ディスクグラインダーの正しい選び方、使い方、手入れ【図解】

ディスクグラインダー イラスト

ディスクグラインダーとは

グラインダーとは砥石を使って研削を行う工具のこと。そのうち砥石が円板状のディスクになっているのがディスクグラインダーだ。

研磨というよりも「研削」がメイン。ディスクグラインダーは金属をガンガン削り落せる、パワフルなサンダーです。これがあれぱ金属もコンクリートも、工作の材料になります。住まいの修理にも大活躍する頼もしい1台です。

「グラインダー」と名が付くように、ディスクグラインダーが本領を発揮するのは、研削砥石を付けた時です。砥石がすり減るごとに、新しい砥粒に置き換わる「自生作用」で切れ味を保ちます。この砥石は、約1万回転/毎分もの高速で回つています。切りクズの排出性も高く、金属の研削には最適です。
本体は棒状で、自由な向きに持ち替えられる形です。また補助ハンドル付きの機種は、位置も変えられます。高トルクで反動も大きく、一定の回転で使うので、後部にトグルないしシーソースイッチが付くのが基本形です。なお、よく似た外観の「ディスクサンダー」は本体の構造はほぼ同じ、装備品の違いです。

ディスクグラインダー 名称

ディスクグラインダーの機能

標準装備されているオフセット研削砥石で、金属のバリ取りや面取りができる。ディスクを切断砥石に交換すれば、金属の切断も可能。

そのほかにも装着できるものは多彩。レンガや石材を切断できるダイヤモンドホイール、サビ落としなどに使うワイヤーブラシ、紙ヤスリによる研磨ができるサンディングディスク、さまざまな研磨に対応するマルチディスクなどがある。マルチディスクは多羽根ディスクともいい、回転軸には多数の紙ヤスリ状のものが配してある。木材の粗けずりにも活用できる。

ディスクグラインダーは製品ごとの能力の違いがあまりない。ディスク径には100㎜、125mm、150mm、180mmなどがあるが、扱いやすくディスクの種類が豊富な100mm径がベストな選択。

低速型や速度を切り替えられるものも少数あるが、毎分1万回転前後の一般的なもので十分。
なくても作業可能だが、サイドハンドルがあると本体を支えやすいこともある。
標準装備かオプション対応できるものを選んだほうがいい。なお、充電式の能力も高まっているが、主流はコード式だ。

ディスクグラインダー ディスク種類

上段左からホイールカバー、マルチディスク2種、下段左からオフセット切削砥石、ラバーパッドとサンディングディスク、ダイヤモンドホイール

ディスクグラインダーの用途

強力な研削能力を活かした加工が中心です。研削砥石での金属のバリ取り、切断、溶接部分のはがしなど。刃物では切りにくい鉄や金属も、削り落せば可能です。ただ、円の外周を当てるので、平面には仕上げにくい工具です。

ワイヤブラシやペーパーに換えれば、サビ落しや塗膜はがしなどの研磨も手早くできます。電動ドリルに付けた場合に比べ、回転数は約3倍もの高速なので効率的です。ディスクの選択によって、窯業系の材質も切断が可能。この場合、研削砥石のほかには、ダイヤモンドホイールも使われます。このように硬くて加工できなかった材質も、ディスクしだいで可能になるところが魅力です。

ディスクグラインダー 用途

ディスクグラインダーのディスクの選び方

ディスクグラインダーに取り付けられる、代表的なディスクを図にしました。
これだけ使い分ければ、金属を主体に研削、切断、研磨、サビ落しがすべてこなせます。サイズを確かめたうえで揃えるとよいでしょう。

ディスクグラインダーのサイズは、装着できる「研削砥石」の外径で表示されます。例えば径100mmサイズの場合。使える砥石は外径100mm、穴径は15mmが標準です。この穴径は、ロックナットの筒部分の寸法で規制されます。

ダイヤモンドホイール」は丸ノコとの互換性のために穴が大きく、すき間はリングで調整するようになっています。リング装着で20→15、22→20mmという具合です。しかし、本体の設定よりも大きいディスクは避けましょう。また機種によっては、ロックナットを裏返せば穴径20mmも取り付け可能なディスクグラインダーもあります。一度確かめておくとよいでしょう。
次に「ワイヤブラシ」の場合は、スピンドルの「ネジ径」に合わせます。例えば径100mmサイズのディスクグラインダーのネジ径はM10(径10mmのメートルネジ)。このネジが合えば取り付けられます。紛らわしいのは、「軸付きワイヤブラシ」です。これは電動ドリル用なので、取り付けられません。

ゴムパッド」は専用のロツクナットで取り付けます。パッドはサンディングディスクよりも小さくできていますが、M10を目印にして選べばOKです。

ところで、研削砥石には「周速度4300m/毎分以下で使用」などの制限が書かれていることをご存じですか。これは砥石が割れずに使える速度を示したもので、回転数ではなく外周の速度で表します。これが径100mmの砥石に書かれていたとしましょう。 1万回転/毎分の機種で径100mmの砥石を回した場合、周速度は3140mであり制限以下なので、この砥石は使用できます。

ディスクグラインダー ディスク種類2

アマゾン  ディスクグラインダー  アクセサリー

ディスクグラインダーの選び方

ディスクグラインダーの購入を考えている方の約半分は、すでに電動ドリルを使用されているのではないかと思います。電動ドリルに「軸付砥石」や、「ゴムパッド」、さらに「バフ」を付けても、不充分ながらディスクグラインダーに似た作業ができます。

ただ決定的に違うのは、回転数が低いことと、材料に当てる角度を保持しにくいことです。研磨よりも研削・切断の場面で実感します。

研削用の「ディスクグラインダー」と研磨用の「ディスクサンダー」の本体は同じで、スピンドルのネジサイズも同じです。どちらから使い始めても、部品の買い足しで両方の機能を手にできます。それなら、研削機能のほうが切実でしょう、「ディスクグラインダー」から入ることをお勧めします。

選ぶ際に重要なのはサイズです。砥石径100~180mmの範囲で選べます。とくに広い面積の作業でなければ、径100mmがよいでしょう。標準的なサイズで、機種も多く出ています。そして砥石が隅までよく届くので小回りがききます。逆に、これより大きい機種は、かなり重くなってしまいます。

ディスクグラインダー おすすめ ネット通販サイト 価格比較

アマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋のディスクグラインダー 人気ランキングです。

アマゾン ランキング  おすすめ ディスクグラインダー

アマゾンのおすすめ ディスクグラインダー ランキングです。一時間毎に更新されます。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Deskgrinder1

アマゾン ディスクグラインダー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

Yahoo!ショッピング  ランキング ディスクグラインダー

現在のYahoo!ショッピングの売れ筋ディスクグラインダー ランキングが下記とおり。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Yahoo! ディスクグラインダー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

おすすめ 楽天ショップ ランキング ディスクグラインダー

現在の楽天ショップの売れ筋 ディスクグラインダー ランキングは下記のとおり。

最新ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。
楽天  ディスクグラインダー 売れ筋ランキング
Deskgrinder3

楽天  ディスクグラインダー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

 ディスクグラインダ おすすめの定番|メーカー 価格比較

マキタ ディスクグラインダ AC100V 砥石径100mm M959

アマゾン 楽天

E-Value ディスクグラインダー 100mm 550W EDG-550

研削砥石寸法:外径100×厚さ6×内径15mm
回転数:11000min-1
電源:AC100V
電流:5.7A
消費電力:550W
コード長:2.3m
重量:1600g
セット内容:研削砥石36P・ロックナットレンチ・サイドハンドル・予備カーボンブラシ

アマゾン 楽天

リョービ(RYOBI) ディスクグラインダ 砥石径100mm G-1030 625100A

握り径:57mm
砥石径:(外径)100mm、(内径)15mm、(厚さ)4mm
回転数:11,000min-1
電源:単相100V
電流:6.6A
消費電力:640W
最大出力:850W
電源コード:2m

アマゾン 楽天

BOSCH(ボッシュ) ディスクグラインダー PWS1

600Wハイパワーモーター
利き手を選ばない4方向ヘッド
ジャストフィットグリップ&手元スイッチ
安全重視の装備

アマゾン 楽天

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク