レシプロソーの正しい使い方、選び方

スポンサーリンク
レシプロソー イラスト

レシプロソーとは

細長いブレードを往復させ、さまざまな材料を切断する電動ノコギリがレシプロソーです。

ブレードの動きが往復運動であるためその英語(reciprocting)を略してレシプロソーと呼ばれる。西洋の剣サーベル(オランダ語)に似ているため、その英語からセーバーソーともいわれる。標準的なレシプロソーはブレードを除いた本体全長が45cm前後。ブレードの動き方はジグソーと同じだが、はるかにパワフル。

レシプロソー 名称

レシプロソー 名称

ジグソーとセーバーソーの違い

ジグソーは刃が下向きなのに対し、ヨコ向きにしたのが「セーバーソー」です。
メーカーによっては「レシプロソー」とも呼びます。金属パイプや角材の切断、壁の窓抜きなどに使います。

自由に切るのが主眼で、反動を受け止めるだけの小さなベースが付きます。パイプ切断を主な用途にするだけあって、ブレードは長く100~300mmほどです。種類はジグソーブレードと同様、豊富にあります。しかしジグソーとは取り付け部分の形が違うので、共用はできません。

セーバーソー

レシプロソーの機能、特徴

ブレードも厚くて丈夫だ。金属パイプや細い丸太を切断するための電動ノコギリとして作られたものだが、丸ノコが使いにくいリフォームの現場などでは、かなり荒っぽい使い方をされている。
DIYにはあまり縁のない電動工具といえるが、標準サイズよりひと回りコンパクトな小型機や充電式の製品は小回りがきき、壁面の窓あけなどが簡単に行える。
ジグソーとブレードが共用できる製品があるのもありがたい。なかにはヤスリとして使えるものもある。

レシプロソー 機能小型レシプロソーなら片手でも使えないことはないが、両手でしっかり保持したほうが先端がぶれにくい

レシプロソー 機能2シュー全体を材料に押しつければ、材料に対してブレードが垂直になる。傾斜させて切りたければシューを部分的に当てればいい

スポンサーリンク

レシプロソーの用途

研削や研磨が行える電動工具は数多いが広い面に対応したものが多い。細かな作業ができる軸つき砥石などを電動工具に装着する方法もあるが、回転による研削や研磨が基本だ。その点、レシプロソーでヤスリや紙ヤスリを使えば往復運動で細かな部分の研磨が行えるので、面取りなどではきれいな面を作ることができる。

レシプロソーの選び方

充電式とコード式があり、充電式は質量が軽く、持ち運びが可能で移動しながら作業も行えるので、庭木の剪定や作業現場に向いています。
コード式レシプロソーは質量が重くなりますがストローク幅やパワーあるので太い生木や解体作業でも活躍します、また充電式のように電気の残量がなくなる心配もないので、連続作業にも向いています。
充電式もコード式も同じ用途で使用することは出来ますが、材料に適したストローク幅が広いモデルを選んだほう作業が効率的に進められます。
開口工事(窓抜き)や剪定で使用する場合は、軽量の片手で保持できる2キロ以下の充電式が適しています。

レシプロソー 替刃 ブレードの選び方

レシプロソーのブレードの種類は木工、鉄工、塩ビ用があります。レシプロソーを販売している製造会社のブレードの頭の形状は同じなのでどの会社のブレードでも頭の形状が同じであれば、取り付けることが可能です。

マキタ 電動工具 レシプロソー刃 一覧

マキタ 電動工具 レシプロソー刃 一覧

リョービ 電動工具 レシプロソー刃 一覧

リョービ 電動工具 レシプロソー刃 一覧

レシプロソーの定番|メーカー 価格比較

おすすめ マキタ レシプロソー

マキタ 充電式レシプロソー 10.8V 1.3Ah JR101DW

切断能力(mm):パイプΦ50、木材50
ストローク数:0~3300回/分
ストローク(mm):13
寸法:長さ355×幅63×高さ146
質量:1.1kg

■マキタ 10.8V充電式レシプロソー JR101DWG
価格:16967円(税込、送料無料)

おすすめ リョービ レシプロソー

リョービ(RYOBI) 小型レシプロソー RJK-120 ケースなし 619400A

サイズ:長さ320×幅70×高さ103mm
本体重量:1.2kg
切断能力:塩ビパイプ/120mm、木材/55mm、軟鋼材/3.5mm
ストローク数:0~5000min-1
ストローク量:10mm
電源:単相100V
電流:3A

レシプロソーの使い方

基本的な使用方法はジグソーと同じです。

関連記事:ジグソーの使い方

レシプロソー独自の使い方としては研磨作業があります。

ヤスリや紙ヤスリを使えば往復運動で細かな部分の研磨が行えるので、面取りなどではきれいな面を作ることができる。

レシプロソー 研磨1ヤスリの往復運動は強力なので、材料はしっかり支える事、ていねいに面取りしたいのなら材料を万力やクランプで固定する。

レシプロソー 研磨2先端に装着されるのは紙ヤスリでも、動きがパワフルなので速く削れるので必要以上にけずれてしまうこともあるので注意。

動画 おすすめ レシプロソーの使い方

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電動工具 徹底利用術 著者:荒井 章

スポンサーリンク
Google+
facebook Like Box
  • このエントリーをはてなブックマークに追加