金切り鋏(はさみ)の正しい使い方、選び方、手入れ

金切鋏 イラスト2

金切り鋏(はさみ)とは?|英語:tin snip

ハサミでボール紙のような硬めのものを切ると、切り落としていく側がハサミの刃を押すので、真つ直ぐに切りにくくなる。
金属板の場合も同様。これを防いで真つ直ぐに切れるようにしているのが金切りバサミだ。オーソドックスな形状のものもあるが、さまざまなメーカーがそれぞれに工夫こらしたものを販売していて、切りやすさも向上している。金切りバサミには直線用や右曲がり用、左曲がり用のほかにも、兼用や全方向用といったものも登場してきている。ホームセンターなどで見比べ、自分の用途に合つたものを選ぶといい。

金切り鋏(はさみ)の名称

鋏の名称

鋏の名称

金切り鋏(はさみ)の種類|直刃|柳刃

金切りハサミは、金切りノコで切れない薄い鋼板を切る道具です。

切る原理としては「せん断(シャーリング)」。2枚の刃は上下から板にヒビ割れを作って切ります。柄が長い2本棒式なのは、切りながら後ろへ持ち替えてテコを利かせるためです。

空き缶工作から広く板金作業に使われますが、厚さ0.3~0.6ミリの鋼板が切りやすい範囲でしょう。これより薄い鋼板は、刃の間に滑り込んで切れません。アルミ、真ちゅうも切れますが、歪みが残りやすいので要注意です。
金切りハサミは、刃の形状によって種類が分かれます。「直刃(すぐば)」は直線切り用。「柳刃」は緩い曲線用で、直線にも使います。「えぐり刃」は急な曲線や穴あけに。「波板刃」は屋根のトタン波板を切る時に使います。どれもサイズは全長で表しますが、実際の製品寸法は表示よりもわずかに人きいのが普通のようです。

金切鋏の種類

金切鋏の種類

金切り鋏(はさみ)の選び方

出番が多いのは柳刃です。これだけでもかなり自由に使えます。サイズはなるべく大きいもの。チョキチョキと細かく切れないので、1回に切れる長さを大きく取っておいたほうが実用的です。サイズとしては、手が小さい人には270ミリ、大きい人には300ミリがお勧めです。逆に「えぐり刃」は小さいものが便利です。
なお0.2ミリ以下の鋼板は金切りハサミでは切れません。主に極薄板を扱うのであれば、調理用のキッチンハサミから選んでみるのも、ひとつの方法です。

使い勝手を考えると、スプリングで開いた状態が保持できるものがいいが、こうしたタイプの場合、ロック機構は必ずほしい。刃が開いたまま工具箱に入れると危険だ。また、細い針金ぐらいは切断できるものにしたいが、それでいて薄い紙もちゃんと切れるものを選びたい。あまり安価なものだと、薄いものが切りにくいこともあるので選ぶ際には要注意。紙などを切って試してみるといい。

金切鋏 スプリング タイプ

スプリングがあるものは切る際にわざわざ開く必要がないので作業がしやすい。

金切り鋏の定番&逸品|メーカー 価格比較

 SK11 エスケー11 |おすすめ金切鋏

 SK11 ストロング万能ハサミ SST-250

アマゾン 楽天

アマゾン 人気 金切り鋏

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク