グルーガンの正しい使い方、選び方、手入れ【図解】

スポンサーリンク
グル―ガン イラスト

グルーガン、ホットメルトとは?|英語:Glue Gan

熱で溶けたプラスチックを接着面に送り、冷えて固まって接着できるのがグルーガン。接着力は弱いが仮どめには非常に便利です。プラスチック・金属・木・布等を工作をする時の接着に使用できます。

金属同士の仮止めとして良く使用されます(但し、強度は低いです)

グルーガンで使われる接着剤をホットメルト接着剤といいます。普通、グルースティックと呼ばれているものです。(ホットボンドと呼ばれることもあり)
グルースティックは、固形樹脂でできているロウソクのようなものでグルーガンで熱っすることで溶け、冷えれば即接着力できるというものです。

グル―ガン

グルーガン

グル―ステック カラー

グルーステック カラー

グールガン、ホットメルトガン、 ホットボンドガンの違い

グルーガン及びホットメルトガンはグルースティック(ホットメルト接着剤)を溶かして接着したいモノに塗布する道具です。

一般にアクセサリー工作、プリザーブドフラワー工作用に使用されるモノはグールガンそして使用する接着材はグルースティックと呼ばれます。

主に製本に使用される場合にホットメルトガンと呼び、使用する接着材はホットメルト接着剤と呼ばれます。

ホットボンドガンも名称は違いますは内容はグルーガンと同じです。

上記の商品は主に家庭用、DIY用に使用されるが工業向けに使用されるモノとしてはホットメルトアプリケーターと呼ばれる商品があり、ホットメルト接着剤をタンク内で加熱溶融して、ポンプで圧送し、ガン先にて塗布を制御し、効率的に大量に接着が可能です。

ガンの種類により 点塗布、線塗布、面塗布、スパイラル塗布、スプレー塗布、ロール塗布など、多種多様な塗布方法があります。

ホットメルトアプリケーター

ホットメルトアプリケーター

工業用ホットメルト塗布  ホットメルトアプリケーター 動画

グルーガン、ホットメルトガン、ホットボンドガンの構造、原理

グルーガンはホットメルトガン、ホットボンドガンと呼ばれることがありが基本は同じくホットメルト接着剤を溶かす道具である。

グルーガンにはセラミックヒーターで発熱させるタイプのPTCヒーター型とニクロム線を用いて発熱させるニクロム線型のふたつがあり、安価なグルーガンは温度調節が変更できないPTCヒーター型を採用している。

信頼性が必要とする工場で使用されているのは温度調整が変更可能なニクロム線型グルーガンを採用し、溶解温度を管理し品質を確保している。

種類 特長 欠点 主な用途
セラミック 構造が簡単、安価、温調器不要、温度変化が少ない。 電圧を変えても温度は変わらない。強い衝撃で割れることがある。 ホビーなどの軽作業用。
ニクロム線 高価、温調器が必要。
大型化、高温化が可能。
電圧によって温度も変わる。ハイパワー化が可能。
温度調節器が必要。
安全用に温度フューズが必要、構造が複雑になりその分故障も増え価格も上がる。
工場での連続作業用に。
PTCヒーター(セラミックヒーター)構造図

PTCヒーター(セラミックヒーター)構造図

※セラミックヒーターはPTCヒーターとも呼ばれる。
特殊な粉末を、長方形に成形し、高温で焼き固めてその両面に電極を取り付ける。
セラミックの電気抵抗によって、発熱する、温度の上昇に伴って抵抗値が上昇すると電流は減少して、発熱量も減少するので温度の上昇が押さえられて温度が一定になる。温度調整を必要と知る部品が不要なので安価に製造、販売できる利点があり、現在、市販品のほとんどがこのタイプです。

但し、強い衝撃を与えるとヒーターが割れたり、ヒビが入ったりして温度が上がらなくなります。
品質の悪い物は、製造したときには上がっていても、3ヶ月、6ヶ月と時間経過と共に抵抗値が上がり、温度が上がらなくなってしまいます、ニクロム線ヒーターではこのようなことはない。

グルーガン、ホットメルトの市場

グルーガンは、ホットボンドガンホットメルトガンなどとも呼ばれる。棒状の熱可塑性プラスチックを熱で溶かし、冷えて固まっていく過程で周囲のものを内部に取り込み、接着が行われる。

工作ホビーや手芸など小さなものや軽いものの接着に使われることが多いが、木工をはじめさまざまな作業でも仮どめとして使えます。

又、電気製品、自動車の内装および建築資材を工場で生産する際にも手軽に接着できるので多くの工場、建築現場で使用されています。

ホットメルト接着 事例

ホットメルト接着 事例

グルーガン パッキング、梱包、包装  ホットメルト市場

ホットメルト接着剤は、工場で包装する時には定番の接着剤です。

ダンボールや化粧品箱の封函及び他の接着剤では接着の難しい発泡スチロールなどの緩衝材の接着にも使用されます。他にも紙器や折箱、サンプルの固定にも使用されています。

ホットメルト接着剤 使用事例

ホットメルト接着剤 使用事例  包装

グルーガン  電気製品  ホットメルト市場

電気関連業界においては、ホットメルトは主にパソコン及び周辺機器等の精密機器内部の接着などに用いられております。

具体的には下記のような事例があります。

・電気基盤(PCボード)上のコンデンサー等の電子部品の固定・防振補強・絶縁・カプセル化。
・ハンダ付け部の補強。
・コイル・コネクター・ハーネス部の充填・絶縁・シーリング。
・ワイヤー・ケーブルの結束と固定・ゆるみ防止。

電気製品 ホットメルト 使用事例

電気製品 ホットメルト 使用事例

グルーガン 自動車工業等製造組立  ホットメルト市場

ホットメルトは自動車の内部部品やフェルト材の固定にも使用されています、又、組立工場においてアルミケースや楽器ケースの緩衝材を固定するなどの用途としてもホットメルトを使用されています。具体的には下記にような例が挙げられます。

「ダッシュボード防振補強材の接着、ヘッド・リヤーランプケースの接着、ドアー内装材、断熱防音防振材、フィルター、組立工程上の仮留めなど」

ホットメルト接着剤 使用事例 自動車内装

ホットメルト接着剤 使用事例 自動車内装

グルーガン 建築・インテリア   ホットメルト市場

ホットメルト接着剤は、インテリア、建築業界でも活用されています。

例えば断熱材フォームの接着、タイル・クラックの補修や防水シールに使用しております。また、カーペットや畳のほつれ止め、畳表の接着にも使用されています。下記のような使用例があります。

「断熱材フォームの接着、台所防水シート、畳表切断時ほつれ防止、屋根、ベランダFRP、クラック、タイルなど」

ホットメルト接着剤 使用事例 建築

ホットメルト接着剤 使用事例 建築

グルーガン 玩具/装飾/皮革業界   ホットメルト市場

ホットメルト接着剤なら秒速接着が可能で玩具、装飾品、皮革業界においてもホットメルト接着剤は使用されています。

ホットメルト接着剤の成分は人体に無害なものが使用されているため食品工場でも使用されており、人形やぬいぐるみなど直接手に触れる玩具でも、安心してお使い頂けます。

また、靴、カバン、ベルトといった革皮用の糊としても用いられております。其の他、民芸品や造花、凧、アートフラワー、リボン、スリッパ、ボタン、布のほつれ止めといった装飾品でも使用されています。

ホットメルト 革皮用接着材

ホットメルト 革皮用接着材

グルーステック(ホットメルト接着剤)とは?

“ホットメルト型接着剤”を円柱状に成形したものです、菓子・薬・おもちゃ・段ボール箱・自動車部品・電機部品・木工品・などの封緘、組み立てなど、私たちの身の回りで沢山使われています。名前(英語:glue-stick のり-細い棒)の様に、高温で加熱するとドロドロに溶け、冷えると又元の固形状に戻る棒状の接着材です。

グルーガンで熱すればドロっと溶け、冷えれば即接着力が出ます。包装業界のみならず電気、木工 などアセンブリーの用途など幅広い業界で使われております。

ホットメルト接着剤

ホットメルト接着剤

グルーガン ホットメルト接着剤の歴史

~紀元前 石器時代に槍ををつくる際刃である黒曜石をアスファルトを熱で溶解して接着し固定し使用したと考えられ、これがホットメルト接着剤の原型となる。
1952年~ 製靴用接着剤(ポリアミド系)やミルクカートン容器のコーティング剤がとして米国でホットメルト接着剤として市場に出回る。
1961年~ 米国でホットメルト接着剤を使用した子供用紙オムツの生産が始まり、エチレン・酢酸ビニル共重合体(EVA)が米国で工業化され、そのブレンド技術が発達するとともに塗布装置も開発されてホットメルト接着剤が本格的に広まる
1976年 生産性や接着性の向上を図る目的で、EVA系ホットメルトから、ラベル用途で実績のあったゴム系ホットメルトが日本で初めて紙オムツ用の実用化される。
1996年 建築資材用途に湿気硬化型反応性ホットメルト(PUR)が開発される

グルーガン ホットメルト接着剤を使うべき利点

グルーガン 作業の効率化~便利な秒速の作業性

秒速での作業により、工程短縮が図ることが可能です、使い方は極めて簡単。ガンの電源を入れ、引き金を引けば、溶けたホットメルトが吐出されます。あとは、接着したい箇所を押さえるだけです。

グルーガン 軽く、小さく~女性扱いやすい

女性にも使用可能な小型・軽量のガンから、プロ向けのより高性能なモデルまで幅広い商品がラインナップされている。

経済性が高い~時間の削減、スペースの低減

必要量だけを溶かして使用するホットメルトは、接着剤のロスを生みださない経済性が高い商品です。秒速接着するため、乾燥のための時間や場所も必要ありません。

環境に優しい~有機溶剤等なし

多くのホットメルトは、食品衛生法にも適合する、環境や人にやさしい100%固形接着剤です。毒性・引火性のある有機溶剤やかぶれの原因となるアミンは一切含みません。

食品工場等でホットメルト使用を考えている時はホットメルトのメーカーからMSDS を取り寄せることができます。

MSDS ・・・Material Safety Data Sheet の略で、化学物質安全性データシートのこと。
化学製品を安全に取り扱うために必要な情報提供及び、化学製品に係わる事故を未然に防止することを目的に、製品の供給事業者から取扱事業者へ、該当製品ごとに配布する説明書のことです。

ホットメルト 規格 JAI-7

ホットメルト接着剤の規格として日本接着剤工業会JAI-7があり、各種の試験方法が定められています。

ホットメルト形接着剤試験方法(日本接着剤工業会JAI-7)
軟化点 接着剤が固体から液体状態へ変化する目安の温度を測定する。
ボール&リング法
40℃から毎分5℃上昇させボールが底板へ落下した時点の温度を測定。
粘 度
(B法)
接着剤のある一定の温度での粘度を測定する。
溶融量8g・10.5g・13g(ml)で一定の温度(例180℃±2)でスピンドルローターを回転させて抵抗値を測定。
オープンタイム 接着可能な時間の目安を測定する。
KライナーBフルート(220g/㎡)の段ボールで50×100mmの試験片を作成して、室温23±2℃・塗布温度180±2℃・塗布量3±0.3g/m・圧締時間2秒・圧締圧力2kgfの条件で塗布してから開放して80%以上の材料破壊がある所までの時間
セットタイム 接着剤の最低圧締時間の目安を測定する。
KライナーBフルート(220g/㎡)の段ボールで50×100mmの試験片を作成して、室温23±2℃・塗布温度180±2℃・塗布量3±0.3g/m・開放時間2秒・圧締圧力2kgfの条件で塗布してから圧締して80%以上の材料破壊が出る所の時間
熱安定性 加熱を加えて物性の変化を測定
1.粘度変化率 :180℃×72時間加熱して初期と加熱後の粘度変化を測定
2.状態変化 : 180℃×72時間加熱後、皮張り・相分離・炭化物・色相の変化を測定
硬 度 接着剤の硬さの目安を測定する。

詳細は下記のサイトを参考にしてください。

関連記事:ホットメルト接着剤の規格

グルーガン ホットメルト(グルースティック) 成分の種類

グルースティック(ホットメルト接着剤)は主原料によって何種類かあります。
接着する材料や目的に合わせて使用する事が必要です。

成分の種類 使用用途
EVA エチレン・ビニール・アセテートの共重合品で、最も一般的に使われているものです。
一般に販売されているグルースティックはこれです。
紙・木などに良く着き、使い易い汎用品です。
EMMA

新しく開発されたアクリル系ホットメルトでありPP・PVC・PET・ABS等のプラスティックの接着用に勿論、紙や木にも良く接着します。耐熱性が高い。
オレフィンAPAOP プラスティック用に開発されたもの、紙や木にも良く接着します
ポリアミド 透明な飴色で電気絶縁性が良いので、電機部品の接着、固定によく使われます。

ホットメルト 成分&種類表

関連記事:ホットメルト接着剤の成分&種類

グルーガン グルースティックの性能表

グルースティックの性能として接着強度、溶融接着温度、軟化温度の項目の性能表を用途別に記載しました。

又、グルーステックの絶縁性、耐熱性については金属性の材料が混入していなければ基本はポリエステル系の材料なので絶縁性材料として使用可能ですが電気の漏電等による端子部の発熱による発火の恐れがありますので耐熱性については確認することが必要です。

グルーガン 普及用グルースティック 接着強度、溶融接着温度

最も広く使われているものは主原料がEVA系と呼ばれるもので、配合する材料によって性質、性能も変わりますので用途によって選ぶ必要があります。
接着できる材料は主として、紙、木、ドライフラワー、コルク、発砲スチロールなどです。
一般的にプラスティック、金属、タイル、などには不向きです。

普及用 グルースティックの性能表例  ~(株)テクノス 

品番 タイプ 溶融接着
温度
粘度
CPS
軟化温度
CPS
CS727S 高温 クリアー
半透明
170以上 14,700 85
CS727S-M
CS727M
CS727L
WS729L 乳白色 4,700 98
YS722L 淡黄色 4,000
HPT2200 茶褐色 3,800 80
HI&LO-S,L 低温・高温
兼用
クリアー
半透明
120~180 6,000 81

手工芸用 グルースティック 接着強度、溶融接着温度

手工芸用に使用するグルースティックは火傷の危険性が少ないものが必要な為に低い温度で溶け、接着力が良くかつ透明度が高いモノが要求され、推薦されるグールースティックはHI&LO(低温高温兼用タイプ)が適当です。
グルーガンは低温タイプを使用します、但し、低温とは言え、溶かす温度は130℃くらいにはなりますので、小さい子供さんがいる家庭では注意が必要です。

手工芸用 グルースティックの性能表例~(株)テクノス 

タイプ 品番 溶かす温度 粘度 軟化温度
CPS/℃
低温・高温
兼用
3010 白色
半透明
120以上 6,600/
177
81
3210
高温専用 1010 170以上 14,700/
170
85
1111
1322 白色
半透明
透明度が高い
15,000/
170
1301

グルーガン グルーステック 適合材質

ホットメルト(グルーステック)の接着可能な材料(被着材)は紙・段ボール、コート・ワックス紙、ポリラミネート紙、繊維・布、皮革、ABS、アクリル、ナイロン、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポロスチレン、ファイバーグラス、FRP、フォーム(発砲体)、塩ビ、ゴム、硬い木、柔らかい木、砂(モールド)、パティークルボード、PCボード、アルミ二ウム、ステンレス、陶磁器がありその被着材に適合したホットメルト(グルーステック)があります。

金属を固定する際の接着用にも使用されます。

下表は接着剤を選定する際の目安となるもの表です。実際には、使用条件・作業環境等により相違する場合もありますので、テストをしてから使用してください。

ホットメルト接着剤&被着材適合表

ホットメルト接着剤 適合表

ホットメルト接着剤 適合表

ホットメルト メーカー

現在のホットメルト接着剤を製造、販売している主なメーカーは下記のとおりです。

旭化学合成(株)、加越(株)、東亞合成(株)、積水フーラー(株)、(株)クライベリットジャパン、石塚産業

又、DIYとしてホットメルト接着剤をアマゾン等で市販しているメーカーは下記のとおり。3M(スリーエム)、白光(HAKKO)、ESCO (エスコ) 、SODIAL

アマゾン ホットメルト 接着剤

グルーガンの選び方

グルースティック 接着強度 ポイント

グルーガンの接着強度はプロ用のモノはグルースティックの種類によっては、強力なものも販売されています。しかし、正しい選び方、使い方をしないと正しい強度は出ません。

グルースティックは溶かす温度が大変重要です。溶かす温度が低いと、十分な接着強度が出ません。
グルースティックは必ず溶かして接着する温度が指定されており、その温度に合ったグルーガンを使うことが必要です。

下記はグルーガンの接着強度がバラツク要因です。

①接着表面の汚れ、凹凸度

温度調整値のバラツキ

③塗布時の温度低下の度合い

④グルーステックとの適性およびグルーステックのバラツキ

環境温度、湿度、電圧変動

*上記のポイントを参考にして目的にあったグルーガンを選んで下さい。

グルーガン 標準タイプ(11ミリ)とミニタイプ(7ミリ)

グルーガンには、使用する接着剤ーグルースティックのサイズによって直径11mmのものと7mmの2種類があるんでサイズを間違って購入しないこと。

初めは工業用の11ミリのものが主流でしたが家庭用の小型で軽量の7ミリのミニグルーガンも普及してきました。

軽くて取り回しが楽なミニグルーガンは手芸などでの使用には適しています。

グル―ガン7mm 11mm

グルーガン7mm 11mm

グルーガン ホットメルト 適性温度:高温用と低温用

グルーガンには高温用と低温用があり、グルースティック(ホットメルト接着剤)にも高温用低温用があります。

当初は工業用の高温用だけでしたが家庭用に火傷防止のために低温用のグルーガンが開発されました。ミニグルーガンの多くは低温用ですが 高温用だったり、両方の切り替えができるものもあります。

高温用は180度位、低温用は130度位に設定されており、 パッケージ等の表示でされております、低温用のグルーガンで高温用のグルースティック(ホットメルト接着剤)を使うと接着強度が低下しますので注意しましょう。

グルーガンの温度は使用するグルースティック(ホットメルト接着剤)の性能(接着強度、溶融接着温度、軟化温度)に関連性が高く、影響します。

関連記事:グルーガン グルースティックの性能表

グル―ステック 高温用 低温用

グルーステック 高温用 低温用

グルーガン  価格比較 ネット通販サイト

アマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋のグルーガン の人気ランキングです。

おすすめ グルーガン アマゾン ランキング

アマゾンのおすすめグルーガンの価格比較です。一時間毎に更新されます。最新のランキングは画像をクリックすると表示されます。

アマゾン グルーガン ランキング

アマゾン グルーガン ランキング(現在2018年1月15日)

おすすめ グルーガン 楽天ショップ ランキング

楽天ショップのおすすめグルーガンの価格比較を知りたい方は下記をクリックしてください。
楽天 グル―ガン おすすめ

おすすめ グールーガン Yahoo!ショッピング ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋 グルーガンランキングは下記のとおり。最新の価格比較のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。


Yahoo!ショッピング グルーガン ランキング(現在2018年1月14日)

おすすめ グルーガンの定番|メーカー 価格比較

おすすめ グルーガンSK11  ボンドガン

家庭用 サイズ:7.5ΦX100mm

アマゾン 楽天

おすすめ グルーガン エンジニア 熱着ボンドプロSHB-01

コードレス ガス式グルーガン です、電気のない場所でも使用できます。

アマゾン 楽天

エンジニア/ENGINEER 熱着ボンドプロ SHB-01
価格:6017円(税込、送料別)

プリザーブドフラワー用グルーガンの選び方

フラワーアレンジ、リース作りに必需品の「グルーガン」。しかしグルーガンには、加熱温度が低温・高温のもの、ノズルが細いものといった色々な種類があるので、どれを選んだらいいのか分からない方も多いのでは?そこでプリザーブドフラワー用グルーガンの選び方のポイントをまとめました。

低温 グルーガンを選ぶべし

花びらが変色する原因になるので低温グルーガンがお勧めです、低温用は130度位の温度設定となりますが安価な製品には表示がないものもあります、良く見て、購入して下さい。

 EARTH MAN 乾電池式コードレスグルーガン GG-210CL

●フラワーアレンジメントに ●屋外作業に

プリザーブドフラワー対応グル―ガン

プリザーブドフラワー対応グルーガン

おすすめ プリザーブドフラワー対応グルーガン

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高儀 EARTH MAN 乾電池式 コードレスグルーガン GG-210CL
価格:1719円(税込、送料別) (2016/12/31時点)

グルーステック(ホットメルト接着剤)も低温用を選ぶべし

グルーステックも高温用低温用があります、間違って購入しないでください、接着できなくなります。

現在、市販で低温高温兼用グルースティックも売られています、低温高温どちらにでも使用できるので便利です。

グルースティック・低温高温兼用・EVA系HI&LO-S50本入りパック 小型ガンG4HS,G3H,G3LT用

おすすめ グルースティック・低温高温兼用

アマゾン 楽天

100均 グルーガン&グルーステック(ホットメルト接着剤)

100均のダイソー、セリアでの商品が人気です。

ダイソーでは価格は約350円、セリアでは100円から販売しています。消耗品であるグルースティックを販売して利益を確保していますのでグルーガンが格安で販売されています。

100均 グルーガンは安価なので色別にグルーガンを専用に使用したい場合、重宝します。

 100均 ダイソー グルーガン&グルーステック(ホットメルト接着剤)

ダイソーの100均のグルーステックは透明のグルーステックの方が固く、溶けだす温度は高いく、接着強度が強い。

黒色等の色が混入したグルーステックは柔らかく、溶けだす温度が低く、接着強度は弱い。

推定であるがダイソーの100均のグルーステックの場合は色つきのグルーステックは透明なグルーステックに色素を混入しているだけなので接着強度が低下すると思われる。

又、以前100円で販売していた100均 ダイソー グルーガンが200円に値上げされて色々、改良されて販売さている。その主な改良点は下記のとおり。

①AC電源の長さが長くなった。50cm⇒93cm

②操作レバーのガタツキ解消(操作レバーを変更)

③グルーガン設置用スタンドの収納部の追加

ダイソー 100均 グル―ガン 新旧比較

ダイソー 100均 グル―ガン 新旧比較

100均 セリア グルーガン&グルーステック(ホットメルト接着剤)

セリア製 グルーガンは格安の100円で販売していますがコードが20cmしかないので、延長コードが必要です、またグルーステックが溶け出す温度になるまで約5分間、待機しなければなりません。

100均 セリア グルーガン&グルーステック

100均 セリア グルーガン&グルーステック

グルーガン(ホットメルト接着剤)の使い方

ピストルのようなトリガー式のレバーで接着剤(熱可塑性プラスチック)を押し出すものもあるが、親指で押しながら使うものが多い。接着剤は細長い円柱状のものでスティックと呼ばれる。梱包などの業務用では太いスティックも使われるが、一般的に使われているのは7mm径前後のものと1 1 mm径前後のもの。 11mm径に対応したガンで7mm径のものは使えるが、逆は無理。スティック購入時には注意が必要だ。

電源を入れて加熱が始まると接着剤が溶けてくる。この状態でスティックを押すと、先端から接着剤が出る。接着面につけると10秒程度で硬化が始まるので、固定する材料をすぐに押しつける必要がある。使用していてスティックが短くなり、本体内に人つてしまつたら、次のスティックを入れて押せばいい。

仮どめに使用した場合、完成時に見えないグルーガンの作業中には接着剤が糸を引くことが多い位置ならそのままでもいいが、見える位置の場合は接着剤をはがす必要がある。再加熱す
れば軟らかくなるが、木材につけた場合は、 接着剤とのすき間に刃先の薄いマイナスドライバーなどを差し込むと、ポロッと取れることが多い。また、エタノールをつけた布を押 しつけることでも接着剤が取れやすくなる。

DIY グルーガン(ホットメルト接着剤)の基本の使い方

電源を入れる

グル―ガン 使用法 電源投入

グルーガン 使用法 電源投入

電源などのスイッチがあるものは少ない。
プラグを差せば加熱が始まる

接着剤棒を装着

グル―ガン 使用法2

使用法  接着剤棒を装着

温度が上昇するのをしばらく
待ち、セットした接着剤の後
端を押し込んでいく

グルーガン 接着剤量の調整

グル―ガン 使用法 接着剤量の調整

使用法 接着剤量の調整

加熱によって溶けた接着剤が
先端部分から流れ出す。押し
具合で出る量が調整できる

グルーガン 接着剤を塗布

グル―ガン 使用法 接着剤を塗布

使用法 接着剤を塗布

接着する部分に接着剤をつけ
る。少し多めだと思うぐらい
の量をつけたほうが確実

グールガンの塗布の仕方

塗布の仕方  出典先サイト:http://www.agusyornet.com/

接着状態の固定保持

グル―ガン 使用法 接着状態の固定保持

グルーガン 使用法 接着状態の固定保持

接着剤が冷える前に接着する
ものを押しつけて、しばらく
その状態を保持している

接着剤の硬化

グル―ガン 使用法 接着剤の硬化

グルーガン 使用法 接着剤の硬化

冷えるにつれて接着剤が硬化
していく。同時に透明だった
接着剤が乳白色に戻る

グルーガン 使用後

グルーガンが完全に冷めてから収納する。先端が熱いまま片付けたら残ったグルーが溶け出して、収納する容器に付着する。

ちなみに、残ったグルースティックも抜かずにそのままにする。無理にグルーを後ろから引き抜くと、グルーガンの内部にグルーが付いてしまい、次回にグルースティックを挿入できなくなる)

グルーガン DIY アクセサリー 工作 ポイント

グルーガン 布、金属、プラスチック、接着できないもの

グルーガンを用いたホットメルト接着の場合、被接着物の種類(布、金属、プラスチック等)によっては接着できない物、もしくは接着強度が著しく低い材料があります。

又、基本的にグルーガンは木材、布、紙などの表面が粗い素材には向いていいますが金属やプラスチックのような表面が滑らかなものには向いていません。布と金属の場合はエポキシ接着剤が向いています。

グルーガンを用いて接着するな場合の適合素材表(布、金属、プラスチック等)は下記の記事を参照してください。

関連記事:グルーガン グルーステック 適合材質

グルーガン ホットメルト接着剤の耐水性、絶縁性、耐熱性

グルーガンの接着剤はホットメルトなのでの耐水性・絶縁性には優れていますので水回りのちょっとしたもの接着や電気製品の一時的な補修に使用できます。

又、工業用に開発された絶縁性ホットメルト接着剤は電気製品等の内部の部品の固定に多く、使用されています、耐水性、耐熱性についても専用のホットメルト接着剤が開発、販売されてります。

ホットメルト(グルースティック) 成分の種類の記事を参考にしてみて下さい。

関連記事:グルーガン ホットメルト(グルースティック) 成分の種類

グルーガン ホットメルト接着剤の強度

グルーガンの接着強度は使用しているグル―スティック(ホットメルト接着剤)とグルーガンの塗布時の温度により決まります。

接着強度が高いモノが必要な場合は接着強度が高いグル―スティック(ホットメルト接着剤)を選んで下さい。

但し、塗布時のグルーガンの溶解温度が低いと規定の接着強度が得られないのでグルーガンの温度管理をしてください。

関連記事:グルーガン グルースティックの性能表

グルーガン  カラー グルースティック、色付け

アクセサリーを布、木材、金属を使用してグル―ガンでの作品を簡単につくることができますが製作時のポイントとしてホットメルト接着剤の色の混入があり、カラフルなアクセサリーをグルーガンで製作する場合、色の混入防止の為にグルーガンを専用することで対策が可能です。

カラーの数だけグルーガンがあれば、混ざった色の樹脂が出てきてしまう事は発生しません。その点、グルーガン自体は高価なモノでないので色別のグルーガンを準備することをお勧めします。

おすすめ BOSCH(ボッシュ) グルースティック  (カラー5色・各2本入) 

アマゾン 楽天

又、アクリル絵の具等を用いた「着色」もかなり重要です。
塗るカラーと、その塗り方によってアクセサリーの雰囲気がかわります。

グル―ガン アクセサリー

グル―ガン アクリル絵の具で着色

サクラクレパス 絵の具 アクリルガッシュ 12色13本(白2本)入り AGW13

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サクラクレパス 絵の具 アクリルガッシュ 12色13本(白2本)入り AGW13
価格:1352円(税込、送料無料) (2018/3/5時点)

グルーガン ホットメルト 液漏れ、液だれ

100円均のグル―ガンは使用中に液漏れ、液だれのトラブルを引き起こしやすい。少し、高価だが液漏れしないノズルが付いたグル―ガンがお勧めです。

100円均のグルーガンは使用していない時でも、ヒーター部分で溶けたスティックがノズルから液漏れ、液だれするからです。又、トリガーを引いた際の吐出量も一定ではありません。

おすすめ 藤原産業(SK11)のピタガン

液漏れ防止機能付きのノズル+安全ヒューズ付き。

トリガーの幅が広いものは握りやすいので吐出量が調整しやすく、一定。

アマゾン 楽天

グルーガンのホットメルト 剥がし方

接着、硬化済みのホットメルト接着剤を除去、取り除く方法として燃料用アルコー、灯油などをかけると除去しやすくなります。

又、ドライヤーで60~90度の熱を加えで再過熱すると外しやすくなります。

更にエンボスヒーター使用すればエンボスパウダーを溶かすために、約250℃の熱風が出るように作られていますのでホットメルト接着剤を除去しやすいです。

ドライヤーはJIS規格で、140℃以内の温風しか出ません。
しかし、エンボスヒーターはエンボスパウダーを溶かすために、約250℃の熱風が出るように作られています。

「エンボスヒーター」があれば便利で、グル―ステック(ホットメルト接着剤)の再利用にも使えます。

失敗してしまった場合の修正や再利用はもちろん、アクセサリーを作る過程でできた、硬化したグル―ステック(ホットメルト接着剤)や、色変えで無駄になったグル―ステックも(ホットメルト接着剤)、再利用可能になります。

硬化してしまったグル―ステック(ホットメルト接着剤)を、チップ状に切ってシリコン型に入れて、エンボスヒーターを温め、溶かして再利用することが可能です。

 呉竹 ヒーター エンボスヒーター SBEH321-100P 100V

アマゾン 楽天

動画 DIY グルーガンの使い方 工作

グル―ガン、ホットメルト接着剤のその他 用途

ホットメルトシート(ホットボンドシート) 製本機

熱でとける板状(厚さ0.8mm程度)の樹脂シートです。170℃程度で十分な粘着性を発揮しますので、アイロン等で溶かして使用します。一般の女性ファッション誌や少年ジャンプなどの雑誌、文庫本などもこの糊(樹脂)で製本されています。

卓上製本機としてホットメルト接着剤を使用した「背のり方式」の製本機が販売されています。専用のカバーを使って、熱でのりを溶かし仕上げます。

専用カバーを使用するためコストはかかりますが、本体価格がリーズナブルなものも多く、本格的な製本ができるので自炊製本機の中でも人気が高いタイプです。

溶けた糊は温度が下がると固まります。
背固めはボンドで代用する場合もありますが、ボンドの場合は、ボンドがしっかり固まるまで数時間放置する必要があります。ホットメルトでしたら数分で固まりますので、これを使うことで、面倒な背の加工の工程が劇的に楽になり、製本のスピードが格段に早くなります。裏面が粘着テープになっていて、あらかじめ背に貼ることで、ずれずにアイロンをあてることができます。

ホットメルトシートによる製本

ホットメルトシートによる製本

製本向けにキットとして下記の製品が販売されています。

製本機 とじ太君

製本機 とじ太君

卓上製本機とじ太くん  

●卓上製本機の元祖
●全国納入実績No.1(メーカー調べ)を誇る卓上製本機の大人気モデル
●製本サイズは、A5タテ、B5タテ、B5ヨコ、A4タテ、A4ヨコ、B4ヨコ、A3ヨコの計7種類に対応。

アマゾン 楽天

ホットメルト フィルム

ホットメルトフィルムは、熱可塑性樹脂を使用しており、加熱圧着により接着します。あらゆる材質の接着に対応できます。

用途:ナイロン・ウレタン・ポリエステル・EVA系などの熱接着およびラミネート

ホットメルト フィルム

ホットメルト フィルム

紙おむつ、ペットシーツ等にもホットメルト フイルムが使用されています。

ホットメルト 紙おむつ

ホットメルト 紙おむつ

ホットメルト紙  筥迫(はこせこ)作り

ホットメルト紙は、裏打ち紙です。
裏打ちとは、掛け軸や額装などを作る前段階で、作品の裏に別の紙や布をあてて補強し、パリッとした仕上りにして作品としての見栄えをよくするために行うものです。

昔は薄い和紙などに糊を貼って生地に接着していましたがホットメルト紙を使えば糊が付いた状態でアイロンをかけるだけで裏打ちできるようになったので、筥迫作りが楽になります。

筥迫 はこせこ

筥迫 はこせこ

*筥迫(はこせこ):和服の装飾品で,女性用の紙入れの一種。

グールガン おゆまる  お湯

おゆまるは温めると柔らかくなり、冷めると硬化するプラスチック粘土です。子供の工作用として人気があります。

おゆまるの特徴:

①80℃以上のお湯に入れると柔らかくなる。
②何度でもやり直しが出来る。

この、おゆまるの素材を角状にカットしてグル―ガンを用いて溶かして工作用に使用できます。

わざわざ、お湯を沸かさなくても良いので便利です。

おゆまる グル―ガン使用

おゆまる グル―ガン使用

フリーイラスト グルーガン

グルーガンのフリーイラストを下記のページに掲載しています。

無料でサイト作成時にご使用してください。

関連記事:グルーガン フリーイラスト

* グルーガン 工具の選び方、使い方、手入れについては下記の文献に更に詳細な内容が記載されています。

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電子工作工具活用ガイド 著者:加藤芳夫 電波新聞
4. 道具の徹底使用術  著者:荒井章 山海堂

スポンサーリンク
スポンサーリンク