スポンサーリンク

ランダムオービタルサンダーの使い方、選び方【図解】

スポンサーリンク
ランダムオービタルサンダー 女性

ランダムオービタルサンダーの使い方、選び方【図解】

初心者、女性向けのランダムオービタルサンダーの入門ガイドとして下記のポイントをメインに解説しています。

・ランダムオービタルサンダーの使い方、回転数

・おすすめランダムオービタルサンダーの人気ランキング

・ランダムオービタルサンダー マジックテープ式サンドペーパー交換

マキタ ボッシュのランダムオービタルサンダー

・ランダムオービタルサンダーの中古品

・ランダムオービタルサンダーのおすすめネット通販商品

・ランダムオービタルサンダーのメンテナンス、修理方法

併せてランダムオービタルサンダーのアクセサリーとしてのサンディングディスクの種類、選び方も図解入れで掲載しました、DIY工作での研磨作業のご参考になれば幸いです。(^_^;)

動画  ランダムオービタルサンダーの使い方

DIY女子 あずみさんが紹介するランダムオービタルサンダーの動画。

ランダムオービタルサンダー #RZ50 #BLACK&DECKERを使い方を紹介しています、DIY女子 必見!

おすすめ ブラックアンドデッカーランダムオービットサンダー BDERO100

価格: ¥ 5,990 通常配送無料

本体サイズ:幅28.2×奥行12.2×高さ15.6cm
本体重量1.3kg
消費電力:200W
回転数:12000回転/分
ベースプレート寸法:直径122mm
サンドペーパー寸法:直径125mm

ランダムオービタルサンダーとは

カップを伏せたような形の本体にハンドルが付いたランダムサンダーカップの中のパッドは図のような動きです。全体としては回転しながら、細かい偏心運動をしています。このためオービタルサンダーに比べて、研磨材の移動量は大きくなります。これが速く研げるしくみです。

英語:Random Orbital sander  Orbital の意味 だ円運動(オービタル)

そしてパッド面には「集じん穴」が設けてあり、研ぎクズを吸い出して目詰まりを防いでいます。
これらの結果、ペーパー面を材料に密着させる研ぎ方にもかかわらず、研磨効率が高い機構です。やはり平面を研ぐには、密着方式が確実な方法でしょう。丸いパッドなので狭いところは苦手。広い平面を一気に研ぐのに向いています。

ハンドツールであるヤスリ(鑢)の電動式タイプである。

関連記事:ヤスリ(鑢)の正しい使い方、選び方、手入れ【図解】

ランダムオービタルサンダー 名称

ランダムオービタルサンダーの用途

ランダムサンダーは、平面に「研ぎ落す」のが特技と考えてよいでしょう。壁や作品にできた段差もすぐに平らにできます。また深くまで研げるので、サビ落しも念入りなものになります。

かなりの不整面から平面を研ぎ出せます。実際、カンナがけの代わりにランダムサンダーという人もいます。こうなると正確さよりも、安全手軽な手段です。工程としては荒研ぎから仕上げ研ぎまで。

オービタルサンダーがテーブルなどのていねいな仕上げに適しているのに対して、ランダムサンダーは床面、屋外のベンチ、デッキなどで、普通の仕上げ度合いです。ペーパーをバフに替えれば、ワックスでのツヤ出しまで用途が広がります。

ランダムオービタルサンダー 用途

ランダムオービタルサンダーの機能、特徴

ランダムオービットサンダーは偏心円運動がオービタルサンダーより大き<、回転による遠心力もあるため、研磨クズ排出能力が高い。吸じん機能も加わるため、目の粗いサンドペーパーを使つた粗とぎも可能で、研磨というより研削に近い作業もこなせる。金属のサビ落としや塗装前の下地処理も可能だ。
もちろん、目の細かいサンドペーパーを使えば仕上げを行うこともできる。金属や塗装面の磨きを行う布やスポンジのパッド、ウールボンネットといったものの装着も可能だ。

パッドの直径が150mmの製品もあるが、125mm径が一般的。扱いやすいサイズだ。本体の形状は回転軸の真上を片手で持つタイプが多いが、一部に回転軸の前後(または左右)を両手で持つタイプがある。両手で持つタイプのほうが回転運動が強く、粗い研磨をスピーディに行える傾向がある。

使用方法は基本的にオービタルサンダーと同じ。作動させてから、材料に対して水平にサンドペーパーを当て、1ヵ所にとどまらずに動かしながら作業すること。オービタルサンダーに比べると、同じ細かさのサンドペーパーでも素早く研磨することができる。

ランダムオービタルサンダーの機能1パッドとサンディングペーパーにはがあり、ここから研磨クズが排出されダストパックに集められる
ランダムオービタルサンダーの機能2両手で扱う大型の製品もあるがランダムオービットサンダーは片手操作が基本、軽い力で押しつける

ランダムサンダーとオービタルサンダーとの違い

オービタルサンダーは偏心運動のみであり、偏心運動によって発生した振動を利用して材料を研摩します。

一方、ランダムサンダーはオービタルサンダーと同じ偏心運動だけでなく、回転運動も加わります。

よって研磨力はランダムサンダーの方が強いですが仕上げ重視ならオービタルサンダーです。

ランダムサンダーとオービタルサンダーとの違い

ランダムサンダーとオービタルサンダーとの違い

関連記事:オービタルサンダーの使い方、選び方【図解】

ランダムサンダー サンディングディスクの選び方

専用ペーパーをサンディングディスクと言いますが、この裏側はほとんどの機種がマジック式になっています。ナイロンのザラザラ面を合わせて取り付ける夕イプです。貼り替えがラクで、くり返し着脱ができます。逆に、手研ぎ用のサンドペーパーを切り抜いても代用にはなりません。ラクな着脱で、40番から400番までを、何度も貼り替えて使うことが、早くてきれいな研磨のコツでもあります。

番手の種類を取り揃えておけば作業はスムーズです。
このディスクは専用ペーパー以外にも種類があります。「バフ」はコンパウンド(練り状の研磨材)を付けて、きめ細かく磨くことができます。塗装面のツヤ出しには「スポンジ」でワックス磨きをしたり、ふさふさした「ボンネット」で最後の仕上げもできます。

これら、磨き用のディスクには集じん穴はありません。このくらい揃えていれば、用途が広がってランダムサンダーの出番もさらに多くなることでしょう。

ランダムオービタルサンダー サンディングデスクの種類

ランダムオービタルサンダーの選び方

ランダムサンダーはどの機種も仕様に大差はありません。例えば、ダストバッグ付きの集じん機構や無段変速などは便利なものですが、どの機種にもたいがい付いています。さらによく見ていくと、消費電力に違いが見られます。荒研ぎが多く、強く押し付けて使う方はワット数の高いものを選ぶとよいでしょう。もっともその分重くなる傾向はあります。

重要なのはパッド径です。標準的な径125mmと大きめの150mm、そして小さめの115mmがありますが、これは研ぎ面積や能率で考えることになります。とくにこだわらなければ、径125mmのほうが替えディスクが手に入りやすいようです。店や地域によっても違うでしょうから、どのサイズのディスクが常時置いてあるか確かめておくとよいでしょう。

ランダムオービタルサンダーの選び方 ポイント① 集じん機能

研磨で生じる粉は、身体に害を及ぼします、吸塵、集塵機能が付いているものを選ぶのがベスト、おすすめなのは、モーターの力を利用して不要な木の粉を吸塵するタイプです。容器からそのまま木の粉を捨てることができます。

ただし、集塵機能が付いていても100%の粉を吸うことはできませんから、使用する際は必ず窓を開けて、通気を良くしてから作業を始めてください。また作業時には、マスクやゴーグルなどが必要です。

ランダムオービタルサンダーの選び方  集じん機能

 おすすめ ボッシュ 吸じんランダムアクションサンダー PEX260AE

Amazon’s Choice商品です、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格。

消費電力:260W
回転数:2,000-12,000回転/分
ストローク数:4,000-24,000回転/分
オービットダイヤ:2mm
ペーパーサイズ:125mmφ
標準付属:キャリングケース、ペーパー取付けアダプター

ランダムオービタルサンダーの選び方 ポイント② ディスク交換

サンディングディスクは使っているうちに破損する消耗品。ランダムオービタルサンダーなら、ほとんど市販のサンディングディスクを使用することができます。

ランダムオービタルサンダーにサンディングディスクを取り付ける方法は、マジックテープ式〕がほとんどです。

〔マジックテープ式〕は、ラバーパッドにマジックテープがついているタイプです、一般的なサンドペーパーより価格が高いですがワンタッチで着脱できるので便利ですので作業効率がアップします。

おすすめ リョービサンダポリシャ RSE-1250

アマゾンでポリッシャー部門でベストセラー1位の商品です。(2019年5月 現在)

ペーパー径:(外径)125mm(マジック貼付タイプ・穴あき)
無負荷回転数:6,000~12,000min-1

回転運動+偏心運動で研削ムラの発生しにくい、ランダムオービットサンダ

ランダムオービタルサンダーの選び方 ポイント③ 静音、騒音

ランダムオービタルサンダーは、大きな音が発生する工具です。そのためできるだけ音の小さなものか、回転数を調整できるものを選ぶのがベストです。

スピード調整ダイヤルがあるものは回転スピードを調整できるため、比較的静かに作業を進めることが可能であり、騒音防止ができます。

電動工具 騒音

ランダムオービタルサンダーの選び方  その他のポイント

ランダムオービタルサンダーを選ぶその他のポイントとして下記があります。

①操作性

②価格

③品質、信頼性(寿命)

④評判、口コミ

⑤メンテナンス、アフターサービス

「用途 家庭用かプロ用か」および「パワー」

特に評判、口コミはアマゾンのカスタマーレビュー、楽天の商品レビューが参考になります。

口コミ、評判、評価

口コミ、評判、評価

ランダムオービタルサンダー 中古品 買い取りショップ 比較

最近のランダムオービタルサンダーは信頼性に優れているので1~2年落ちの中古品でもまだまだ使用できる、但し 海外製は信頼性が落ちるが日本製は大丈夫

楽天、ヤフオク、メルカリでも激安な日本製ランダムオービタルサンダーが販売されている。

ランダムオービタルサンダーの中古品はヤフークション、工具を高額で買い取ってくれる工具男子 等の業者で販売しています。

ポイントはメールでの取引している業者を選び、他業者と比較して価格、中古程度、保証期間等を確認する事です。

決して安物買いの、銭失いをしないこと。

ジモティー ランダムオービタルサンダー 中古

最近、TVのCMも放映している中古あげます・譲りますのネットのフリマ、ジモティー、やはり地元で中古を買えるのは便利。

ジモティーでは、ランダムオービタルサンダーをはじめ様々な商品で無料や激安格安販売の情報を多数掲載しており、最安値のお得な商品を見つけることができます。単品だけでなくセット用品の情報も充実しており、また中古品やリサイクル用品だけでなく、未使用新品アイテムも安くお求めいただけます。ジモティー ランダムオービタルサンダー 中古

ヤフオク! ランダムオービタルサンダー 中古

ヤフオク!は、お店にないものも見つかる、買える 日本最大級のネットオークション・フリマアプリです。

ヤフオク! ランダムオービタルサンダー 中古

メルカリ 中古品 ランダムオービタルサンダー

メルカリは、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。

メルカリ 中古品 ランダムオービタルサンダー

楽天 中古市場 ミニサンダー

楽天市場では格安、激安の中古品 ミニサンダーを販売しています。

下記リンクは楽天が販売している激安 中古品、クリックすると最新版がわかります。

楽天 中古市場 ミニサンダー

中古工具の高価買取 工具男子 ランダムオービタルサンダー

オービタルサンダーは現場のプロが使う工具。中古品でも探している方は多く、電動工具のなかでも高価買取が期待できるアイテムです。工具を買い取り、販売しています、格安 工具をあり。

電動工具・農機具・建機の高価買取なら工具男子 

オービタルサンダー 中古工具の高価買取 工具男子

オークファン  ランダムオービタルサンダー 中古

日本最大級のショッピング・オークション情報サイト、オークファン。
ヤフオク!、Amazon、eBay、フリル、楽天など国内外のサイトに幅広く対応し、
幅広い月額サービスで物販初心者から物販事業者までサポートしています。

