鉋(かんな)の正しい使い方、選び方、手入れ

カンナ イラスト

鉋(かんな)使い方|鉋のかけ方|鉋 削り方

カンナがけの基本は平カンナです。出番が多く調節箇所も多いのが、このカンナです。使いこなせば、ほかにも応用が利きます。

鉋の刃を調節する

刃を出す

削り深さを設定するのが刃出し調節です。これによって、同時に引きの重さや面の仕上げ度合いも決まります。まず刃を出すには、カナヅチでカンナ身の頭をたたきます。

刃の調整1

刃を出す

カンナ身を叩いて、刃先の突き出しを調整する。カンナ台の下面からごくわずかに刃先が出ている状態にする。

刃の出代を確認

刃が下端から0.2ミリ出るくらいが標準です。刃の出具合を見ながらたたくには、図1のような持ち方になります。荒材を削るには0.4ミリ、仕上げは0.1ミリくらい。 0.1ミリの違いでも削り具合が変わります。これは刃を見ただけでははっきりしません。材料を削って試しながら調節するのが確実です。

刃の調整2

刃の出代

カンナくずが出る刃口の手前に、刃がわずかに出るように調整する。

刃の調整3

刃の調整3

カンナ台の最上部(台頭)を軽く叩いて、刃先を引つ込める。

刃を引っ込める時は台頭(だいがしら)の両端を交互にたたきます。中央をたたくと台が割れやすいので避けましょう。

また刃の傾きを直す時に、カンナ身の「こば」をたたくのも台割れのもと。代わりに、出過ぎた側の台頭をたたきます。カンナ身の刃出しが決まったら、裏金の刃先を0.3ミリまで近づけます,行き過ぎたら台頭をたたいてカンナ身ごと引っ込めます。

カンナ 刃だし 調整1

図1 カンナ 刃だし 調整

替刃式カンナの場合、木製台タイプなら同じ要領で調節できます。一部の製品では、裏金がカンナ身にかみ合って連動するため、裏金の調整は不要です。金属台のタイプはネジ式なので、勝手が違います。替刃交換も含めて、刃出し調節の方法を図に示しました。これも、基本的には刃を出す方向で調節します。

替刃式カンナ 調整

替刃式カンナ 調整

動画 カンナの刃の調節の仕方

平面を削る|鉋の使い方 ポイント

カンナが安定する持ち方を工夫しましょう。まず左手の2本指でカンナ身をつまみ、残りの指を台頭にかぷせます。右手は甲穴のすぐ後ろをつかんで下に押し付け、下端を材料に密着させて引きます。左手は左右のブレを押さえながら、補助的に引きます。下へは押しません。台は進行方向に真っすぐ向けましょう。台を斜めにして引くと軽く切れるのですが、続けていると材料も台も狂います。

常にひと息で削るのが基本です。長い材料であっても途中で刃を離さず、食いついた状態で体を移勣させてから、続きを削ります。広幅の板では、削り幅の端をやや重ねて隣へ移ります。最後は少ない刃出しで仕上げます。平而の確認は手触りでも大まかにわかりますが、これは局部的な凹凸の判定。全体の1ミみはスチール尺を板の対角線に当てて、間から透かして見れば確実です。

平面の削る方

平面の削る方

端面を削る|鉋の使い方 ポイント

板の木端はカンナが不安定で削りにくいものです。この場合、まず木工用万力などで材料をタテに固定しましょう。そしてカンナを密着させ、両rで水平の感覚をつかみます。次に手首を固めてひじで引きます。さらに木端の直角精度を出すには「木端立て削り」が有効です。

あらかじめ材料の下に平らな板を敷き、材料をはみ出させてクランプ止めにします。そしてカンナの木端を作業台にすり付けて引きます。この時、カンナを持つ手が刃に近づくので要注意。親指は台の木端に当てて、他の指は甲穴に置きます。なお、留め板が付いた「すり台」を作って用意すれば作業は効率的です。

さらに削りにくいのが木口。刃は板の繊維に引っかかり、端が欠けることもあります。これを削るには、カンナを木口に平行に当て、斜めに引きます。手前のカドが欠けないように、そこだけは逆方向に削って仕上げます。

