振動ドリルの正しい使い方、選び方

スポンサーリンク
振動ドリル イラスト

振動ドリルとは

電気ドリルに打撃力をブラス。「振動ドリル」なら、コンクリートにラクラク穴あけができます。壁や塀にフックや重いものを取り付けたい時に便利です。そして普段は電気ドリルとして使います。幅広く修理をする方にはお勧めです。

振動ドリル 操作説明

スポンサーリンク

振動ドリルとハンマドリルとの違い

振動ドリルとよく比較されるのがハンマドリル。こちらは強い打撃力を持つたハツリ作業のための電動ドリルです。機能の切替スイッチを見ると「回転十打撃」「回転のみ」「打撃のみ」の3段階です。最後の「打撃のみ」を使えば、ブロック塀にポストを取り付けるどころか、埋め込むことさえできてしまいます。

ハンマドリルのチャックは3ツ爪ではなく、差し込み式になっています。丸軸のビットは使えないので、専用の規格に合ったビットが必要です。好きな作業というのは意外なところまで発展することがあります。将来ハンマドリルをと考えている方は「SDSプラス」規格のビットを選べば、振動ドリルと共用できます。なお大型ハンマドリルには太い六角軸の規格もあります。

ハンマードリルと振動ドリル

ハンマードリルと振動ドリル

振動ドリルの機能

「振動ドリル」は軸方向に打撃力を与えて、コンクリートを砕きながら穴あけをするものです。振動していてもしっかり保持できる補助ハンドルと、深さ調節のストッパーが付いています。目印としては「回転十打撃」と「回転のみ」の切替スイッチが付いていることです。ハンマーのマークでそれとわかります。

チヤックは3ツ爪で丸軸や六角軸など電気ドリルと同じビットが使えます。
穴あけ能力はコンクリートで径10mmくらいが普通。穴径20~100mmの重作業は「ハンマーマドリル」の分野になり、チャックの形式が変わるのでビットの互換性はありません。そのため、チャック形状も気を付ける必要があります。

振動ドリルの用途

コンクリート壁に棚や鏡を付ける時、ブロック塀にポストや車庫の扉を付ける時など、ネジでは効きません。しっかり取り付けるにはプラグを打つ必要があります。このプラグ穴をきれいに手早くあけるのが振動ドリルです。実際、穴の周囲はくずれず、切り抜いたようなきれいな穴に仕上がります。穴あけできる材質としては、この他にレンガ、モルタル、発泡コンクリート板などがあります。

打撃を止めれば、電気ドリルとして使えます。図の中に棚を吊る場面がありますが、この棚板に木ネジの下穴をあけることもできます。さらにネジ締めも一台で、という方にはトルククラッチ付きの「振動ドライバドリル」もあります。

振動ドリル 用途

振動ドリルの選び方

振動ドリルは、コンクリート用プラグ打ちが主なので、穴あけ能力は径10mmで間に合います。特別な重量物を固定する場合でも径20mmの能力があれば余裕です。鏡など、水平が気になるものは穴位置もシビアです。こうした用途には、回転数や打撃数が調整できるタイプを選ぶのがよいでしょう。

振動ドリルは、電気ドリルの機能がベースです。さらに加えてドライバ機能も欲しい方には多機能ドリル。充電式の製品もあります。こうして多機能型の1台を使うのも便利ですが、逆に機能を2台に分けるのも使いやすい方法です。例えば木工作がメインの方なら、プラグ打ちは頻繁ではないでしょう。振動ドリルはドリルスタンドに取り付けておいて、プラグ打ちの時に外して使ってはどうでしょうか。持ち歩きには、充電ドライバドリルも用意しておくという使い方です。

振動ドリルは振動を停止すれば電気ドリルとしても使えるので、コンクリートに穴をあける可能性があると思えるなら、電気ドリルではなく振動ドリルを購入すればいい。電気ドリルよりハイパワーなので木工や鉄工でもスピーディに穴あけできる。ただし、電気ドリルに比べると高価ではある。

振動ドリルの定番|メーカー 価格比較

新興製作所 振動ドリル 

 SHINKO(新興製作所) 変速振動ドリル SVV-130

最大穴あけ能力:鉄工10mm、木工25mm、コンクリート10mm
電源:単相100V
周波数:50/60Hz
消費電力:480W
電流:5A
無負荷回転数:50hz・800~2200min-1、60hz・300~2100min-1
チャック:1.5~13mm

リョービ(RYOBI) 振動ドリル

リョービ(RYOBI) 振動ドリル PD-1301VR 645912A

振動ドリル PD-1301VR 645912A リョービ(RYOBI)
価格:8996円(税込、送料無料)

マキタ 振動ドリル

マキタ 振動ドリル コンクリ16mm 鉄工13mm 木工30mm M816K

振動ドリルの使い方

振動ドリル 持ち方

打撃機能を使ってコンクリートに穴あけする場合、ポンチングはしないので、ビット先が振動で動き出します。力で押し付けることよりも、保持する姿勢を固めることが大切です。とくにタテ壁にあける時は、穴があき始まるまで、振動ドリルをしっかり支えてズレを防ぎます。補助ハンドルをタテに向けたほうが、振動ドリル自身の重さを受け止めやすく、姿勢が決めやすくなります。回転数や打撃数を調節できるものは小さくして壁に当て、浅い穴が見えて来たら適当な速さにします。上体はそのままの姿勢で、ビットの垂直を保って腰で押し付けます。

床などの水平面に穴をあける時はあまり体重をかけず、振動ドリルの重さだけを利用して軽くあけます。ひたすら位置と垂直だけに注意します。

なお、振動ドリルは割つたり、欠き取ったりというハツリ作業には向いていません。すり鉢のように、こじって広げる使い方はビットを折るもとです。

振動ドリル-持ち方

振動ドリル-持ち方

振動ドリル コンクリート用プラグ

力ールボルトプラグを例に、壁に打ち込む作業をしてみましょう。これは付属のネジがコーンを引き、穴の中で広がって固定される、代表的なプラグです。

まず壁にペンで位置を印します。振動ドリルには、コンクリート用ドリルビットを取り付けます。穴径はプラグのパッケージに指定があります。そしてプラグの長さより3mmほど深めにストッパーを固定します。ストッパーがないものは、ビットに目印のテープを巻きましょう。切替スイッチは「回転十打撃」です。

姿勢を決めてから、メインスイッチを入れてビットを壁に押し当て、ストッパ-が当たるまで進みます。押し付ける力加減や回転速度は、試しながらよく切れる状態を探すとしか言えません。モルタルは軽くあき、砂利の多いコンクリートはやや力が必要です。穴があいたらプラグを差し、ネジを締めて固定します。フックなどの金物は、ネジに金具をはめてから共締めです。複数穴の金具は、プラグを固定した後でいったんネジを抜き、金具に通して締め直します。

振動ドリル-プラグ穴

振動ドリル-プラグ穴

振動ドリル 使い方 手順

位置決め

ボンチの穴で位置決めすることが難しいので、最初から強力な力でキリを押しつける

振動ドリル 位置決め

姿勢保持

振動は強力なので、以降も姿勢を固めて、両手でドリルを保持して作業を続けること

振動ドリル-姿勢決め

アンカーを挿入

穴だけではビスは固定できない。コンクリート用のアンカーを挿入してからビスを使う

振動ドリル-アンカー挿入

動画 おすすめの振動ドリルの使い方

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電動工具 徹底利用術 著者:荒井 章

スポンサーリンク
Google+
facebook Like Box
  • このエントリーをはてなブックマークに追加