ハンドグラインダーの正しい選び方、使い方

スポンサーリンク
ハンドグラインダー イラスト

ハンドグラインダーとは

「ハンドグラインダー」は、「ミニグラインダー」とも「ミニルーター」とも呼ばれます。細めの胴体を握ってペンのように使える、精密タイブのグラインダーです。他の工具では届かない、隅や奥の方で威力を発揮します。

ハンドグラインダーの機能、特徴

ポータブルの電動工具の中でも、とくに小さいのが「ハンドグラインダー」です。細い胴体ながら、研削に必要な約2万回転/分の高速で、ビット(刃先)を回しています。ビットの種類によっては、先端の径が2mm以下の細いヤスリもあり、高速回転によって周速度と研削能力を確保しています。

コンパクトな「コレットチャック」は、電動ドリルとは別の方式です。円錐穴のコレットナットが、コレットコーンを締め付けてビットを固定します。コレットコーンは径の容量が少なく、ビット径の種類ごとに専用サイズヘ交換して使います。ちなみに「コレット」とは指環の石を支える台座のことです。

ハンドグラインダーの用途

ハンドグラインダーは細かい研削・研磨作業に適しています。工作や修理の場面では、ごく小径の穴をあけたり、さらに長穴に広げることができます。ホビーやクラフト分野ではさかんに使われています。

象徴的なのはガラス面に文字や模様を彫る加工。ペンのように自由に扱えるのが魅力です。そして細部のサビ落しやツヤ出しにも使い勝手が優れています。どれも精密な作業です。でも寸法精度と言うよりは、細かい部分の加工にも微妙な手加減がしやすいのが強みです。

また、高速で研削するメリットは材料に負担が少ないことです。プラモデルの一部を切る時など、固定するだけで壊れるような材料も自由に加工できます。

ハンドグラインダー 用途

ハンドグラインダーのビット選び方

ハンドグラインダーのビットの種類は、ほかの電勣工具のビットやディスク、ノコ刃が混ざり合ったような品揃えです。でも、長さは5mm足らずのミニチュアサイズ。つまり小さいながらも、切削・研磨・切断のすべてができるだけの種類が揃っています。種類を多く持っていれば、それだけ自由な工作ができます。

カッター」は高速度鋼の固い刃で、切れ味が長持ちします。「ダイヤモンド砥石」はおもにガラス用。他のビットでは滑るばかりのグラスも、自由に彫刻模様を入れて楽しめます。模様のタッチに変化をつけるには、数種類欲しいところです。「精密砥石」は歯医者さんでおなじみのもの。金属用と石材用があります。

サンディングホイール」はペーパーを巻き付けただけにしか見えないのでバカにしがちですが、研磨面は非常に滑らかです。「マンドレル(アーバ)」は付け替え軸のことです。平型のバフやノコ刃をネジ止めして使います。種類が多いのは径2.4mm(正確には2.34mm)軸で、この図のほぼすべてがあります。それに対し3mmや6mmでは砥石とワイヤブラシが主体になります。選ぶ際はコレットコーンの寸法に合わせて購入しましょう。

ハンドグラインダー ビット種類

 ハンドグラインダーの選び方

安全で、細工用として重宝なハンドグラインダー。広くお勧めできます。なかでも使いやすいのは、胴体が細身のものです。ペン型に持って初めて細部の加工ができます。速度調節は、できればあったほうがよいでしょう。
工作の分野によっても違うでしょうが、いちばん大切なのは使えるビットの豊富さではないかと思います。その点では、軸径2.4mmが使えることを優先して考えてはどうでしょうか。

一方で、3mm用の機種の多くは2.4mmも兼ねているので、これがお勧めです。つまり3mm用の細身のタイプです。

ところが細身タイプのほとんどは、連続使用に制限があります。約15分以上作業すると過熱してしまいます。その場合5分程休ませます。作業していて15分というのはあっと言う間です。 6mm用や3mm用で本体が太いタイプにはそういったことはありません。これが選択に困るところですが、作業の意図に合ったものをゆっくり選んでください。

ハンドグラインダー サイズ

ハンドグラインダーの定番|メーカー 価格比較

スポンサーリンク

おすすめ プロクソン  ミニルーターセット

プロクソン(PROXXON) ミニルーターセット No.28512-SK

寸法(約):長さ210x太さ33.5mm 。
重量(約):250g(トランス含まず) 。
電源:AC100V→専用トランスDC12V 消費電力:20W 。
回転数:8、000~18、000min-1(回/分)。
ドリルチャック寸法:φ0.5~3.2mm。

おすすめ リョービ(RYOBI) ホビールータ

リョービ(RYOBI) ホビールータ HR-100 

取付ビット軸経(mm):Φ2.35・Φ3.0
回転数(minマイナス1乗):8,000~23,000
定格使用時間:連続
電源(V):単相100
消費電力(W):100
質量(kg):0.45
電源コード(m):2
サイズ(mm):長さ226×幅44×高さ62

おすすめ 日立工機 ハンドグラインダー

日立工機 ハンドグラインダー 砥石径32mm AC100V 440W GP4SA

トイシ寸法(mm):軸付トイシ外径32・軸径3/6
電流(A):4.6
回転数(min-1):24,000
コード:2心・2.5m
標準付属品:軸付トイシ(KA-4,KA-5各1個)・コレットチャック6mm・片口スパナ2個

GP4SA 日立工機6mm ハンドグラインダ
価格:18532円(税込、送料別)

ハンドグラインダーの使い方

ハンドグラインダーの持ち方

ハンドグラインダー 使い方ハンドグラインダーの持ち方は「ペン型」が基本。これが最も自由に操作できます。ビットで材料をなでるように進む要領です。

細密作業で、ビットの移動量が少ない時は両手で保持します。材料に押し付けないように軽く当てて、たえず移動します。向きは回転を迎える側、つまり切りクズが飛ぶ方向に進みます。したがって材料の内側を削る時は、右回りに進むことになります。

ハンドグラインダーの持ち方

ハンドグラインダーのビット交換

ここでビット交換を見ておきましょう。正しく作業しないとコレットチャックが破損するので、気を付けなければなりません。まずコレットナットを緩め、使いたいビットをチャックに軽く差してみます。径が合わなければ、コレットコーンを取り出して交換です。例えばサイズ3mmのハンドグラインダーは、それ以外に2.4mmと1mmのコレットコーンが付属で付いています。
ビットに合うサイズを選んで入れ、コレットナットを軽く指締めします。そしてビットを差してから、スピンドルロックのピンを押して、レンチで締めます。サイズが合わなかったり、ビットを入れずに締めるとコレットコーンが歪むので注意しましょう。

ハンドグラインダー ビット交換

ハンドグラインダーの長穴加工

金具のネジ穴などに余裕を持たせるため、長穴にすることがあります。この場合、「回転ヤスリビット」を使えば手軽に加工できます。まず必要な形にケガキ線を引きます。

そしてもとの穴よりひと回り小さいビットで、右回りに削っていきます。直線部分がありますが、ハンドグラインダーは定規が使えません。そのため、ケガキ線の内側に沿って0.5mmの仕上げしろを残します。あとで一定の速さ、一定の力で、なぞるようにビットを送っていけば直線に仕上がります。

ハンドグラインダー 長穴の研削

ハンドグラインダーの凹部研削

今度は木材に凹面を作ります。底の形を正確に削るのがポイントです。頭の中にあるイメージだけで彫っていくと、左右対称にできません。

まずドリルで中央を設定の深さまであけて、底の位置決めをします。これを目安に、木工用カッタービットで穴をタテ壁に広げます。このビットは刃の刻みが交差したタイプです。その中でも、先が丸いものを選びます。

先が平面のものは研削角度に敏感で、向きを変える時に深く食いつくことがあるので避けます。
壁には仕上げしろを残し、底面の力-ブを2本の溝で削り出します。そしてボール紙でゲージを作り、溝に当てて力-ブを確かめます。ほぼ整ったところで溝をつなぎ、底面を仕上げます。ついで壁面の仕上げしろを平面に削り出します。

さらに面を滑らかにするには、サンディングホイールがよいでしょう。

ハンドグラインダー 凹部研削1

動画 おすすめ「プロクソン」ミニルーターの使い方

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電動工具 徹底利用術 著者:荒井 章

スポンサーリンク
Google+
facebook Like Box
  • このエントリーをはてなブックマークに追加