現在の中古の価格相場も簡単に調べられます。(無料会員登録あり
プレミアム会員(月額980円)では過去10年分、300億件の落札相場検索や、
ヤフオク!で商品を自動で落札できる入札予約機能が本格的にご利用可能。

オークファン  ランダムオービタルサンダー 中古

ランダムオービタルサンダー ネット通販サイト

以前は電動工具を取り扱う販売店と言えば『金物屋』と『ホームセンター』の2つしかありませんでした。そのため『金物屋』がプロ向け、『ホームセンター』がライトユーザーと客層は明確に分かれていました。しかし、現在では工具販売の専門店『プロショップ』や『インターネット通販サイト』が台頭してきており、電動工具の販売勢力図は大きく変化しています。ランダムオービタルサンダーの販売でも現在、成長しているのが、インターネット工具通販です。

総合通販サイトの中では『Amazon』『楽天市場』『モノタロウ、工具専用通販サイトでは『Bildy』『ウエダ金物』『ホームメイキング』など様々な通販サイトがランダムオービタルサンダーを販売しています。

インターネット通販の利点は、価格の安さ、アクセサリを含む豊富な品揃え、そしてランキング、評価、商品レビュー〔口コミ)の存在です。特に商品レビューについては、実際に使用したユーザーからの具体的な使用感が得られるなど、カタログスペックだけではわかりにくいレシプロソーの情報が得られるのは大きなメリットとなっています。

その一方で、欠点となるのは納期と修理です。

納期に関しては、通販サイトであるため注文から配送まで早い場合は1日ですが在庫がない場合は1週間以上、かかります。ランダムオービタルサンダー がすぐに必要な場合においてはネックとなります。

また、ネット通販での工具故障時における修理については

①購入した通販サイトへ修理依頼

②近場の修理受付可能な電動工具販売店への修理依頼

などの方法で修理依頼とする形となります。通販サイトとして修理受付を明示しているのは『Bildy』『ウエダ金物』『モノタロウ』などです。

下記はアマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋のランダムオービタルサンダー 人気ランキングです。

アマゾン ランキング  おすすめ ランダムオービタルサンダー

アマゾンのおすすめ ランダムオービタルサンダー ランキングです。一時間毎に更新されます。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Electric sander1

アマゾン ランダムオービタルサンダー 売れ筋ランキング(現在2019年5月)

Yahoo!ショッピング   ランダムオービタルサンダー

現在のYahoo!ショッピングの売れ筋ランダムオービタルサンダーが下記とおり。最新を知りたい方は画像をクリックして下さい。

おすすめ 楽天ショップ  ランダムオービタルサンダー

現在の楽天ショップの売れ筋 ランダムオービタルサンダー は下記のとおり。

最新が知りたい方は画像をクリックしてください。

楽天 オービタルサンダー 売れ筋ランキング(現在2019年5月)

楽天 オービタルサンダー 売れ筋ランキング(現在2019年5月)

ランダムオービタルサンダー おすすめメーカー

日本国内ではリョービ、マキタ、日立 海外製ではボッシュがオービタルサンダーのおすすめ定番メーカーです。

マキタ 充電式ランダムオービットサンダ 18V BO180DZ

アマゾンで充電式ランダムオービットサンダ 部門でベストセラー1位の商品です。(2019年5月 現在)

バッド寸法:Φ123mm
ペーパー寸法:廃125mm
回転数:高速11,000、中速9,500、低速7,000回転/分
寸法:長さ175×幅123×高さ153mm
質量:1.6kg

ボッシュ  吸じんランダムアクションサンダー PEX260AE

Amazon’s Choice商品です、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格。

消費電力:260W
回転数:2,000-12,000回転/分
ストローク数:4,000-24,000回転/分
オービットダイヤ:2mm
ペーパーサイズ:125mmφ
標準付属:キャリングケース、ペーパー取付けアダプター

リョービ  ミニサンダ S-550M 75×105mm 636832A

パット寸法:75×105mm
ペーパー寸法:(クランプ式)75×140mm、(マジック式)75×107mm
回転数:12,000min-1
電源:単相100V
電流:1.8A
消費電力:170W
電源コード2.5m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ工具通販店⇒測定器・工具【イーデンキ】