電動ドリル、電気ドリルの使い方、選び方【図解】

スポンサーリンク
電動ドリル、電気ドリル 女性

電動ドリル、電気ドリルの使い方、選び方【図解】

初心者、女性向けの電動ドリル、電気ドリルの入門ガイドとして下記のポイントをメインに解説しています。

・電動ドリル、電気ドリルの使い方、選び方

・おすすめ電動ドリル、電気ドリルの人気ランキング

・電動ドリル、電気ドリルのメンテナンス、修理方法

・電動ドリル、電気ドリルの中古品

・電動ドリル、電気ドリルのおすすめネット通販商品

併せて電動ドリル、電気ドリルのアクセサリーとしてのドリルビットの種類、選び方も図解入れで掲載しました、ご参考になれば幸いです。(^_^;)

おすすめ  電動ドリル、電気ドリル紹介動画

DIY女子 あずみさんの解説する電動ドリル、インパクトドライバー、振動ドライバーの使い方、選び方。

電動ドリルとは、電気ドリルとは

電動ドリルの基本形は、コードか付いている「電気ドリル」です、通常、電動ドリルも電気ドリルも同じモノです。

電気ドリルは木材や金属などに穴をあける専用電動工具です、ドリルドライバー、インパクトドライバーが不向きな穴開け加工が得意です。

回転スピードが速い小型と大型のタイプがあり、トルクの強いパワフルなタイプは大穴を開ける作業に最適です。

鉄工ドリルで金属に穴加工する時にセンターポンチであらかじめ凹みをつけておき、切削油や石鹸水をドリルビットの先端につけておくと穴が簡単、開けやすくなります。

電動ドリル 構造

電動ドリル 構造

電気式で単機能のタイプが「電気ドリル」です。充電式などと比べるとコンパクトで穴あけ能力は強力になります。そして長時間作業も得意です。本体の形はピストルタイプが主流です。外形が小さくて軽く、そのわりに回転の反動が少ないタイプです。D型ハンドルタイプはやや大きく軸方向へ押しやすい形です。

機種によっては、2段または無段変速が付いたものがあり、これは「変速ドリル」と呼ばれます。ほかに。穴あけ後にドリルビットを抜きやすくする正逆転切り替え、ビット交換がラクなキーレスチヤックなどが付いたものもあります。

又、電動ドリルドライバーの商品名で販売されている工具は穴あけとネジ締めの両方の機能を備えた工具です。

関連記事:電動ドリルドライバーの正しい使い方、選び方、手入れ【図解】

 電気ドリル 名称

電動ドリル 名称

電動ドリル、電気ドリルの用途

電動ドリルはパワーがあり、木材や鋼板への穴あけはほとんどすべてができます。ホールソーを使えば、径に制限がありますが手軽に大きな穴が得られます。また連続して無数の穴あけもこなし、ドリルスタンドに取り付ければ、垂直穴を正確にあけられます。この時はロックボタンで連続回転にします。

変わったところでは、リベットや潰れたれたネジを取り外す最後の手としても使われます。さらに軸付砥石やバフといったさまざまなビットを利用して削る、磨くなどの加工もできます。

DIY工作では、穴あけとネジ締めの両方をスムーズに行える電動ドリルドライバーが良く使用されますが電動ドリルは硬い素材への穴あけや精度の高い穴あけを効率良く行いたいときに活躍してくれる穴開け加工専用の電動工具です。

