電動ドリル、電気ドリルの正しい使い方、選び方

スポンサーリンク
電気ドリル イラスト

電動ドリルとは|電気ドリルとは

電動ドリルの基本形は、コードか付いている「電気ドリル」です、通常、電動ドリルも電気ドリルも同じモノです。

電気式で単機能のタイプが「電気ドリル」です。充電式などと比べるとコンパクトで穴あけ能力は強力になります。そして長時間作業も得意です。本体の形はピストルタイプが主流です。外形が小さくて軽く、そのわりに回転の反動が少ないタイプです。D型ハンドルタイプはやや大きく軸方向へ押しやすい形です。
機種によっては、2段または無段変速が付いたものがあり、これは「変速ドリル」と呼ばれます。ほかに。穴あけ後にドリルビットを抜きやすくする正逆転切り替え、ビット交換がラクなキーレスチヤックなどが付いたものもあります。

 電気ドリル 名称

電気ドリル 名称

スポンサーリンク

電動ドリル、電気ドリルの用途

電気ドリルはパワーがあり、木材や鋼板への穴あけはほとんどすべてができます。ホールソーを使えば、径に制限がありますが手軽に大きな穴が得られます。また連続して無数の穴あけもこなし、ドリルスタンドに取り付ければ、垂直穴を正確にあけられます。この時はロックボタンで連続回転にします。

変わったところでは、リベットや潰れたれたネジを取り外す最後の手としても使われます。さらに軸付砥石やバフといったさまざまなビットを利用して削る、磨くなどの加工もできます。

電動ドリル 用途

電動ドリル 用途

電動ドリル、電気ドリルの機能

穴をあけるドリル作業に古くから使われている電動工具が電気ドリルだ。充電式のものはほとんどない。ドリル作業はドライバードリルでもできるが、コード式の電気ドリルならバッテリー切れの心配もなく、ハイパワーで長時間の作業を続けることができる。

また、同程度の能力もので比較すれば、電気ドリルはドライバードリルよりはるかに安価だというのも魅力だ。
バリェーションは幅広く、トリガーストッチとロックボタンだけというシンプルなものから、トリガースイッチの引き込み具合で無段変速できるもの、正逆回転が切り替えられるもの、高速と低速が切替えられるものなどもある。パワーも人小さまざまなものがある。
簡単にキリ(ドリル刃)を交換できるキーレスチャックの製品もあるが大半はキー式チャック。専用工具であるチャックキーを使う必要があるが、キリをしっかりと固定できる。使用できるキリの径が最大で6mm、10mm、13mmのものがある。

キー式チャック 

キー式チャック

毎分1000回転以下の低速タイプや毎分4000回転の高速タイプもあるが、木工用は毎分1000~2000回転、鉄工用は毎分2000~3000回転が一般的。持つ部分はピストル型が多いが、ハイパワーな製品にはD型もある。穴の深さを制限するストッパーポールや本体を確実に保持できるサイドハンドルが装備された製品やオプション対応している製品もある。

D型ハンドル 電気ドリル

D型ハンドル 電気ドリル

本来はドリル作業に特化した電動工具だが、回転力を伝えることで研削や研磨に使えるアクセサリーも数多い。

電動ドリル、電気ドリルの選び方

これから選ぶ方は、回転数かポイント。高速型=高性能ではありません。低速でないとあかない穴もあります。そして穴位置がズレて困るという方には、解決法もあります。

電気ドリルを選ぶにはいろんな目安があります。まず気になるのは大きさでしょう。これはチヤックの大きさで、6.5mm、10mm、13mmがあります。「最大穴あけ能力」の表示で、「木工用は30mmまで」というのは、ビットの根元(シャンク)の径が刃の部分より細いからです。どれだけ大きな穴をあける機会があるかを考えて、「最大穴あけ能力」の表示を目安にすればよいでしょう。
大切なのは高速型か低速型かというタイプです。実際の製品にはタイプ表示はなく、回転数が表示されています。それを表にしてみました。例えば10mmのドリルビットを高速で回すと、はね回って位置が定まりません。逆に低速で細いビットを使うとまったくはかどりません。

自分がよく使いそうなビットを当てはめて検討してみましょう。ちなみに多くの充電式ドリルは中速型なので、使い分けるのもよい方法です。とくに専門はなく、家庭用の一般的なものをということなら高速型が広い用途に使えます。または思い切って変速型という手もあります。

タイプ回転数使いやすい木工用ドリルビット使いやすい鉄工用ドリルビット
極高速型約4000回転/分 ——–6mm以下・軸付砥石
高速型約2800回転/分3~6mm6mm以下・連続作業
中速型約1200回転/分6~12mm10~13mm
低速型約600回転/分15~36mm13mm以上

木工が中心のDIYではドライバードリルが必需品になっている。木工ならドライバードリルで十分に穴あけも行えるので、わざわざ電気ドリルを所有する必要はない。しかし、安価な製品でも電気ドリルのほうが回転数が高くパワーも強いので、穴あけが簡単に行える。
研削や研磨のアクセサリーのほか、電気ドリルなどを固定することでボール盤(精度の高い穴あけ作業を行える卓上電動工具)や角ノミ盤(四角い穴をあけられる卓上電動工具)として利用できるドリルスタンドや角ノミスタンドといったアクセサリーもある。

穴あけはもちろん、各種のアクセサリーはドライバードリルでも使用できることが多い。しかし、電気ドリルであれば長時間の作業でもバッテリー切れを心配せず使うことができる。もちろんパワー的にも電気ドリルなら十分だ。

ドリルスタンド2

ホルダーからドリルの脱着は可能だが手間はかかる。こうした用途が多いなら1台を専用機としてもいい

穴あけ作業を重視して電気ドリルを選ぶのであれば、無段変速で正逆回転できるものがいい。そのうえで、あけられる穴の大きさで製品を選択すればいい。また、スタンドでの使用を前提に考えるのなら、機能が省略された非常に安価なものを購入するという手もある。

電動ドリル、電気ドリルの定番|メーカー 価格比較

おすすめ 電動ドリル、電気ドリル

マキタ 電気ドリル M609

リョービ(RYOBI) ドリル MD-12R 鉄工10mm 木工13mm 641504A

日立工機 変速ドリル AC100V 520W 鉄工10mm 木工25mm 微調整機構付無段変速D10VH

日立工機 変速ドリル D10VH 電動工具
価格:10430円(税込、送料無料)

電動ドリル、電気ドリルの使い方

キリ(ドリル刃)の交換方法

キー式チヤック

キー式チヤックはチャックキーの小さな傘歯歯車で、チャック周囲のリングに備えられ
た大きな傘歯歯車を回すため、強い力で締めたりゆるめたりできる。

注意する点は、均等に締め込むこと。チャックキーをはめる位置は3ヵ所あるが、1ヵ所である程度まで締め込んだら、残る2ヵ所でもギュツギュツと締めること。

ゆるめる時は1ヵ所でもかまわない。また、細いキリだとチヤックのすき間に入りやすいため、必要以上にチャックを大きくあけないようにし、締める際には正しい位置にキリがあるかを確認しよう。

キー式チャック 交換方法1ドリルチャックのリングを回してチヤツクを広げる。きつく締まっていたらキーを使う。

キー式チャック 交換方法2使用するキリの軸径より少し大きく開ければ十分。必要以上に開けると手間がかかる

キー式チャック 交換方法3細いキリの場合はチャックのすき間に入ることがあるので注意したほうがいい

キー式チャック 交換方法4キリの軸が中心になるようにして指先でリングを回して締められるところまで締める

キー式チャック 交換方法5チャックキーの傘歯歯車の先端をチヤツクの穴に入れて締める。一気に締め込
んでしまってはダメ

キー式チャック 交換方法6チャックにはキーを装着する穴が3ヵ所ある。必ず3ヵ所すべてを使い均等に締める

キー式チャック 交換方法8コンセントにプラグを差したら空中でドリルを回転させてみて曲がりがないかを確認

キーレスチャックの場合の交換方法

キーレスチャック ビット交換①根元付近のリングを片手で押さえ、先端側のスリーブを反時計方向に回してゆるめる。

キーレスチャック ビット交換2②ビットを入れられる広さまですき間が開いたら、ビットをすき間の中央に差し込む

キーレスチャック ビット交換3③再びリングを持ちスリーブを時計方向に回して強く締めつければビットが固定される

電気ドリルの持ち方

電気ドリルは図のように持ちます、利き手でグリップを握り、もう片手を下から添えて保持するのが基本です、小さな電気ドリルでは手の上から手を包む形になります。または電気ドリルの上に添えます。親指は本体の後ろへ回して、両手で前へ押していけば、無理なく穴を切り進むことができます。

電気ドリルの持ち方

穴あけ作業では、切り始めに狙いからそらさないことと、真っすぐに送る(押し込む)ことが大切です。そのためにこうして安定した構えをとることになります。片手作業ではどうしても不安定で、しかも手や腕だけで動かしがちになり、穴が曲がってしまいます。なるべく両手であける習慣をつけましょう。
操作の注意点をいくつか。ビットを交換する時はプラグを抜くこと。実際には細いドリルビットなどでは、急に回り出してもケガには至りません。しかし習慣をつけておかないと、大きなビットの時に危険です。そして軍手や手袋はしないこと。巻き込まれると、素手よりも危険です。とがった材料を扱わなければならないなど、やむをえない場合は、厚手の革軍手をするとよいでしょう。指先が余らず手首の周りが広がっているタイプなら、手を持って行かれずにすみます。

木材への穴開け

木材と鋼材では穴あけの要領が少し違います。

キリ(ドリル刃)には木工用や鉄工用など材料別にさまざまなものがある。木材に穴をあけるなら木工用と考えやすいが、5~6mm程度までの大きさなら鉄工用でも問題なく使用できる。鉄工用キリはセットで販売されている安価なものがある。これを入手しておけば木工にも鉄工にも使えるので重宝です。
電動ドリル 保持姿勢材料に垂直な穴をあける場合がもっとも多いが、こうした場合、ドリルを垂直に保つことが重要。そのためにも見やすく、ドリルを保持しやすい体勢を取ります。


材料を貫通する時には注意が必要だ。特に木エキリは回転して切り込むことで前進する
力が生まれるため、勢いよく貫通しやすい。
その際にドリルの位置がガクンと下がってチヤックで材料にキズをつけてしまったり、ドリルから手が離れたりする。そのため様子を見ながら作業を行い、貫通しそうになったら回転を遅くしドリルを押す力を弱くしよう。

ポンチング

欲しい穴の位置を鉛筆で十字に墨付けしてから、そこに目打ちで小穴を付けます。これがポンチングです。目打ちの代わりにはとがらせた太めのクギやいらないボールペンでも構いません。 そのまま回転するドリルビットを立てると木材の堅い層(年輪)にはね返されてズレていしまします。それを防止する為のガイド穴です。

ポンチング

ポンチング

ポンチング

材料の固定

材料が小さい時には、板がビットの回転にとられて回り出したり、あばれることがあります。とくに径6mm以上のビットでは顕著です。片手で材料を押さえていては、きれいな穴があかないばかりか、危険でもあります。図のようにクランプで台に固定しておきましょう。長い板なら、足で踏んで押さえるのも実際的です。ついでに、下には当て木(捨て板)を敷いて台のキズを防ぎます。

材料固定

材料固定

クギ、木ネジの下穴を開ける

下穴は、板が割れるのを防ぐ加工ですが、相手側の木口面まではあけないのが普通です。板の繊維方向へのクギやネジ打ちはもともと緩みやすく、下穴はそれを助長してしまいます。上の板にあける穴径は図の通りです。割れやすいラワン材などでは、ノギスで径を測れば確実です。

下穴の径
ヒンジ取り付けの下穴は、ネジ山が繊維にしっかり食いこむように、ネジの谷の径で合わせます。柔らかい木材では小さめに、など多少の加減をします。ちなみに穴位置は、ヒンジを板に正しく置いて鉛筆でくるっとなぞって決めます。

木材のコゲを防止

鉄工用ドリルビットは鉄工用なので、相手が木材となると切りクズの排出が悪く、すぐに詰まってしまいます。詰まったビットは固く締まったただの棒です、そののまま続けていると穴の回りがコゲてきます。径では5mm以下、深さでは30mm以上が要注意です。 20mm進んだら引き抜いて、切りクズを落としてから続さをあけます。また、ただの抜き差しだけで切りクズを落せる場合もあります。

木材焦げ

深さの調整 ストッパーポール

フリーハンドで希望の深さの穴を作るのは難しい。特に木エキリの場合、いったん穴あけが始まると、回転して切り込むことで前進する力が生まれるため、あつという間に深くなる。そこで活用したいのがストッパーポールです、ポールが材料にぶつかることで、それ以上は穴があ
けられなくなる。なお、ストッパーポールが利用できないドリルの場合は下記のように赤いビニールテープを使用しても良い。

ドリル系電動ドリル ストッパーポール

ダボ穴など、深さを調節したい時はテープを巻いて目印にします。赤いビニールテープが使いやすい。なお、木工用ドリルビットは先端にネジがついている為に、途中で引き抜くには逆回転させなければなりません。ミドリルビットはネジなしなので、このほうが使いやすいです。

深さ調整1

突き破りを防ぐ  当て木

貫通穴の出口が、むしられたように破れることがあります。残りが薄くなった板が、切れずに突き破られた状態です。径6mm以土の穴では木工用、鉄工用どちらでもこれが起きます。防ぐためには、貫通する前は押す力を弱くし回転も遅くする若しくは下に当て木をしっかり密着させてから、一緒にあけるのが効果的です。

電動ドリル 貫通前

貫通する前は押す力を弱くし回転も遅くする

突き破り防止

鋼板への穴開け

一般には、木材よりも鋼板への穴あけのほうが少し難しいでしょう。素材として固いせいもありますが、寸法精度を高く要求しているためでもあります。実際、穴がズレると組み立てられなくなったり、組んだあとで削って直すのも、相手が鋼板なので大変になります。

電動ドリル 注油鉄材に穴をあける場合は必ず鉄エキリを使うこと。鉄材のように硬い材料の場合、キリの両端が食い込みにくいので、あけ始めの段階てはキリがあばれて位置がきめにくい。センターポンチなどで小さな凹みを作るようにしたい。また、摩擦熱でキリが傷みやすいので時々濡れ雑巾でキリを冷やしたり、切削油を先端部分にたらすと良いです。

自動ポンチによる穴開け

穴位置にはケガキ針か細い油性ペンで線を引いてから、センターポンチで打ちます。自動ポンチは片手で狙いが定められるので便利です。薄板や平板はクランプで台に、角材は万力にしっかり固定します。

自動ポンチポンチング1

大径穴は2回に分けて

金属には鉄工用ドリルビットを使います。ゆっくり垂直に押し下げていきます。
切りクズの出具合を見て、少なければ押す力(送り)を強くします。径5mmくらいまでの穴はスムーズにあくでしょう。それ以上は小さめの下穴をあけて、2段階にあければムリがありません。ビット先の図にチゼルエッジが示してありますが、大径のドリルビットではここが抵抗になっているからです。

下穴はこのチゼル幅よりかすかに大きな径であけることになります。

電動ドリル 穴開け1

ポンチを使つても最初のうちはキリの位置があばれやすいのでゆっくりと回転させる

チゼルエッジ

薄板には専用ビット

0.4mm以下の薄板では、穴の出口がめくれた形のバリになったり、径8mm以上の大径穴では鋼板がビットに巻き付こうとする現象がおきます。安全面では、固定を充分に行うこと。そしてきれいな穴をあけるためには「薄板加工用ドリルビット」別名「鉄工用ローソク形ドリルビット」を使えば解決します。

薄板加工用ドリルビット

振れ回りを防ぐ

大径穴の場合は、多角形にあきがちです。穴をあけ始めてから、円錐のくぼみがすぐに多角錐に変わったかと思うと、ガタガタと振れ回って、最後まで止まずにこうなるという具合です。

2枚の切れ刃が均等に切っていない状態です。処置としては送りを多く、つまり強く押し付けてあけることになります。また回転速度を遅くするのも効果があります。薄板の場合は、欲しい径よりも小さな穴をあけて、シャシーリーマやヤスリで削り広げるのも方法です。

振れ回りを防ぐ

それてしまった穴は

穴をそらさずにあけるには、ポンチをきつく打ったり、細いビットで下穴をあけるなどの方法があります。また、あけてしまった穴はヤスリで長穴(だ円)にするしかありません。それる兆候が見えた時の処置としては、図のような方法も有効です。ケガキの時に円も描いておけば、ズレを発見しやすくなります。

それた穴の処置

垂直に穴を開ける

多分これがいちばん切実ではないでしょうか。電気ドリルを操作している状態からは、意外に垂直はわかりにくいものです。左右の傾きはとにかく、前後方向がつかみにくいようです。端材などで正確な直方体を用意して近くに置けば、それと見比べて、向きを補正できます。だれかに横から自分の姿勢を見てもらって指示を頼むのもよい方法です。

垂直に穴を

 動画 電動ドリルの種類と選び方

電動ドリル メンテナンス

電気ドリルは割合に頑丈な製品なので、神経質な手入れは不要です。チャツクにサビが出てきたら注油。ブラシがすり減って、回転中に火花が見えるようになったら交換になります。ネジキャップですぐに替えられるものもありますが、ほとんどは本体の分解が必要です。修理に出したほうがよいでしょう。しかしそれはまれで、運転時間が長いプロ並みの使い方をしている人に限られます。
いちばん傷むのは電源コード根元のゴムブッシュ。ここを軸にコードが振られているためです。使用中は仕方ないとして、収納時にコードをきつく本体に巻くのはブッシュが折れ曲がるもとです。根元には余裕を持たせておきましょう。

電気ドリル メンテメンス

ドリルスタンド

電気ドリルで垂直の穴をあけるのは難しい作業ですが、簡単確実にできるようにした器具がドリルスタンドです。図のように取り付け、レバーで電気ドリルを押し下げます。ほかに深さ調節や微妙な位置合わせも便利で正確になります。電気ドリルには連続回転用のロックボタンがあるのでこれが使えます。

ドリルスタンド

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電動工具 徹底利用術 著者:荒井 章

スポンサーリンク
Google+
facebook Like Box
  • このエントリーをはてなブックマークに追加