インパクトドライバーの正しい使い方、選び方

スポンサーリンク
インパクトドライバー イラスト

インパクトドライバーとは

電動ドライバーの一種だがドライバードリルと違って回転方向に衝撃力を与えられるので厚い材料や硬い木材でもネジをガンガン締め込める。

スポンサーリンク

ドライバードリルとインパクトドライバーの違い

ドリルドライバーは回転力だけでビットを回転させますがインパクトドライバーは、回転+打撃の二つを組み合わせてビットを回転させてネジを締めます。

ドリルドライバーは名前の通り、ビットを付け替えることで穴あけもできるドライバーです。
下穴の穴あけから、ネジ締め、どちらもできます。

インパクトドライバーはドリルドライバーの機能に加え、回転方向にインパクト(衝撃)力を付加することで、ドリルドライバーに比べて強烈にネジを締め付けることが可能です。但し、締め付け力が強いので衝撃でドリルが折れてしまうこともあり穴あけには不向きです。

ドリルドライバーとインパクトドライバーの違い

動画 インパクトドライバー ドリルドライバーとの違い

インパクトドライバーの用途と機能

インパクトドライバーは内部にハンマー機構が備えられ、回転軸に衝撃力(インパクト)が加えられる。衝撃は最大で毎分2000~3000回。これにより強力な力でネジを締め込むことができる。

2×4材で長さ60mmを超えるコーススレッドを締めることができ、ウッドデッキ材でも大丈夫だ。
コード式もあるが、充電式でコードレスのものが一般的。ビットを固定するチャックは、工具を使わずに作業できるワンタッチチャックが採用されている。

回転速度を引き金式のトリガースイッチで無段階に調整できる無段変速のものが多く、正逆転が可能なものが大半。ドライバードリルのようなクラッチ機構はなくトルク(締めつけ力)調整は行えない。
ボルトやナットにも使え、きつく締まったものをゆるめるには重宝。 ドリルとしても使えないわけではない。

インパクトドライバーの選び方

インパクトドライバーはドリルとしては使いにくい点もあるため、他のドリル系電動工具に比べると応用範囲は狭い。
しかし、ウッドデッキを作ったり、2×4材で大型な工作をするなら必需品だ。
扱う材料に応じたネジ締め能力のものを選びたい。また、自分の手になじみやすく、グリップを持った状態でビット方向に押しやすいものがいい。

インパクトドライバーの定番|メーカー 価格比較

おすすめ マキタ  インパクトドライバー

マキタ 充電式インパクトドライバ  TD090DWSPW

最大締付けトルク:90N・m
締付け能力(mm):小ネジM4~M8・ボルトM5~M12・コースブレッド22~90・高力ボルトM5~M10
回転数(min-1)[回転/分]:0~2400
打撃数(min-1)[回/分]:0~3000
充電時間:約50分

リョービ(RYOBI) インパクトドライバ

リョービ インパクトドライバ CID-1100 657100A

最大締付トルク:110N・m
回転数:0~2400回転/分
打撃数:0~3200回転/分
電流:2A
絶縁方式:二重絶縁
ネジ締め能力:小ネジ/M4~M8、普通ボルト/M5~M12、高力ボルト/M5~M10
付属品:プラスドライバビット(No2×65mm)×1本

日立工機  インパクトドライバー

日立工機 14.4V コードレスインパクトドライバー 1.3AhFWH14DGL(2LEGK)

締付能力(mm):[普通ボルト]M6~M14・[高力ボルト]M6~M12・[小ねじ]4~8
六角軸二面幅:6.35mm
最大トルク:140N・m
回転数:0~2,600min-1
打撃数:0~3,200min-1
機体寸法(全長×高さ):166×221mm(BSL1415S装着時)
質量:1.3kg(BSL1415S装着時)

インパクトドライバーの使い方

簡単にビットの交換を行えるワンタッチチャックが採用されている。付属のビットだけでなく多少のバリエーションはそろえておきたい。

ビット取り付け

トリガースイッチの引き具合で回転速度を調整できる。構造はさまざまだが、簡単に回転方向を切り替えることが可能だ。

インパクトドライバー トリガースィッチ

動画 インパクトドライバーの使い方

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電動工具 徹底利用術 著者:荒井 章

スポンサーリンク
Google+
facebook Like Box
  • このエントリーをはてなブックマークに追加