又、軸つきの砥石やバフといった先端工具を利用すると、研磨や研削などの作業にも使えます。

電動ドリル 用途

電動ドリル 用途

電動ドリルとインパクトドライバーの違い

電動ドリルは木材等に穴を開ける工具、電動ドリルドライバーはビットを付け替えることで穴あけもできるドライバーです。下穴の穴あけから、ネジ締め、どちらもできます。

インパクトドライバーは、回転+打撃の二つを組み合わせてビットを回転させてネジを締めます。

一方、電動ドリルドライバーは回転力だけでビットを回転させます。

電動ドリルドライバーとインパクトドライバーの違いについては下記の記事を参考にしてください。

関連記事:ドライバードリルとインパクトドライバーの違い

電動ドリル、電気ドリルの機能

穴をあけるドリル作業に古くから使われている電動工具が電気ドリルだ。充電式のものはほとんどない。ドリル作業はドライバードリルでもできるが、コード式の電気ドリルならバッテリー切れの心配もなく、ハイパワーで長時間の作業を続けることができる。

また、同程度の能力もので比較すれば、電気ドリルはドライバードリルよりはるかに安価だというのも魅力だ。
バリェーションは幅広く、トリガーストッチとロックボタンだけというシンプルなものから、トリガースイッチの引き込み具合で無段変速できるもの、正逆回転が切り替えられるもの、高速と低速が切替えられるものなどもある。パワーも人小さまざまなものがある。
簡単にキリ(ドリル刃)を交換できるキーレスチャックの製品もあるが大半はキー式チャック専用工具であるチャックキーを使う必要があるが、キリをしっかりと固定できる。使用できるキリの径が最大で6mm、10mm、13mmのものがある。

キー式チャック 

キー式チャック

毎分1000回転以下の低速タイプや毎分4000回転の高速タイプもあるが、木工用は毎分1000~2000回転、鉄工用は毎分2000~3000回転が一般的。持つ部分はピストル型が多いが、ハイパワーな製品にはD型もある。穴の深さを制限するストッパーポールや本体を確実に保持できるサイドハンドルが装備された製品やオプション対応している製品もある。

D型ハンドル 電気ドリル

D型ハンドル 電気ドリル

本来はドリル作業に特化した電動工具だが、回転力を伝えることで研削や研磨に使えるアクセサリーも数多い。

電動ドリル、電気ドリルのドリルビットの選び方

電動ドリル、電気ドリルのドリルビットには、色々な種類か有り、穴を開ける材質、用途によって色々な商品が販売されています。また長さ、太さなどが異なる種類が販売されており、使用目的によってドリルビットを適切に選ばなければいけません。

電動ドリル、電気ドリルのドリルビットの選び方

ドリルビットを選び時のポイントである種類、100均、研磨方法(研磨機、シャープナー)、セット購入等については下記の記事を纏めましたので参考願います。

関連記事:ドリルビットの選び方 電動ドリル【図解】

電動ドリル、電気ドリルの選び方

電動ドリル、電気ドリルの選び方① 回転数

これから電動ドリルを選ぶ方は、回転数がポイント高速型=高性能ではありません。低速でないとあかない穴もあります。そして穴位置がズレて困るという方には、解決法もあります。

電気ドリルを選ぶにはいろんな目安があります。まず気になるのは大きさでしょう。これはチヤックの大きさで、6.5mm、10mm、13mmがあります。「最大穴あけ能力」の表示で、「木工用は30mmまで」というのは、ビットの根元(シャンク)の径が刃の部分より細いからです。どれだけ大きな穴をあける機会があるかを考えて、「最大穴あけ能力」の表示を目安にすればよいでしょう。
大切なのは高速型か低速型かというタイプです。実際の製品にはタイプ表示はなく、回転数が表示されています。それを表にしてみました。例えば10mmのドリルビットを高速で回すと、はね回って位置が定まりません。逆に低速で細いビットを使うとまったくはかどりません。

自分がよく使いそうなビットを当てはめて検討してみましょう。ちなみに多くの充電式ドリルは中速型なので、使い分けるのもよい方法です。とくに専門はなく、家庭用の一般的なものをということなら高速型が広い用途に使えます。または思い切って変速型という手もあります。

タイプ 回転数 使いやすい木工用ドリルビット 使いやすい鉄工用ドリルビット
極高速型 約4000回転/分  ——– 6mm以下・軸付砥石
高速型 約2800回転/分 3~6mm 6mm以下・連続作業
中速型 約1200回転/分 6~12mm 10~13mm
低速型 約600回転/分 15~36mm 13mm以上

木工が中心のDIYではドライバードリルが必需品になっている。木工ならドライバードリルで十分に穴あけも行えるので、わざわざ電気ドリルを所有する必要はない。しかし、安価な製品でも電気ドリルのほうが回転数が高くパワーも強いので、穴あけが簡単に行える。
研削や研磨のアクセサリーのほか、電気ドリルなどを固定することでボール盤(精度の高い穴あけ作業を行える卓上電動工具)や角ノミ盤(四角い穴をあけられる卓上電動工具)として利用できるドリルスタンドや角ノミスタンドといったアクセサリーもある。

穴あけはもちろん、各種のアクセサリーはドライバードリルでも使用できることが多い。しかし、電気ドリルであれば長時間の作業でもバッテリー切れを心配せず使うことができる。もちろんパワー的にも電気ドリルなら十分です。

ドリルスタンド2

ホルダーからドリルの脱着は可能だが手間はかかる。こうした用途が多いなら1台を専用機としてもいい

穴あけ作業を重視して電気ドリルを選ぶのであれば、無段変速で正逆回転できるものがいい。そのうえで、あけられる穴の大きさで製品を選択すればいい。また、スタンドでの使用を前提に考えるのなら、機能が省略された非常に安価なものを購入するという手もある。

電動ドリルには様々な回転数の機種がありますが、作業用途によって最適な回転数が変わってくるので注意が必要です。一般的に、回転数が高い機種(2,000min-1(回転/分)以上)は金属への穴あけに向いており、回転数が低い機種(2,000min-1(回転/分)以下)は木材への穴あけに向いています。

木工用・金属用といった名称が付いている電動ドリルは、それぞれの最適な回転数に合わせた設定になっており、後から変更できませんのでご注意ください。無段変速タイプや速度切り替え機能付きの電動ドリルは、設定範囲内で自在に回転数を調節できるので、様々な用途に使うことができます。

2,000min-1(回転/分)以下の回転数が主流のドライバードリルを木工用・大径ビット用にして、電動ドリルは高速型を選び金工用にする。といった使い分けもおすすめです。

回転数とは

回転数とは1分間に何回転するかを表します。

単位は回転数=rpm=min-1=回転/分です。

電気ドリルにはmin-1(回転/分)という単位で、回転する回数が記載されています。

回転スピードが〔0~3000min-1(回転/分)〕だと、無段変速機能がついているので、スイッチの引き具合によって回転スピードが変更可能です、最高スピードは無負荷の状態で1分間に最大3,000回転します。

回転スピードが〔1000min-1(回転/分)〕と記載されていた場合、0~がついていないので無段変速機能がついていないのでスイッチ引いた瞬間、最大回転数の1000min-1(回転/分)に達するのでスピード変更はできません。

実際の電気ドリルのカタログでの回転数の表示は下記のとおり。

電動ドリルの選び方① 回転数

電動ドリル、電気ドリルの選び方② コード式、充電式

電気ドリルの電源としてはAC電源を使用するコード式とバッテリーを使用する充電式があります。

充電式の電気ドリルは,充電しなければ使えない反面,撮所を選ばずに使えるため自由度の高さに特徴があります。価格は高価です。

コード式の電気ドリルは,充電が不要なだけでなくバッテリー切れの心配もなく使っている間にパワーが落ちることもありません。一方でコードが届く範囲でしか使ううことができません。価格は安いです。

電気ドリルの選び方② コード式、充電式

電気ドライバー 充電式 コード式

電動ドリル、電気ドリル③  最大穴あけ能力

最大穴あけ能力とは、錐で穴をあけられる穴径(穴の直径)をあらわしているので、切削ビットの種類や材料によっては、最大穴あけ能力より大きな穴をあけることも可能です。
負荷のかかる大きな穴をあけたい場合は、高い回転スピードは必要ありません。
回転数(min-1)が高いものではなく、パワーがあり最大穴あけ能力が高い機種を選びます。

例えば最大穴あけ能力 木工:25mmのタイプの場合ベニヤ板に25mmの穴あけは可能ですが
黒檀や紫檀のように極端に硬い木に20mmは開けることができません。

鉄工の最大穴あけ能力は軟鉄に対してに能力になりますのでステンレスや焼入れ材には無理があります。但し、専用の刃物を使えば不可能ではありません。

機種を選ぶときにはまず最大穴あけ能力が、自分の用途に十分かを確認し、同時に回転数と消費電力(W)を確認します、穴あけ能力が同じでも回転数が多いほど楽に作業ができますし、消費電力が大きいほど能力が高いです。

一般的に小さいモーターを搭載した小型モデルは、回転数が多い高速型で、小さい穴あけ作業に向いています。パワーの強い大きいモーターを搭載した中~大型モデルは、回転数が少ない低速型で、大きい穴あけを連続して行うような作業に向いています。

電気ドリル カタログ表示 最大穴あけ能力

電気ドリルとの製品仕様には、下図のようにドリル機能の性能がわかるように必ず最大穴あけ能力 「金工:36mm、木工:13mm」のように記載されています。

電気ドリル カタログ表示 最大穴あけ能力

電動ドリル、電気ドリル④  ドリルチャック取付能力

チャック能力はドリルの刃を挟む部分の最高径を示しております。
現在一般的なドリルチャックは5mm・6.5mm・10mm・13mmが一般的が電動ドリルのドリルチャックの場合には6.5mm・10mm・13mmの三種類があります。

金属用の鉄工錐を使用する場合には、基本的にドリルチャックの取付能力=装着できるドリル刃の最大径になりますので、使用したいドリル刃が取り付けられるかどうかを確認してください。ドリルチャックは、締め具合で開きを調節できるので、チャック能力以下のドリルビットはすべて装着が可能です。

ドリルチャック能力と錐サイズ上限
ドリルチャック能力 鉄工錐 木工錐
6.5mm 6.5mmまで 15mmまで
10mm 10mmまで 25mmまで
13mm 13mmまで 40mまで

鉄工錐で穴径10mm以上の穴をあける場合は、350W以上のサイドハンドル付きの大型がベストです。

電気ドリルのカタログに記載されているドリルチャック能力の表示事例は下記のとおりです。

電動ドリルの選び方④  ドリルチャック取付能力

電動ドリル、電気ドリルの選び方④ 電動ドリルセット

電動ドリルセットの方が割安です。

電動ドリルを選ぶ際の重要なポイントは工具本体ではなくバッテリーや充電器です、工具本体よりバッテリーや充電器の方が高価です。

例を挙げると2万円程度のセットを購入すると内訳は下記のとおり。

・工具本体:1万円×1台
・バッテリー:5千円×2台
・充電器:5千円×1台

工具本体よりも「バッテリーと充電器」の価格の方が高いので電動ドライバーなどの工具を初めて購入する場合、本体+バッテリー2個+充電器+専用ケースおよびその他の付属品(お掃除パット、フレキシブル、六角ソケット等)が一式揃ったセットで購入をおすすめします。

電動ドリル、電気ドリルの選び方⑤ 家庭用とプロ用

プロ用の電動工具は毎日、現場で使用される為に耐久性が求められるので高品質部品の組み合わせで構成されており、DIY用モデルに比べると、負荷がかかっても壊れにくく、連続で使用したりしても耐久性が高いので壊れにくくなっています。しかし価格は高価です。

一方、DIY用モデルの場合、長時間の使用頻度は考慮されておらず、低価格をメインとした設計になっています。よって日々、作業を毎日長時間する用途で使用すると、DIY用モデルでは耐久性が低いので直ぐに故障しやすいです。プロ用のモデルに比べると性能や耐久性以外に機能・精度も劣るので、精度を高めたい場合はプロ用モデルのほうがお勧めです。しかし、家庭用で使用する頻度で十分な性能がある低価格な商品も発売されています。

家庭用DIY おすすめ 初心者 安い 電動ドリル

Amazon’s Choice商品です、ZENKE 電動ドライバーセット。

お手頃な初心者、女性向け電動ドリルです。価格も2780円と安いです。

電動ドリル、電気ドリルの選び方  その他のポイント

電動ドリルを選ぶその他のポイントとして下記があります。

①操作性

②価格

③品質、信頼性(寿命)

④評判、口コミ

⑤メンテナンス、アフターサービス

バッテリー(14.4V、18V)」「静音性」および「パワー」

特に評判、口コミはアマゾンのカスタマーレビュー、楽天の商品レビューが参考になります。

口コミ、評判、評価

口コミ、評判、評価

電動ドリル、電気ドリル 中古品 買い取りショップ

最近の電動ドリルは信頼性に優れているので1~2年落ちの中古品でもまだまだ使用できる、但し 海外製は信頼性が落ちるが日本製は大丈夫

楽天、ヤフオク、メルカリでも激安な日本製電動ドリルが販売されている。

電動ドリルの中古品はヤフークション、工具を高額で買い取ってくれる工具男子 等の業者で販売しています。

ポイントはメールでの取引している業者を選び、他業者と比較して価格、中古程度、保証期間等を確認する事です。

決して安物買いの、銭失いをしないこと。

ジモティー 電動ドリル、電気ドリル 中古

最近、TVのCMも放映している中古あげます・譲りますのネットのフリマ、ジモティー、やはり地元で中古を買えるのは便利。

ジモティーでは、電動ドリルをはじめ様々な商品で無料や激安格安販売の情報を多数掲載しており、最安値のお得な商品を見つけることができます。単品だけでなくセット用品の情報も充実しており、また中古品やリサイクル用品だけでなく、未使用新品アイテムも安くお求めいただけます。

ジモティー 電動ドリル 中古

ヤフオク! 電動ドリル、電気ドリル 中古

ヤフオク!は、お店にないものも見つかる、買える 日本最大級のネットオークション・フリマアプリです。

ヤフオク! 電動ドリル 中古⇒ 検索結果

https://auctions.yahoo.co.jp/search/search/%E9%9B%BB%E5%8B%95%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB%20%E4%B8%AD%E5%8F%A4/0/

メルカリ 中古品 電動ドリル、電気ドリル

メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。

メルカリ 中古品 電動ドリル

楽天 中古品 電動ドリル、電気ドリル

楽天市場では格安、激安の中古品 電動ドリルを販売しています。

下記リンクは楽天が販売している激安 中古品、クリックすると最新版がわかります。

楽天 激安 電動ドリル 中古

楽天 中古品 電動ドリル

中古工具の高価買取 工具男子 電動ドリル、電気ドリル

電動ドリルは現場のプロが使う工具。中古品でも探している方は多く、電動工具のなかでも高価買取が期待できるアイテムです。工具を買い取り、販売しています、格安 工具をあり。

電動工具・農機具・建機の高価買取なら工具男子 

電動ドリル 中古工具の高価買取 工具男子

オークファン 電動ドリル、電気ドリル  中古

日本最大級のショッピング・オークション情報サイト、オークファン。
ヤフオク!、Amazon、eBay、フリル、楽天など国内外のサイトに幅広く対応し、
幅広い月額サービスで物販初心者から物販事業者までサポートしています。

現在の中古の価格相場も簡単に調べられます。(無料会員登録あり
プレミアム会員(月額980円)では過去10年分、300億件の落札相場検索や、
ヤフオク!で商品を自動で落札できる入札予約機能が本格的にご利用可能。

オークファン  電動ドリル 中古

電動ドリル、電気ドリル レンタル工具 ショップ 比較

電動ドリル等の電動工具は家庭で使用の場合、使用頻度が少ないが高価であるので「工具をレンタルする」という選び方もあります。

「工具レンタル」は主にホームセンターで行われている電動工具などのレンタルサービスです。価格もお安くDIYをする方には便利なサービスです。

電動ドリル、電気ドリル レンタル工具 コメリ

料金は、各レンタル工具取扱店で異なるがおおよそ1~2泊で200~500円程度の格安料金で電動工具を貸し出ししています。

受付の際は、本人のコメリカードと自動車運転免許証が必要です。

コメリ レンタル工具

コメリ レンタル工具

関連サイト:コメリ レンタル工具

電動ドリル、電気ドリル レンタル工具 カインズホーム

・持ち込んだ材料を加工する為に作業するスペースを貸し出すサービスです。

工房内で使用する工具の貸出は基本無料です。(先端パーツはお客様にて準備いただきます)

・無料貸出しの工具もありますので手ぶらで来ても作業ができます。

利用条件
・カインズカード(アプリ)登録者
・材料持込み

カイインズ 工具レンタル

カイインズ 工具レンタル

関連サイト:カインズ工房

電動ドリル、電気ドリル レンタル工具 コーナン

コーナンのお店のサービスカウンターに申し込んで電動ドリル等のレンタル工具を借りる。

工具単体のお持ち帰りレンタルは有料だが「DIYラボ」設置店舗をはじめ、店内の工房に設置してある電動工具は営業時間内であれば無料で利用できます。

レンタル料金は電動ドリルは約300円前後。

コーナン レンタル工具

コーナン レンタル工具

関連サイト:コーナン レンタル工具

2019年 電動ドリル、電気ドリル おすすめ ネット通販サイト

以前は電動工具を取り扱う販売店と言えば『金物屋』と『ホームセンター』の2つしかありませんでした。そのため『金物屋』がプロ向け、『ホームセンター』がライトユーザーと客層は明確に分かれていました。しかし、現在では工具販売の専門店『プロショップ』や『インターネット通販サイト』が台頭してきており、電動工具の販売勢力図は大きく変化しています。ハンマードリルの販売でも現在、成長しているのが、インターネット工具通販です。

総合通販サイトの中では『Amazon』『楽天市場』『モノタロウ』、工具専用通販サイトでは『Bildy』『ウエダ金物』『ホームメイキング』など様々な通販サイトが電動ドリルを販売しています。

インターネット通販の利点は、価格の安さ、アクセサリを含む豊富な品揃え、そしてランキング、評価、商品レビュー〔口コミ)の存在です。特に商品レビューについては、実際に使用したユーザーからの具体的な使用感が得られるなど、カタログスペックだけではわかりにくい電動ドリルの情報が得られるのは大きなメリットとなっています。

その一方で、欠点となるのは納期と修理です。

納期に関しては、通販サイトであるため注文から配送まで早い場合は1日ですが在庫がない場合は1週間以上、かかります。 電動ドリルがすぐに必要な場合においてはネックとなります。

また、ネット通販での工具故障時における修理については

①購入した通販サイトへ修理依頼

②近場の修理受付可能な電動工具販売店への修理依頼

などの方法で修理依頼とする形となります。通販サイトとして修理受付を明示しているのは『Bildy』『ウエダ金物』『モノタロウ』などです。

下記にアマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋の電動ドリル、電気ドリル 人気ランキングを記載しました。

2019年 アマゾン ランキング  おすすめ 電動ドリル

アマゾンのおすすめ 電動ドリル、電気ドリル ランキングです。一時間毎に更新されます。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Electric drill driver

アマゾン 電動ドリル、電気ドリル 売れ筋ランキング(現在2019年4月21日)

2019年 Yahoo!ショッピング  ランキング 電気ドリル

現在のYahoo!ショッピングの売れ筋電動ドリル、電気ドリルランキングが下記とおり。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。
「電動ドリル、電気ドリル」ランキング Yahoo!ショッピング

2019年 おすすめ 楽天ショップ ランキング 電気ドリル

現在の楽天ショップの売れ筋電動ドリル、電気ドリルランキングが下記とおり。

最新ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。

楽天 電動ドリル、電気ドリル ランキング

Electric drill driver3

楽天 電動ドリル、電気ドリル 売れ筋ランキング(現在2019年4月21日)

おすすめ  電動ドリル モノタロウ

MonotaROは、兵庫県尼崎市に本社を置く、事業者向け工業用間接資材の通信販売会社。

事業者向け工業用間接資材と一般消費者向けのウェブサイトを運営している。

おすすめ  電動ドリル モノタロウ

おすすめ  電気ドリル ウエダ金物

通販ウエダ金物でも激安 電気ドリルが購入できます。

ウエダ金物は熊本県熊本市にある創業45年の金物店であるが最近はECサイトも通じて、現場金物、建築金物、土木資材、化成品など、現場のあらゆるのニーズにこたえるプロフェッショナル・ツールショップとして、地元地域のみならず、全国を対象に販売している。

おすすめ  電気ドリル ウエダ金物

おすすめ ネット工具通販 ビルディ  電気ドリル

ビルディは、工具専門30年以上の「わたなべ工具販売株式会社」がサイト運営、商品の販売を行っている会社、事業内容は電動工具・レーザー/光波測量機器・エアー工具・発電機・溶接機・エンジン機械工具・作業工具・大工道具・仮設足場機材・現場用品などの販売を扱っている。

おすすめ ネット工具通販 ビルディ  電気ドリル

2019年 電動ドリル、電気ドリル おすすめメーカー 

日本国内ではリョービ、マキタ、HiKOKI 海外製ではボッシュが電動ドリルのおすすめ定番メーカーです。

おすすめ マキタ(Makita) 電気ドリル M611

Amazon’s Choice商品です、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格。

マキタは電動工具をはじめとする総合電動工具の製造販売を行う日本の株式会社。

穴あけ能力:(鉄工)10mm・(木工)25mm。
回転数:0~3000min-1。
チャック機能:1.5~10mm。
電源:単相100V・電流:4.7A。
消費電力:450W。

おすすめ リョービ 電動ドリル CD-6500 鉄工6.5mm 木工9mm

リョービ株式会社は、広島県府中市に本社を置く世界的な総合工具トップメーカーである。

手軽に使えるドリルの入門機、キリの着脱がしやすいキーレスチャック採用。

最大穴あけ能力:(鉄工)6.5mm、(木工)9mm
チャック能力:0.5~6.5mm
回転数:3,000min-1
電源:単相100V
電流:1.8A
消費電力:160W
電源コード:2m

HiKOKI(旧日立工機) 変速ドリル D10VH2

日本の大手電動工具メーカー、現在はアメリカの企業に買収されて工機ホールディングス株式会社(英文社名:Koki Holdings Co., Ltd.)となっている。

AC100V 680W 鉄工10mm 木工25mm 微調整機構付無段変速

強力モーター搭載で穿孔速度、過負荷耐力向上、軽量・ハイパワー
調整ノブ付変速スイッチ。スイッチの引き代がダイヤル操作で調整でき、回転数を一定に保つことができます。

ボッシュ 電気ドリル GBM13RE

ボッシュは、ドイツ生まれの総合電子・電子機器メーカー。電動工具のトップブランドであり
プロフェッショナル用から一般ユースまで幅広いニーズに対応した商品をラインナップし世界の電動工具市場をリードしています。
能力:鉄工13mm
木工:30mm
回転数:0~2,600回転/分
チャック把握範囲:1.5~13mm
電子無段変速
正転逆転機構

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ工具通販店⇒測定器・工具【イーデンキ】