ヤスリ(鑢)の正しい使い方、選び方

スポンサーリンク
ヤスリ イラスト

ヤスリ(鑢)とは?|英語:file

やすり(鑢、鈩)は、細かな部分の研磨を行うハンドツールで寸法に合うように削ったり、材料の形状を整えたり、細かい部分の錆を落とすのに用いられている。

ヤスリは種類が多いので、使い分けることがポイントです。細かく見れば材料の大きさ、形、材質など、加工場面と同じ数だけのヤスリがあります。幅広く使える基本のヤスリと、特殊研磨のためのヤスリを選んでください。

ヤスリ(鑢)の種類と用途

ヤスリの種類2

ヤスリの種類  画像出典先:道具の徹底使用術  著者:荒井章

ヤスリは図のように種類がたくさんあります。何を削るヤスリなのか、その材質別に見てみましょう。まず鉄エヤスリはバリ取り用としておなじみですが、基本的には鉄材を削って形作る道具です。

ヤスリの目は複目で、上目と下目の線が交差しているタイプです。個々の目はノコ刃状の断面なので、押した時に一方向だけ削れます。目の荒さは番手ではなく、荒目・中目・細目の3段階で呼びます。ただし同じ荒目でも、ヤスリ全体のサイズに比例して目が大きくなります。そして図のように各種断面があります。柄は別売りで、取り付けて使います。

目立てヤスリは菱形の断面が特徴で、鋭角なノコ刃の奥まで届きます。単目なので、硬いノコ刃も上滑りや躍ることなく研げます。そしてこれも押して研ぎます。この方向性をなくし、もっと硬質な「焼き入れ鋼」やガラスまで研げるのが、ダイヤモンドヤスリ。表面は人エダイヤの砥粒です。これは番手で呼びます。 細エヤスリは細い棒状で、彫金や部品修理など、細部の研削研磨に使います。

先が曲がったコテヤスリは、平面の真ん中にくぽみを作るような場面に重宝です。
万能ヤスリ(商品名)は同心円状の目が特徴です。アルミなど、目詰まりしやすく軟質で粘性のある金属にはこれが最適です。また石膏にも使います。
木エヤスリの片面はオニ目。大根をおろす、おろし金状の目です。木材の荒削り用で、表面をかき取るように削れます。この裏側は鉄工用に似た複目の荒目で、荒れた面を整えます。

同じ木材用としてはノコヤスリがあります。金切りノコの替刃を束ねたような構造です。表裏に抜ける大きなすき間があるので目詰まりせず、石膏ボードにも使います。削った面はオニ目よりも滑らかです。

ドレッサー(商品名)は細かい粒状の突起を設けたヤスリ。削る手応えはサンドペーパーに似ていますが、摩耗や目詰まりが少ない金属製です。また砥粒がこぼれて木目に詰まることもありません。丸や三角など各種断面があります。

スポンサーリンク

ヤスリの目

ヤスリの目には、単目、複目、シャリ目、波目、鬼目などがある。一定間隔で平行な溝のものを単目というが、あまり使われない。

ヤスリ目とサイズ

ヤスリ目とサイズ

単目に交差する溝が加わったものが複目で、もっとも一般的なもの。複目に似ているが溝の構造が少し異なるものにシャリ目がある。

溝と溝の間隔が広いものほど溝が深く、研削が早いが表面は荒れる。間隔が広いほうから順に粗目(荒目)、中目細目油目という。

波目は溝が円弧を描くもの。鬼目には溝はなく、台所のおろし金のような突起を多数備えている。目づまりしにくいのが特徴です。

ダイヤモンドヤスリの場合は、サンドペーパー同様の番手でも表わされる。粗目が180番、中目が320番、細目が500番となる。

ヤスリ 鬼目 しゃり目

ヤスリ 鬼目 しゃり目 画像出典先:DIY工具選びと使い方 著者:青山元男

ヤスリの形と組ヤスリ

ヤスリは細長い板状の「平」がもっとも基本的な形状だが、ほかにも下の図のようにさまざまな形状のものがある。「角」や「三角」は入り組んだせまい部分を研削するような場合に便利。

単独でも入手可能だが、鉄エヤスリやダイヤモンドヤスリ等形状の異なる何本かがセットにされた組ヤスリが各種ある。
木工だけを行うのであれば、ある程度の幅がある「平」で、表裏が鬼目とシャリ目のもの1本でも十分。さまざまな作業に対応できるようにしておきたいのなら、鉄エヤスリかダイヤモンドヤスリで5本程度の組ヤスリを用意しておけば安心です。

ヤスリによる細工にこだわるのでなければ、さらに本数の多い組ヤスリを入手しても、使うものは限られます。

ヤスリ 形状

ヤスリ 形状

ヤスリ(鑢)の選び方

ヤスリは種類を多く持つほど、それだけ作業も加工形状も自由が利きます。しかし実際面では、最小限の種類で応用と守備範囲を広くしたいものです。考え方として、ヤスリは形を削り出す道具。荒目を主体に揃えるのが実用的です。

木工でも金工でも、仕上用の中目・細目はサンドペーパーに任せます。
木材用には木エヤスリの平型があれば、荒削りが効率よく進みます。ただ、深く削れるために研ぎ跡が荒れます。同じ荒削りでも、小さい作品やベニヤ合板には、ノコヤスリのほうが便利です。どちらかは持っていたほうがよいでしょう。

金属用には鉄エヤスリです。持ちやすいサイズは200ミリ。操作ストロークが安定するのは250ミリになります。自由に形作るためには、断面の種類も揃えましょう。出番の多い順では、平、甲丸、そして丸型は径6ミリくらい。これらは木工でもよく使います。ここまでは応用が利く、基本のヤスリ。このあとは、少しずつ種類を充実させましょう。なおワイヤブラシも必需品なのでお忘れなく。

ヤスリと目の粗さ |番手

目の粗さ(粒度)概要
 #30 – #100粗目(あらめ) カンナが掛っていない原材の表面を削ったり短時間に深く削り込みたい場合に使用、数値が小さいほど目は大きく粗くなる。
 #100 – #200中目( 中目)研磨面は塗装の下地としてはまだ粗過ぎて不十分だが、かなりすべすべした感じの状態にできる。
 #200 – #400細目(さいめ)かなり細かなもので、塗装前の下地研磨として最適な細かさになってくる。

ヤスリ(鑢)の定番|メーカー価格比較

SUN UP  おすすめ ダイヤモンドヤスリ

 ダイヤモンドヤスリ 3本組 チタンコーティング 140mm

細かい精密な研磨作業用チタン加工してあるから寿命が長い。
やすり面:平・半丸・丸の3本セットのダイヤモンドシャープナー。

シントー 神東  おすすめ ヤスリ

 シントー 鋸ヤスリ S

目詰まりがなく、シャープな切れ味。【特長】・金属・木材・プラスチック・石膏ボード・皮革等の表面加工に最適です。

シントー のこやすりS 200mm【あす楽】
価格:978円(税込、送料別)

ヤスリ(鑢)の使い方 |やすりがけの仕方

ヤスリ操作の基本は鉄エヤスリにあります。平面を削り出す、研削作業を見てみましょう。まず材料は万力に固定し、体の姿勢を決めます。足の位置は図のように、ヤスリを押す方向によって決まります。次にヤスリの両端を水平に持って材料に当てます。そして柄を持つ手のひじが水平になるまで腰を下げます。この姿勢をとれば、手の動きは直線のストロークで動かせます。

ヤスリは軸方向に、材料に対しては斜めに動かします。斜めにする、ひとつの理由は材料の共振を防いで、食いつきをよくするためです。端から順に削って反対の端までいったら、次は交差方向に削ります。研ぎ目も交差します。

これで筋状のキズは相殺され、また取り切れない凹凸もよく見えます。これが2つ目の理由です。ヤスリは材料に押し付けながら前進させて削り、力を緩めて引きます。
切り粉の目詰まりは、引きずられることで大かたは落ちます。

正確な平面を削り出すには、手の水平ストロークを材料面に正しく合わせる必要があります。仕上げに近づいたら、図のようにヤスリの中央を手で押し、密着させてヤスリの角度を出します。その角度を守って削る要領です。点検はスチール尺を対角線に当ててすき問を見ます。すき問がなくなったら完了です。

途中、切り粉が詰まったらワイヤブラシで落とします。複目なので、上目下目とも線に沿ってブラシがけします。銅やアルミ合金など、目詰まりが予想される場合は、あらかじめヤスリに黒板用のチョークを塗り込む方法もあります。

鋳物の表面、あるいは「先端焼き入れ」された部品や道具の表面などは、複目で削っても滑るばかりで歯が立ちません。このような硬い表面は、鉄エヤスリの「こば」にある単目で一皮むいてから、そのあとを複目で削ります。ちなみに反対側のこばには目がありません。ここは「こば」を使うのではなく、ヤスリ面の縁がとがっているのを利用して、隅まで削るための形状です。四角い窓抜きなどでは、ヤスリのとがったほうをカドに向けて削ります。

鉄工ヤスリの使い方

鉄工ヤスリの使い方

木材を削る木エヤスリの使い方も基本的には同じ。ストロークを生かした操作です。ただ、木材には木目に沿った繊維の方向性があります。逆目に削れば繊維をめくり上げてしまい、板の端を外向きに削れば欠けてしまいます。いつも木目をなでつける方向を探して削るようにします。

オニ目は、特に鋭い荒削り用なので効率よく削れます。そして荒れた研ぎ跡は裏側の複目で整えます。ぎりぎりまで削り、最後の0.5ミリほどはサンドペーパーまたはドレッサーで仕上げます。

木工ヤスリの使い方

木工ヤスリの使い方

ダイヤモンドヤスリの場合は関係ないが、木エヤスリや鉄エヤスリは研磨方向が決まっている。押す際におもに研削が行われるように作られている。これを忘れて引く時に力を入れて作業すると、意外なほどけずれない。

また、通常は片手で持つて作業するものだが、長めのヤスリの場合は、もう片手で先端部分を持つといい。こうすると材料に対する押しつけを強くすることができるので、研削効率がアップする。
ヤスリは使つていると研削クズによって目がつまり、作業効率が悪くなる。

目がつまったら真ちゅう製のワイヤーブラシでこすってクリーニングすればいい。また、使つた後も収納する前にはクリーニングしておくこと。研削クズが残っているとさびが発生しやすくなる。

木工ヤスリの使い方2

木工ヤスリの使い方

木工の場合、鬼目で荒けずりを行ったうえで、シャリ目で仕上げていくのが基本

動画 ヤスリ(鑢)の使い方|初心者向き

ヤスリ(鑢) 便利グッツ

スポンジヤスリ

最近、さまざまな場所で販売されるようになっているのがスポンジヤスリです。
硬めのスポンジの表面にサンドペーパー同様の粒子がつけられたものです、色々な番手のものがあります。平面は勿論、弾力があるので多少なら曲面でも研磨することができる、また角の部分を使えば入り組んだ部分にも使える、こうした作業がやりやすいように鋭利な角を備えたものもある。

3M スポンジ研磨材 スーパーファイン おすすめ

ドレッサー |サンドペーパー感覚のヤスリ

ホルダーにセットしたサンドペーパーのような感覚で使えるものがドレッサーです。この名は登録商標であり、他のメーカーのものもあるためハンドサンダーと呼ぶ人もいる。平面用や曲面用、コーナー用などがある。研磨面は強烈なサメ肌という感じ。

細目、中目、粗目(荒目)があり、作業に合わせて順次かえていくことも可能。永遠に使えるわけではないが、寿命はサンドペーパーの200倍といわれている。能力が低下したら新しいものに交換すればOKです。

NT(エヌティー) ドレッサー 中目 L-30P

番外 ヤスリ |プラモデル用ヤスリ

ヤスリステック

動画 ヤスリスティックの作り方

ヤスリスティック HARD-2 (細型) #400

ヤスリ ほう台2

プラ板やプラ棒の切断面をヤスリがけする時に役立つ、組立式のガイドセット。ガイドの使い方により、切断面を90度、45度に仕上げることが可能です。

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電子工作工具活用ガイド 著者:加藤芳夫 電波新聞
4. 道具の徹底使用術  著者:荒井章 山海堂

スポンサーリンク
Google+
facebook Like Box
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です