ワイヤーブラシの正しい使い方、選び方

Google Translator
スポンサーリンク
ワイヤーブラシ-イラスト

ワイヤーブラシとは|英語:Wire-brush

サビ落としやクリーニングに使える強カブラシです。

毛に相当する部分が金属で作られており金属のサビ落としや塗装はがしなど荒っぽい研削作業に適しています。

ワイヤーブラシの材質と種類|ステンレス&真鍮

ワイヤブラシは素地を荒らしても、削ることはないのでサビ落としに適しています。ブラシの毛に相当する鋼線には、材質としてピアノ線(ステンレス)と真ちゅうが使われています。そしてどちらにも直毛とちぢれ毛があります。

ステンレスブラシ

ステンレスブラシ(ピアノ線)

真鍮ブラシ

真鍮ブラシ

平面のサビ取りにはピアノ線の直毛、棒材やすき間にはちぢれ毛が適します。真ちゅうブラシは細くて軟らかいので磨きが主体。ヤスリの研ぎキズを消す時にも使います。ガンコなサビには適しません。

形の種類から見ると、ブラシの真上を握るタイプには小判型と角型。これらは力を入れて磨く強力型です。柄付きタイプには細長や幅広型があります。こちらは、複雑な曲面や狭い部分を磨くのに適し、専用の形が豊富に揃っています。

変わったところではワイヤデッキブラシ。これはスレート瓦やブロック塀のコケ取り、広いトタン屋根のサビ取りに使います。小さいタイプでは筆型。狭いすき間の奥など、ブラシを動かす余地がない部分を磨くのに使います。これらワイヤブラシは主に金属用ですが、特殊例としては焼き杉のように、木材表面をかき落として木目を浮き出すのにも使われます。

ワイヤーブラシの種類

ワイヤーブラシの種類 : 画像出典先:道具の徹底使用術  著者:荒井章

ワイヤーブラシの選び方

ワイヤブラシは使い分けるのが基本で、万能と呼べるタイプがありません。比較的用途が広いのは柄付きの「大曲がり」。これに棒状の真ちゅうブラシを1本持っていれば便利です。これを基に、自分の作業領域に合った種類を増やしていくとよいでしょう。またサイズ表示はありません。作品や修理箇所のようすで作業を想像し、ブラシの操作方向や動かす余地も考え合わせて選びましょう。

ワイヤーブラシの定番|メーカー 価格比較

スポンサーリンク

ベストツール おすすめワイヤーブラシ

SBS 3本組ワイヤーブラシ スモールサイズ S-105

セット内容:真鍮ブラシ、ナイロンブラシ、ステンレスブラシ
用途:真鍮/ガスレンジの目づまり、プラグのカーボン取りなど。ナイロン/サンディング後の掃除、汚れおとしなど。

ワイヤーブラシの使い方

サビ落としには鋼線のブラシで往復操作するのが効果的です。歯磨きと同じで、毛先が折り返す時にサビ穴の深部に届きます。塗膜はがしの場合は、浮き上がった塗膜を引っかけることで、はがれるきっかけをつくります。

タテヨコに向きを変えてまんべんなく磨きます。木材の上の塗膜では、はがれる前に素地まで届いてキズになります。これはサンドペーパーのほうが適しています。

紙ヤスリとの比較

紙ヤスリとの比較

真ちゅうブラシは、荒れやキズが少ないので磨きが主体です。それでも折り返していると、細かい磨きキズが付きます。仕上げはクツ磨き式にブラシを動かします。
真ちゅうブラシブラシは復元力が弱く、毛先が曲がりがちです。その場合は直毛(ピアノ線)のワイヤブラシで延ばします。毛先から浅くすき始めて、しだいに奥へ進む要領です。側面の反り返った部分は、ラジオペンチで途中を曲げ起こします。

ワイヤーブラシかけ作業

ワイヤーブラシかけ作業

ワイヤーブラシの使い方 ポイント

ワイヤーブラシの使用で注意したいのはブラシの使いわけです。ステンレスブラシのほう
が研削能力が高いが、鉄のサビ落としをステンレスブラシで行うと、サビだけでなく材料
の鉄もけずれてしまう。サビがひどい時はステンレスブラシで始めることになるが、ある
程度まで落ちたら真ちゅうブラシにかえて作業します。

ステンレスブラシ 使い方

ステンレスブラシはパワフル。サビを簡単に落とすことができるが素材にキズを残すこともある

真鍮ブラシ 使い方

真ちゅうブラシはワイヤーブラシのなかでは優しい存在のもの。素材にキズをつけることが少ない

ナイロンブラシ

ナイロンブラシ:ステンレス、真ちゅうにナイロンブラシが加えられた3本セットも多い。サビ落とし後の粉を払つたりするのに便利

ワイヤーブラシ 便利グッツ

ワイヤーブラシの作業では、柄がじゃまになって入り組んだ部分がこすれないこともある。こうした部分は棒ヤスリ照)で磨いてもいいのだが、写真のような変形したものや、通常より小さなサイズのものを持つていると、けっこう便利。

SUN UP    おすすめワイヤーブラシ

ハンディーブラシ 先曲り 塩ビ

キャプテンスタッグ  鉄板焼器・アミ用ブラシ

グリル網の焦げ落としにおすすめ。

ブラシの柄を持ってこすれるので手が汚れない、ダッチオーブンのこげ落としや、ヘラ部分で鉄板のお掃除にも最適。

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電子工作工具活用ガイド 著者:加藤芳夫 電波新聞
4. 道具の徹底使用術  著者:荒井章 山海堂

スポンサーリンク
facebook Like Box
Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です