電動ドライバードリルの正しい使い方、選び方、手入れ

ドライバードリル イラスト

ドライバードリルとは

ドライバードリルはネジ締め穴あけ機能を持っています。木工作や修理ではこのふたつの機能は出番が多く、それらが1台でこなせるので人気があります。

充電式は、電源やコードの煩わしさから解放されて、自由に使えるのが最大の魅力です。屋外や高所での作業に便利で、大量のネジ締めや穴あけもラクにこなせます。

最近では、充電時間が30分以下のものが増え、ボルト数も高く強力になってきました。連続使用できる時間も長くなったことで、電気式の性能に迫ってきました。

ドライバードリル名称

ドライバードリル名称

ドライバードリルとインパクトドライバーの違い

ドライバードリルとインパクトドライバーの違いについては下記の記事を参考にしてください。

関連記事:ドライバードリルとインパクトドライバーの違い

ドライバードリルの用途

ネジ締めが手軽になれば、修理や金具の取り付けも簡単です。そしていちばん便利になるのは木工作でしょう。本材の接合部は、クギだけで強度が不足な時は、ホソを加工してはめ合わせて組み立てていました。しかしネジと補強金具を使えば、そんな手間をはぶいても丈夫な作品ができます。木造住宅の新築工事やウッドデッキ作りでは、実際にそれが行われています。

室内での作業では、カナヅチでクギを打つよりも階下に騒音が伝わりにくいという利点もあります。迷惑を気にして木工作をあきらめていた方にもお勧めです。

ドライバードリル 用途

ドライバードリルの機能

ドライバードリル1電動ドライバーの能力を向上させてドリルとしても使えるようにしたものがドライバードリルで、ドリルドライバーとも呼ばれる。わずかにコード式のものもあるが、充電式でコードレスのものが一般的。

締めつける力を調整できるのがドライバードリルの特徴。製品によって最大締めつけ力は異なる。

トルククラッチ調整

トルククラッチはネジの締め付け強さを調節するもので、設定したトルクに達するとクラッチが働いて、空回りするようにできています。 決められた段階の中で選びますが、最初のネジは加減がわかりません。締め過ぎないように、いちばん弱い1から試して調節します。

トルククラッチ調整穴あけの時にはドリルビットのマークに合わせます。この時はクラッチは作動せず、目一杯のトルクであけていきます。

キーレスチャック

キーレスチャック

キーレスチャック

ビットやキリ(ドリル刃)などを固定するチャックは、工具を使わずに作業できるキーレスチャックが多い。

正逆転スイッチ

正逆切り替えSW

正逆転スイッチ付

基本がドライバーであるため、正逆転スイッチを備えていて、ネジの締めにもゆるめにも使えるものが大半。ネジの締めすぎを防ぐためにクラッチ機構が備えられ、材料やビスなどの種類に応じてトルク(締めつけ力)を調整することができる。

回転速度を引き金式のトリガースイッチで無段階に調整できる無段変速が一般的だ。引き込むほど速く回転する。作業内容に応じて最高の回転速度を2段階にかえられる製品も多い。低速にすると強い力で締めつけや穴あけが行える。

ネジ以外にも小径のボルトやナットにも使え、ドリルとして穴あけに使えるほか、電気ドリルと同様に研削や研磨にも使える。木ネジの締め込み能力は35~50mmのものが一般的で、木工の穴あけ能力は10~25mmということが多い。こうした能力は、基本的には採用しているバッテリーの電圧に左右される。

ドライバードリルの選び方

ドライバードリルと同様にネジ締めに使える電動工具にはインパクトドライバーがある。能力はインパクトドライバーのほうが高いことがほとんど。

だが、よく使う木ネジが50mm程度までならドライバードリルで十分。穴あけや研削など活用の幅も広いので、基本工具のひとつとして持っていて損はない。バッテリーの電圧は12V以上のものにしたい。これ未満のものだと、能力が低い。

製品の機能としては、無段変速と正逆転、クラッチ機構は最低限ほしいもの。
段階数が多く、きめ細かくトルクを切り替えられるほうがべターだ。もちろん、どれだけの長さのネジを締められるかというネジ締め能力やどれだけの大きさの穴があけられるかという穴あけ能力も要チェック。

速度切り替え

高速と低速が切り替えできるものだと作業内容の幅が広がる。

速度切り替えSW

速度切り替えSW

選択にあたっては実際に工具を持ってみるのがベスト。製品によって握りやすさやバランスは異なる。手になじみ、スイッチも操作しやすいものがいい。さらに、作業の際にビットの先端が見やすくねらいやすい製品を選びたい。

根本的には、充電機能とネジ締め機能を自分の作業にどれだけ取り込むかということになります。一方に、コードが付いた電気ドライバドリルや電気インパクトドライバという選択肢もあるからです。こちらは、きまった作業場所でパワーを活かす使い方。それよりも「コードレス」をという気持ちならOKです。

ネジ締め能力

ネジ締め機能については、どれだけ長いネジを打てるかという、「ネジ締め能力」で選びます。一般的には木ネジ50mmが締められれば、かなり余裕です。

能力の目いっぱいで使っていると、バッテリーの消耗が早くなります。バッテリーは7V(ボルト)以上なら余裕。逆に、小物工作では小さくて軽いほうが使いやすい時もあります。ほかの電動工具も充電式をという方は、12Vで揃えればパワーに余裕もあり、同一メーカーなら充電器が共用できてよいでしょう。

ドライバードリル おすすめ ネット通販サイト 価格比較

アマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋のドライバードリル 人気ランキングです。

アマゾン ランキング  おすすめ 電動ドライバードリル

アマゾンのおすすめ 電動ドライバードリル ランキングです。一時間毎に更新されます。現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Electric drill driver

アマゾン 電動ドリルドライバー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

Yahoo!ショッピング  ランキング 電動ドライバードリル

現在のYahoo!ショッピングの売れ筋電動ドライバードリルランキングが下記とおり。

現在のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。
「電動ドライバードリル」ランキング Yahoo!ショッピング

おすすめ 楽天ショップ ランキング ドライバードリル

現在の楽天ショップの売れ筋ランキングが下記とおり。

最新ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。

楽天 安全靴 ランキング

Electric drill driver3

楽天 電動ドリルドライバー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

ドライバードリル おすすめの定番|メーカー 価格比較

リョービ(RYOBI) ドライバードリル CDD-1020

最大穴あけ能力:(鉄工)8mm、(木工)21mm
ネジ締め能力:木ネジ 5.1×40mm
チャック能力:0.8~10mm
最大トルク:(高速)8.3N・m、(低速)30N・m(ドリルポジション)
クラッチ:20段
クラッチトルク:0.8~4.4N・m
回転数:(高速)0~1,000min-1、(低速)0~300min-1
電源:単相100V
電流:1.8A
消費電力:160W

アマゾン 楽天

マキタ 充電式ドライバドリル 10.8V 1.3Ah  DF330DWSP

穴あけ能力:鉄工10mm、木工21mm
ネジ締め能力:木ネジ:5.1×63mm、小ネジ:6mm
チャック能力(mm):対辺0.8~10
回転数:高速:0~1,300回転/分、低速:0~350回転/分

アマゾン 楽天

マキタmakita 充電式ドライバードリル DF330DWSP
価格:10584円(税込、送料無料)

日立工機 12V コードレス ドライバードリル 充電式 ニカド電池 FDS12DVD

能力:[ねじ締付]木ねじφ5.8×63mm・[穴あけ](木工)φ25mm・(鉄工)φ12mm
最大トルク:[低速]32N・m・[高速]7N・m
トルクレンジ:22段切替(1.0~6.0N・m)
回転数:[低速]0~350min-1・[高速]0~1050min-1
機体寸法(全長×全高×全幅):198×230×79mm
質量:1.5kg
蓄電池(ニカド電池):[形名]BCC1215・[容量]1.5Ah・[電圧]12V

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日立工機 12V コードレス ドライバードリル 充電式 ニカド電池 FDS12DVD
価格:11690円(税込、送料無料) (2016/12/31時点)

BOSCH(ボッシュ) 18Vバッテリードライバードリル PSR18LI

能力:鉄工10mmφ 木工30mmφ ネジ締め10mmφ
回転数:0-850回転/分
トルク調整:15段階
チャック把握範囲:1.5-10mmφ
最大トルク(ドリルポジション):28N・m
質量:1.2Kg
キャリングケース、1.5Ahバッテリー2個、充電器付き

アマゾン 楽天
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク