トリマーの正しい選び方、使い方、手入れ

工具 トリマ-イラスト

トリマーとは 英語: laminate trimmer

トリマーは「飾り面取り」をする工具。ルーターは「溝切り」です。しかしどちらを使つても、両方ともできるので選択には迷います。ここでは片手で手軽に使える「トリマ」を解説します。

JISC9745-2-17手持ち形電動工具-安全性において「トリマ」の用語となっている。日本国内主要メーカーのカタログも名称は「トリマ」となっている。

片手で作業することができ、先端に取付けたビットは約3万回転/分、使用できるビットの軸軽は6mmのみである。ルータを小型化したものであるが、刃先の切削深さを作業前に調整しておく必要がある。

トリマ― 名称

トリマーとルーターとの違い

「トリマ」と「ルーター」は機能が似ているので、混同されがちです。「ルーター」の特徴は、両手で持つこと、「溝切り」に重点を置いていること、そして大型では重切削型の太いビットが使えることなどです。

関連記事:電動ルター

トリマーの機能、特徴

トリマーはビットと呼ばれる刃を備えた先端工具を回転させて、木材を切削する電動工具。ビットを交換することで、さまざまな形状の飾り面取りや溝切りを行える。

製品によってはオプションのこともあるが、ベースの角度調整で傾斜した溝や斜めに面取りできるものもある。

手作業での飾り面取りは、不可能とはいえないまでも非常に困難な作業なので、家具などの木工で装飾性を高めたいのなら必需品だ。同様の作業を行える電動工具にはルーターがあるが、トリマーはルーターの能力をおさえて小型化したもの。片手で手軽に扱える。

トリマ― ビット 種類

トリマーの用途

いちばんトリマーらしい加工は「飾り面取り」でしょう。複雑な断面もビットを選ぶだけで、クラフト的な仕上がりになります。

また「溝切り」もできます。これは棚板にガラスをはめたり、板同志の継ぎ手を組むなどの、精度の高い工作に最適です。彫り込み文字でサインや看板を作る場面では、片手で微妙な操作ができます。また続けて同じものを作る時には、テンプレートを型にします。
相しゃくり」は床板の継ぎ目などに見られますが、家具に応用したものはできます。切削の量が多いものは、両手で使う「ルーター」のほうが向いています。

単純形状で力を入れた重切削となると、カッターや丸ノコの出番になります。
トリマ― 用途

トリマー ビットの選び方

トリマに使うビットは、ルーターと共通です。軸径には6 ,8 ,12mmの3サイズがあります。たまたまトリマーのほとんどが軸径6mm専用に作られているため、6mmがトリマービットになります。ちなみに大型ルーターは3サイズとも使えます。

トリマ用の軸径6mmビットでも、図のように種類は豊富です。
大きく分けると「溝切り用」と「面取り用」のビットがあります。「溝切り用」は先端と側面に刃が付いているビットです。中でも「ストレートビット」は溝を切ったり、削り広げに便利で、出番が多い基本的なビットです。

トリマガイドやストレートガイドと組み合わせて、面取りにも利用できます。また、「アリ溝(ダブテール)ビット」は引き出しの接合部など、継ぎ手の加工に使われます。「面取り用」のビットは「コロ付きビット」のように、側面だけに刃を持つビットです。

「ギンナン面ビット」など、一回の切削で複合的な断面ができあがります。反面、使い道はやや限定されます。コロ付きのタイプをよく使う方には「替刃式」も経済的でよいでしょう。

専用の軸1本に、違う形の刃をいくつも付け替えられるものもあります。変わったところでは「フラッシュビット」。これは主に建具や内装用で、刃のない円筒部分をガイドにして、平らに削るビットです。ビットの種類が多いほど、表現の幅が広がります。しかし例えばギンナン面とヒョウタン面ではどちらかに統一するなど、計画的に使うことが大切です。

トリマ― ビット 種類-選び方

トリマーの選び方

よくある選択として「大は小を兼ねる」的な発想があります。径12mmチャックならすべてのビットが使えるというわけです。これでは賭けみたいなもので、選んだことにはなりません。

用途として「飾り面取り」がメインであれば「トリマー」、「溝切り」ならルーター」が基本的な選択でしょう。

太いビットを使った、深い切削をする場合は大型ルーターに限られます。これは内装工事や大型家具などに必要ですが、やや専門的でしょう。重さで見れば、径12mmのチャックを備えたルーターは5kgほどにもなります。

一方、トリマーで使えるのは軸径6mmのビットだけです。しかし、これも「ビツトの選択」で見たように、種類は豊富です。もし切削が足りない場合は切削回数で補うことになります。こうした削り足す頻度によっては、選択が変わるかもしれません。使いたいビットで機種を選ぶのもひとつの方法でしょう。

トリマーの良さは片手で操作できる手軽さです。重量も2kg弱と、電気ドリル並です。手軽であればこそ出番も多くなります。木工作にはびったりです。ただ、本体の握りが太いのは困ったことです。手が小さい方には、つかみづらいでしょう。その場合は、径8mmチャックの小型ルーターという選択もあります。両手操作になりますが、ハンドルは持ちやすく、軽いタイプになり、扱いがラクです。

この場合コレットコーンの交換で径6mmのビットも使えます。
つまり、手軽さの点でトリマー、または径8mmチャックの小型ルーターがお勧めです。これらにも仕様や付属するガイドなどは細部に違いがあります。使い勝手から言えば、スピンドルロックはビット交換に便利なので、付いていたほうがよいでしょう。また、ビットはどのメーカーにも共通です。インチ規格のビットでない限り心配ありません。

トリマー おすすめ ネット通販サイト 価格比較

アマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋のトリマー 人気ランキングです。

アマゾン ランキング  おすすめ トリマー

アマゾンのおすすめ トリマー ランキングです。一時間毎に更新されます。最新のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

trimer1

アマゾン トリマー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

Yahoo!ショッピング  ランキング トリマー

Yahoo!ショッピングの売れ筋トリマー ランキングは下記のとおり。最新のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Yahoo! トリマー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

おすすめ 楽天ショップ ランキング トリマー

楽天ショップの売れ筋 トリマー ランキングは下記のとおり。

最新ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。
楽天 トリマー 売れ筋ランキング
trimer3

楽天 トリマー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

トリマー おすすめの定番|メーカー 価格比較

おすすめ 高儀 トリマ

高儀 EARTH MAN 電動トリマ TR-100

特徴:●刃先が見えるクリアベース ●ソフトスタート:始動時の振れが少なく安全!
付属品・セット内容:●電動トリマ本体×1 ●トリマガイド×1 ●ストレートガイド×1 ●テンプレートガイド×1 ●スパナ(大・小)×1 ●ストレートビット(6mm刃)×1 ●キャリーバッグ×1

アマゾン 楽天

おすすめ リョービ  トリマ

リョービ(RYOBI) トリマ TR-51 軸径6mm 628333A

サイズ:幅90×奥行103×高さ179mm
本体重量:1.3kg
取付ビット軸径:6mm
回転数:30000min-1
電源:単相100V
電流:5.2A
消費電力:500W

アマゾン 楽天

おすすめ マキタ トリマ

マキタ トリマ M373 チャック孔径 6mm

チャック孔径(mm):6
回転数(min-1)[回転/分]:35000
電源(V):単相100
電流(A):5.3
消費電力(W):500

アマゾン 楽天

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク