ベルトサンダーの正しい選び方、使い方

スポンサーリンク
ベルトサンダー イラスト

ベルトサンダーとは

ベルトサンダーはキャタピラーのようにつながれたサンドペーパーを連続的に循環させることで研磨を行う。広い面が一気に研磨できる。

ベルトサンダーは、研磨ツールの中では、最も強力で広い面を整えたり、角を削り取るなどの成形加工にも使用可能ですまた、サンディングスタンド等でマシンを固定すれば、小さい部材の角落としや形成加工も簡単にできます。

ベルトサンダー 名称

ベルトサンダー 名称

ベルトサンダーの機能、使い方

ベルトサンダーはサンディングベルトが一定方向に移動するので研磨クズの排出能力が非常に高く、作業スピードも速い。ベルトを支える部分が金属面なので、きれいな平面を作ることができる。木目方向にそって研磨すると、木目をいかした仕上がりになるし、金属表面をヘアライン加工することも可能です。

また、上下逆にして作業台に固定すれば、卓上サンダーとしても使える。そのため、上面が平坦にされていたり、固定用のクランプが付属している製品も多い。卓上サンダーにすれば小さな材料が研磨しやすくなる。

ベルトサンダーは材料に乗せるとベルトの動きで前進しようとする。この動きを少しおさえるような感じで前進させながら研磨し、ある程度まで進んだら全体を引き戻し、また前進させることを繰り返す。ベルトがずれるので横方向に動かしてはいけない

ベルトサンダーベルトサンダーの前後を両手で持ち、前進しようとする本体を手前に引くような感じで前進させていく。

ベルトサンダー2専用のクランプを使えば作業台にベルトサンダーをしつかり固定できる。この状態で小物の研磨を行う

ベルトサンダー サンディングベルトの交換

サンディングベルトは専用のものを使用するしかない。木工用や鉄工用、石材用などにさまざまな目のものが販売されている。交換方法は非常に簡単だ。レバーなどを操作することでローラーの位置が移動し、ベルトの張りがゆるめば、横にずらせばベルトが取り外せる。装着は逆の手順でOKだが、ベルトを正しい位置にセットするように注意しよう。

ベルトサンダー サンディングベルトの交換1ベルト張りレバーを立てて口-ラーの位置を動かし、ベルトの張りをゆるくする

ベルトサンダー サンディングベルトの交換2横にスライドさせてベルトを抜き、新しいベルトを指定の向きで挿入し、レバーを倒す

ベルトサンダー サンディングベルトの交換3自動調整機構を備えた製品なら多少位置がずれていても試運転すれば正しく収まる

ベルトサンダーの選び方

基本的な構造や扱い方はどの機種も同じですが、機種により様々な特徴が有ります。下記のポイントを比較して自分に有った機種を選択してください。

ベルトサンダー パワー

出力が大きい物ほどパワーが有り、研磨能力が高い。

ベルトサンダー ベルトサイズ

ベルトは、幅100mm(周長610mm) と 76mm(周長533mm) が標準サイズ。
76mmタイプは、アメリカの3インチ×21インチに対応したサイズです。

ベルトサンダー スピードコントロール

最近のモデルには、だいたいスピードコントロールが付いています。(無段変速など)

ベルトサンダー 集塵機能

屋内で使用する場合、集塵機能は重要です。集塵機(掃除機)に取り付けられる物がオススメです。

ベルトサンダーの定番|メーカー 価格比較

スポンサーリンク

おすすめ マキタ ベルトサンダー

リョービ(RYOBI) ベルトサンダ 76×533mm BE-3210 637521B

ベルト寸法:76×533mm
ベルト速度:3.8~5.8m/s
電源:単相100V
電流:6.5A
消費電力:620W
電源コード:2.5m

マキタ おすすめ ベルトサンダー

マキタ ベルトサンダー M990

ベルトサンダー メンテナンス

ベルトのクリーニング

作業を効率良く行う為には、研磨材の間に詰まったカスを取り除く事が非常に重要です。定期的に汚れを取り除けば、ベルトも長持ちします。

また、ベルトクリーナーという商品を使用すると更に綺麗にクリーニング出来ます。 価格は、400円程度で、かなり沢山使えます。

動画 おすすめ ベルトサンダーの使い方

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電動工具 徹底利用術 著者:荒井 章

スポンサーリンク
Google+
facebook Like Box
  • このエントリーをはてなブックマークに追加