押し当て、ストッパ-が当たるまで進みます。押し付ける力加減や回転速度は、試しながらよく切れる状態を探すとしか言えません。モルタルは軽くあき、砂利の多いコンクリートはやや力が必要です。穴があいたらプラグを差し、ネジを締めて固定します。フックなどの金物は、ネジに金具をはめてから共締めです。複数穴の金具は、プラグを固定した後でいったんネジを抜き、金具に通して締め直します。

振動ドリル-プラグ穴

振動ドリル-プラグ穴

振動ドリル 使い方 手順

ビットを付ける

振動ドリルの三つ爪チャックで振動ドリルのビット(ストレートシャンク)を挟んでビットを取り付ける。

振動ドリル ビット 取り付け

振動ドリル 三つ爪チャック

位置決め

ボンチの穴で位置決めすることが難しいので、最初から強力な力でキリを押しつける

振動ドリル 位置決め

姿勢保持

振動は強力なので、以降も姿勢を固めて、両手でドリルを保持して作業を続けること

振動ドリル-姿勢決め

アンカーを挿入

穴だけではビスは固定できない。コンクリート用のアンカーを挿入してからビスを使う

振動ドリル-アンカー挿入

動画 おすすめの振動ドリルの使い方

振動ドリル 安全対策

振動ドリルの使用による怪我、事故に留意して作業をしてください。

特に布製手袋(軍手)をしたままで作業をして巻き込まれるケースが非常に多いです。

振動ドリル等の回転する工具の場合は必ず、手が巻き込まれないよう手袋を外すかゴム製手袋をしてください。

アマゾン 振動ドリル アクセサリー

アマゾンで売れ筋のおすすめの振動ドリルのアクセサリーです。

最新情報は下記の画像をクリックしてください。

アマゾン 振動ドリル  アクセサリー

アマゾン 振動ドリル  アクセサリー

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電動工具 徹底利用術 著者:荒井 章

スポンサーリンク

スポンサーリンク
おすすめ工具通販店⇒測定器・工具【イーデンキ】
スポンサーリンク
スポンサーリンク