電動ドリル、電気ドリルの正しい使い方、選び方、手入れ

電気ドリル イラスト

電動ドリルとは|電気ドリルとは

電動ドリルの基本形は、コードか付いている「電気ドリル」です、通常、電動ドリルも電気ドリルも同じモノです。

電気式で単機能のタイプが「電気ドリル」です。充電式などと比べるとコンパクトで穴あけ能力は強力になります。そして長時間作業も得意です。本体の形はピストルタイプが主流です。外形が小さくて軽く、そのわりに回転の反動が少ないタイプです。D型ハンドルタイプはやや大きく軸方向へ押しやすい形です。
機種によっては、2段または無段変速が付いたものがあり、これは「変速ドリル」と呼ばれます。ほかに。穴あけ後にドリルビットを抜きやすくする正逆転切り替え、ビット交換がラクなキーレスチヤックなどが付いたものもあります。

 電気ドリル 名称

電気ドリル 名称

電動ドリル、電気ドリルの用途

電気ドリルはパワーがあり、木材や鋼板への穴あけはほとんどすべてができます。ホールソーを使えば、径に制限がありますが手軽に大きな穴が得られます。また連続して無数の穴あけもこなし、ドリルスタンドに取り付ければ、垂直穴を正確にあけられます。この時はロックボタンで連続回転にします。

変わったところでは、リベットや潰れたれたネジを取り外す最後の手としても使われます。さらに軸付砥石やバフといったさまざまなビットを利用して削る、磨くなどの加工もできます。

電動ドリル 用途

電動ドリル 用途

電動ドリル、電気ドリルの機能

穴をあけるドリル作業に古くから使われている電動工具が電気ドリルだ。充電式のものはほとんどない。ドリル作業はドライバードリルでもできるが、コード式の電気ドリルならバッテリー切れの心配もなく、ハイパワーで長時間の作業を続けることができる。

また、同程度の能力もので比較すれば、電気ドリルはドライバードリルよりはるかに安価だというのも魅力だ。
バリェーションは幅広く、トリガーストッチとロックボタンだけというシンプルなものから、トリガースイッチの引き込み具合で無段変速できるもの、正逆回転が切り替えられるもの、高速と低速が切替えられるものなどもある。パワーも人小さまざまなものがある。
簡単にキリ(ドリル刃)を交換できるキーレスチャックの製品もあるが大半はキー式チャック。専用工具であるチャックキーを使う必要があるが、キリをしっかりと固定できる。使用できるキリの径が最大で6mm、10mm、13mmのものがある。

キー式チャック 

キー式チャック

毎分1000回転以下の低速タイプや毎分4000回転の高速タイプもあるが、木工用は毎分1000~2000回転、鉄工用は毎分2000~3000回転が一般的。持つ部分はピストル型が多いが、ハイパワーな製品にはD型もある。穴の深さを制限するストッパーポールや本体を確実に保持できるサイドハンドルが装備された製品やオプション対応している製品もある。

D型ハンドル 電気ドリル

D型ハンドル 電気ドリル

本来はドリル作業に特化した電動工具だが、回転力を伝えることで研削や研磨に使えるアクセサリーも数多い。

電動ドリル、電気ドリルの選び方

これから選ぶ方は、回転数かポイント。高速型=高性能ではありません。低速でないとあかない穴もあります。そして穴位置がズレて困るという方には、解決法もあります。

電気ドリルを選ぶにはいろんな目安があります。まず気になるのは大きさでしょう。これはチヤックの大きさで、6.5mm、10mm、13mmがあります。「最大穴あけ能力」の表示で、「木工用は30mmまで」というのは、ビットの根元(シャンク)の径が刃の部分より細いからです。どれだけ大きな穴をあける機会があるかを考えて、「最大穴あけ能力」の表示を目安にすればよいでしょう。
大切なのは高速型か低速型かというタイプです。実際の製品にはタイプ表示はなく、回転数が表示されています。それを表にしてみました。例えば10mmのドリルビットを高速で回すと、はね回って位置が定まりません。逆に低速で細いビットを使うとまったくはかどりません。

自分がよく使いそうなビットを当てはめて検討してみましょう。ちなみに多くの充電式ドリルは中速型なので、使い分けるのもよい方法です。とくに専門はなく、家庭用の一般的なものをということなら高速型が広い用途に使えます。または思い切って変速型という手もあります。

タイプ 回転数 使いやすい木工用ドリルビット 使いやすい鉄工用ドリルビット
極高速型 約4000回転/分  ——– 6mm以下・軸付砥石
高速型 約2800回転/分 3~6mm 6mm以下・連続作業
中速型 約1200回転/分 6~12mm 10~13mm
低速型 約600回転/分 15~36mm 13mm以上

木工が中心のDIYではドライバードリルが必需品になっている。木工ならドライバードリルで十分に穴あけも行えるので、わざわざ電気ドリルを所有する必要はない。しかし、安価な製品でも電気ドリルのほうが回転数が高くパワーも強いので、穴あけが簡単に行える。
研削や研磨のアクセサリーのほか、電気ドリルなどを固定することでボール盤(精度の高い穴あけ作業を行える卓上電動工具)や角ノミ盤(四角い穴をあけられる卓上電動工具)として利用できるドリルスタンドや角ノミスタンドといったアクセサリーもある。

穴あけはもちろん、各種のアクセサリーはドライバードリルでも使用できることが多い。しかし、電気ドリルであれば長時間の作業でもバッテリー切れを心配せず使うことができる。もちろんパワー的にも電気ドリルなら十分だ。

ドリルスタンド2

ホルダーからドリルの脱着は可能だが手間はかかる。こうした用途が多いなら1台を専用機としてもいい

穴あけ作業を重視して電気ドリルを選ぶのであれば、無段変速で正逆回転できるものがいい。そのうえで、あけられる穴の大きさで製品を選択すればいい。また、スタンドでの使用を前提に考えるのなら、機能が省略された非常に安価なものを購入するという手もある。

電動ドリル、電気ドリル おすすめ ネット通販サイト 価格比較

アマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋の電動ドリル、電気ドリル 人気ランキングです。

アマゾン ランキング  おすすめ 電動ドリル、電気ドリル

アマゾンのおすすめ 電動ドリル、電気ドリル ランキングです。一時間毎に更新されます。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Electric drill driver

アマゾン 電動ドリル、電気ドリル 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

Yahoo!ショッピング  ランキング 電動ドリル、電気ドリル

現在のYahoo!ショッピングの売れ筋電動ドリル、電気ドリルランキングが下記とおり。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。
「電動ドリル、電気ドリル」ランキング Yahoo!ショッピング

おすすめ 楽天ショップ ランキング 電動ドリル、電気ドリル

現在の楽天ショップの売れ筋電動ドリル、電気ドリルランキングが下記とおり。

最新ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。

楽天 電動ドリル、電気ドリル ランキング

Electric drill driver3

楽天 電動ドリル、電気ドリル 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

電動ドリル、電気ドリル おすすめ定番メーカー 

マキタ 電気ドリル M609

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ JPA 電気ドリル 10ミリ M609
価格:6486円(税込、送料別) (2016/12/31時点)

リョービ(RYOBI) ドリル MD-12R 鉄工10mm 木工13mm 641504A

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リョービ(RYOBI) ドリル MD-12R 鉄工10mm 木工13mm 641504A
価格:6136円(税込、送料別) (2016/12/31時点)

日立工機 変速ドリル AC100V 520W 鉄工10mm 木工25mm 微調整機構付無段変速D10VH

アマゾン 楽天

日立工機 変速ドリル D10VH 電動工具
価格:10430円(税込、送料無料)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク