オービタルサンダーの正しい使い方、選び方

オービタルサンダー イラスト

オービタルサンダーとは 英語:Orbital sander

オービタルサンダーのパッドは1万回/分の速さで、径2回程のだ円運動(オービタル Orbital)をしています。見た目には振動です。

この細かい動きと平らなパッドの組み合わせで、板に密着させての操作を成り立たせています。また反動のない研磨ができます。
密着させている限り、材料は平面を保てます。他のサンダーが大きな作動量で研磨速度を上げ、結果として材料からは浮き気味な操作になるのと対照的です。
サンドペーパーはスプリング式のホルダーで固定され、頻繁な交換もラクにできます。そして弾力のあるパッドが材料への当たりを均一になじませます。前後に突き出したハンドルは真下へ押し付けるのに適した形です。

オービタルサンダー-名称

オービタルサンダーの用途

オービタルサンダーの得意技は、正確な平面と滑らかな仕上げ。木製テーブルのような平らな面を均-に研磨できます。塗装前の研磨にも最適です。同様に、床の塗り替えでは、古い塗膜をきれいに研ぎ落せます。四角いパッドが壁際の隅まで届きます。このパッドは弾力があり、緩い曲面の研磨もOKです。

研磨する材料はおもに木材。材質として柔らかく、粘りはないのでよく研げます。金属ではごく表面の研磨になり、深いサビには向きません。プラスチックでは、アクリルなどに限られます。研削のような研ぎ減らす用途ではなく、仕上げに使いたい電動工具です。機種によって集じん用のダストバッグが付きます。

オービタルサンダー-用途

オービタルサンダーの機能、特徴

オービタルサンダー 機能 吸引穴サンディングプレートとサンドペーパーにはがあり、ここから研磨クズが吸引される研磨の際には研磨クズが発生する。この粉状のクズがサンドペーパーと材料の間に入って目づまりすると、研磨能力が低下する。

オービタルサンダーはサンドペーパーの移動が少ないため、研磨クズが排出されにくい。そ
のため、研磨面にいくつかの穴があり、研磨クズが吸引できるようにされている製品が大
半。

また、振動に近い動きであるため、荒れた凹凸面をならすといった粗い研磨は不向きだが、平面は滑らかに仕上げられる。
オービタルサンダー 機能 持ち方 オービタルサンダーにはいくつかの大きさ強く押しっけてはダメ。両手で本体を持ち、軽い力で前後に均等に力がかかるようにして研磨するのものがあるが、研磨面が93×230mm程度
のものが一般的。

研磨面が四角いので箱の内部でも隅まで研磨できる。平面に使用するのが基本だが、サンドペーパーが装着されるサンディングプレートはウレタンなどの弾力がある素材なので、ゆるやかな曲面でも使える。
研磨はサンダーを作動させ始めてから材料に当てること。強く押しつけたくなるものだが、押しつけが強いと、けずりすぎになったり、目づまりが起こりやすい。1ヵ所に停滞させるのも禁物。本体の前後を両手で持つことで全面が均等に材料に当たるようにし、手の重さを乗せる程度の軽い力で作業する。

オービタルサンダー 機能 面取り片手でも持てるので、面取りに使うこともできる。片手で持ったサンダーに、もう片手で小さな材料を押しつけて使うことも可能だ。

オービタルサンダー サンドペーパーの選び方

オービタルサンダー専用のペーパーなら、パッドにぴったり合うので世話なしです。ただ機種によってパッドサイズが3種類ほどあるのでペーパーサイズもそれに対応します。また「集じん穴」がある機種は「穴付き」を選択します。
一方で、手研ぎ用のサンドペーパーを切っても使えます。図のように、等分してできるサイズなのでムダがありません。

種類としては

(1)木工用サンドペーパー(オレンジ色)

(2)耐水ペーパー(黒色)

(3)研磨布(基布が付いたもの)

があります。(1)は安価ですが、摩耗が早くて長持ちしません。ちなみに、先ほどの専用ペーパーはこのタイプです。(3)はやや高価で長持ち。(2)はこれらの中間です。

サンドペーパーの粒度(砥粒の大きさ・粗さ)は[番手]で表します。例えば、40番はかなり大粒で、荒研ぎ用。 240番は細かい砥粒で仕上げ用です。一般にサンダーに使うサンドペーパーは、手研ぎの場合よりもやや粗めが使われます。木材なら、最低でも60・100・240番を揃えましょう。最初から240番だけで研ぐのはダレるもとです。またすり減った60番は、100番と同じ役目はしません。順に番手を進めて研ぐのが、早くキレイに仕上げる基本です。

オービタルサンダー-サンドペーパー 種類

 オービタルサンダーの選び方

オービタルサンダーは、「平面研磨」「仕上げ研磨」に主眼を置いたサンダーです。そのために研磨速度(効率)をやや犠牲にしているところがあります。まずこれが目的にあっているかどうか点検してみましょう。よく似たサンダーに、研磨速度を高めた「ランダムサンダー」があるからです。「平面研磨」や「仕上げ研磨」の機能は逆に劣ります。比べてみてください。

点検してオービタルサンダーに落ち着いたら、最初の選択肢は「パッドサイズ」でしょう。これはペーパーサイズと比べ、幅は同じでも長さが50mmほど短くなります。大きいほうから114×230mm、93×185mm、110×100mm(これはミニサンダー)ほどです。木工作では真ん中の93×185mmが標準的ですが、やはり自分の作業にあったサイズを選ぶのがいちばんです。

次は集じん機能でしょう。軒下などの風が通る場所ではさほど切実ではありませんが、四方を囲まれたガレージなどでは欲しい機能です。ダストバッグを取り付けるタイプと、別体の集じん機に接続するものとがあります。

オービタルサンダー おすすめ ネット通販サイト 価格比較

アマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋のオービタルサンダー 人気ランキングです。

アマゾン ランキング  おすすめ オービタルサンダー

アマゾンのおすすめ オービタルサンダー ランキングです。一時間毎に更新されます。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Electric sander1

アマゾン オービタルサンダー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

Yahoo!ショッピング  ランキング オービタルサンダー

現在のYahoo!ショッピングの売れ筋オービタルサンダー ランキングが下記とおり。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Yahoo! オービタルサンダー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

おすすめ 楽天ショップ ランキング オービタルサンダー

現在の楽天ショップの売れ筋 オービタルサンダー ランキングは下記のとおり。

最新ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。
楽天 オービタルサンダー 売れ筋ランキング
Electric sander3

楽天 オービタルサンダー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

オービタルサンダー おすすめの定番|メーカー 価格比較

BOSCH(ボッシュ) 吸じんオービタルサンダーPRO GSS23AE/MF

回転数 7,000~12,000min-1(回転/分)
ストローク数 14,000~24,000min-1(回/分) 0回/分
オービットダイヤ(軌道) 2.0mm
プレートサイズ:92x182mm
ペーパーサイズ(マジック式):93x185mm
ペーパーサイズ(クランプ式):93x230mm

アマゾン 楽天

日立工機 オービタルサンダー集じんタイプ  穴あけパンチプレート付 FSV10SA

ペーパーサイズ:93×228mm
パッド寸法:92×184mm
電源:単相交流50/60Hz・電圧100V
電流:1.9A
回転数:10,000min-1
質量:1.3kg
振動3軸合成値:4.0m/s2(EN60745-2-4規格に基づき測定)

アマゾン 楽天

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク