電動ルーターの正しい選び方、使い方

スポンサーリンク
ルーター イラスト

電動ルーターとは 英語:router

ルーターは、木材の面取り・ホゾつくり・溝切り・切断をする為の木工用電動工具である。

「ルーター」の特徴は、両手で持つこと、「溝切り」に重点を置いていること、そして大型では重切削型の太いビットが使えることなどです。

ルーターには図のような「リング型」「プランジ型」があります。「リング型」は目盛りが付いたリングを回して、本体を上下に調節するタイプです。堅牢な造りで正確な切削ができます。「プランジ型」は2本のパイプとバネで、本体をスライドさせるタイプです。手早く溝切りの深さを設定できるので、こちらのほうが一般向けと言えます。

ルター 種類

工具 ルター 名称

電動ルターの機能、特徴

小さな家具の装飾ならトリマでも十分できるが、トリマにできることには限界がある。トリマで使えるビットの軸径は6mmだけということが大半だが、ルーターでは6mm径に加えて6.35mm径、8mm径、12mm径、12.7mm径など大きなものも使える。それに合わせてモーターのパワーもトリマよりはるかに高い。太い溝でも楽らくと切削していくことができる。

また、トリマで材料の途中から溝を作り始めるには、ある程度の熟練が必要だが、ルーターはベースに対して本体を上下に移動させられるスプリング機構があるので、溝の切り始めがやりやすい。
回転速度が調整できる製品が大半で、作業内容に応じた調整が可能です。

しかし、トリマーに比べてルーターは大きくて重い。両手で扱う必要がある。
慣れれば細かで精密な加工も行えるが、扱いに慣れるまでには時間を要する。価格もトリマより高い。
よほど大がかりな作業に取り組む予定がない限り、まずはトリマを入手したほうが無難だ。トリマを使っていて力不足を感じるようになったら、ルーターの購入を考えればいい。

トリマとルーターの双方を所有してからでも、トリマでも可能な作業なら、トリマを優先
して使ったほうがいい。特に飾り面取りのような作業は、軽くて本体を安定させやすいトリマのほうが、スムーズに作業が進められることが多い。

工具 ルター 機能

本体をスライドポールにそって上下に動かせるので真上から材料に対して切り込んでいくことができる

 電動ルーター ビットの選び方

トリマに使うビットは、ルーターと共通です。軸径には6 ,8 ,12mmの3サイズがあります。たまたまトリマーのほとんどが軸径6mm専用に作られているため、6mmがトリマービットになります。ちなみに大型ルーターは3サイズとも使えます。

関連記事:トリマ ビットの選び方

電動ルーターの選び方

「溝切り」ならルーター」が基本的な選択です。
太いビットを使った、深い切削をする場合は大型ルーターに限られます。これは内装工事や大型家具などに必要ですが、やや専門的でしょう。重さで見れば、径12mmのチャックを備えたルーターは5kgほどにもなります。

関連記事:トリマ の選び方

電動ルーターの定番|メーカー 価格比較

スポンサーリンク

おすすめ アースマン 電動ルーター 

高儀 EARTH MAN 電動ルーター PRT-600SCA

用途:溝彫り加工や飾り面加工などの木材切削作業に
特長:600Wのハイパワー! 回転速度調整可能! 加工物やビットに合わせて回転速度を調整することができます。ストレートビット付属! 6mm刃×2・8mm刃×1おすすめ

おすすめ マキタ 電動ルータ

マキタ 電動ルータ 12mm RP1801

チャック孔径:12mm
回転数:22,000回転/分
電源:単相100V
電流:15A
消費電力:1,430W
質量:6.0kg

おすすめ 日立工機 電動ルータ

日立工機 電動ルータ M12SE

M12SE 日立工機 ルータ
価格:23976円(税込、送料別)

ルーターの使い方

最初にビット交換。コレットチゃックのナットを外して、サイズに合ったコレットコーンに取り替えます。ベースは取れないので付けたままです。ビットを装着したら、溝の底までの切削深さを設定します。

作業台の縁にベースを置いて、設定深さまで本体を押し付けます。ビットは台の手前に突き出させます。その位置でストッパーを当てて固定すれば、設定よりも削り過ぎることを防げます。

手を緩めれば、本体はバネで戻ります。次は1回目の切削深さを設定します。
深さは、ビット径の1/2または1/3が目安です。本体をそこまで押し下げ、「深さ固定ノブ」を強く締めて設定は完了。このノブとハンドルを持って、両手で溝を切ります。

そして2回目の切削深さを設定します。これをくり返してストッパーが突き当たったら、そこが設定した溝の深さです。操作をしてみると、溝切りに適した機構なのがよくわかります。溝切り以外には、ストレートガイド、トリマーガイド、テンプレートガイドなどを使った切削ができます。いずれも操作や装着方法はトリマーと同様です。

フレンジ型ルター 使い方

動画 おすすめ ルターの使い方

おすすめ BOOK

新トリマー&ルーターテクニック―木工が楽しくなる!

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電動工具 徹底利用術 著者:荒井 章

スポンサーリンク
Google+
facebook Like Box
  • このエントリーをはてなブックマークに追加