木端、木口の削り方

木端、木口の削り方

最適カンナの使い方

最適カンナ

最適カンナ

台は金属製なのでそったりする心配がなく、磨き上げられているので材料
の上でもスムーズ。刃の交換も簡単に行うことができる

材料固定

カンナを手前に引くために材料を固定する。

最適カンナ1

材料固定

鉋をひく

カンナを材料に軽く押しつけるようにしながら、真つ直ぐカンナを手前に引く。

最適カンナ2

鉋をひく

鉋屑 清掃

カンナ屑をこまめに取り出してスムーズにカンナが削れる状態にする。

最適カンナ3

カンナ屑 清掃

鉋 使い方 コツ

鉋 コツ1

小物の表面をカンナがけする時は、カンナを動かすのではなく、片手でカンナを支えて、材料を台に当てながら動かす。

最適カンナ4

鉋 コツ1

鉋 コツ2

台にV字形の溝が刻まれている最適カンナなら、面取りも行える。材料の角にV字形の溝
を合わせてカンナがけを行なう。

最適カンナ5

鉋 コツ2

カンナ屑でチェック

カンナがけは木目に沿つてかける(準目)のが肝要で、木目に逆つてかける(逆目)と表面が荒れたザラザラな状態に削れてしまう。カンナ身が適性に調整され、カンナ台にも狂いがなく、そして正しい方向にカンナがけすれば、カンナくずはささくれがなく、きれいにつながった状態で排出される。

カンナ屑 確認

カンナ屑 確認

動画 鉋(かんな)の使い方 |初心者、女性向き

鉋(かんな)の手入れ、メンテナンス

下端の調整

カンナを使い慣れた人の話によく出てくるのが、荒・中・上仕工(しこ)といった、下端の調整方法です。図は、中仕エカンナの仕立て。確かにこのように段状に削り取ったカンナは、刃が材料をよくとらえて切れ味が優れます。ただ、これは長尺材料や、長時間の作業に備えた工夫です。カンナ台よりも短い材料にはガイド面が足りません。さらに1台で荒削りも仕上げ、硬材も軟材もこなすには、単純な平面のほうが適します。

下端の調整

下端の調整

そして台が乾燥して歪んだり、すり減った時は台直しカンナで修正です。簡単な方法としては、図のようなサンディング定盤で下端を研ぎます。これなら確実な平面が得られます。その際、カンナ身を抜いて作業すると台が変形する(変形が戻る)ので、やや刃を引っ込める程度にします。

台の修正

台の修正

鉋の仕込み

買ったばかりの鉋は、刃がでなく、切れません、鉋の台を作る人と、刃を作る人が違うので仕込みが必要です。

仕込みは、刃の裏に墨を塗り、あたったところを少しづつ削っていく、鉋は硬木が多いので、ノミを切れるようにしておく。

カンナ身がきつくはまって、なかなか刃が出ない場合があります。この状況では、カンナ身の幅が左右に当たるのか、厚さが押さえ溝の幅につっかえているのかを充分見極めます。

前者の対策としては、押さえ溝を深くして0.3ミリほどの余地を作れば直ります。鉛筆で正確に墨付けし、細身のノミで溝の底をさらいます。溝幅には触りません。削り量が少ないので、溝の手前から突いていくと底が歪みます。底にノミの裏を当ててガイドにし、奥側を削れば確実です。まめにスチール尺を当てて平面を確認し、カンナ身の収まりがよいところで完了です。

これでもきつい場合は、押さえ溝の幅をわずかに広げます。しかし、溝を台尻側に削り広げるのは、かなり微妙な作業です。むしろ背中なじみの平面をヤスリがけしたほうが安全です。カンナ身に鉛筆を塗って当たりを確かめ、きつい場所を削りましょう。時どきカンナ身をはめて具合を確かめます。もし、カンナ身が緩んでしまったら、背中なじみに薄紙をはさんで、適度な固さにします。

甲穴の調整

甲穴の調整

動画 鉋の下端削り 下端調整

動画 鉋 研ぎ方

カンナの「刃の研ぎ方」について

鉋(かんな)刃の角度

メンテナンスのなかでも、頻繁に行う必要があるのは刃研ぎでしょう。替刃式は別として、新品のカンナでも研いでから使ったほうがよく切れます。ここでは刃の角度を調べてみましょう。一般的な2枚カンナについて、刃の角度を図に示します。

カンナ身の角度は、「仕込み勾配」で表します。図にある40°は代表的な数値です。削る材料の硬さごとに適した角度がありますが、汎用性の面ではこのくらいに落ち着きます。この時の刃角は29゜です。

製品によっては、仕込み勾配39°と刃角28゜の組み合わせも実際にあります。これが刃角28゜未満になると、やや刃こぼれしやすくなります。その点、裏金は切るための刃ではなく、角度もシビアではありません。2段研ぎの先の刃角は70°くらいです。めったに摩耗はしませんが、サビたら研いで滑らかにします。カンナクズの折り返し具合は、研ぎよりも裏金の位置で決まります。

鉋台直し 油台

油台のメリットは下記のとうり

・切削抵抗を少なくする
・鉋台の反りなどの歪みを減らす

油を染みこませる方法は、カンナの刃を抜き、刃口をテープなどでふさぎ、鉋のV形に彫り込まれた部分に油をためます。しばらくおくと油が減りますから、つぎ足します。やがて木口から油がにじんできます。そうなれば完了です。約4~5日かかります、油は椿油が一番、適しています。

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電子工作工具活用ガイド 著者:加藤芳夫 電波新聞
4. 道具の徹底使用術  著者:荒井章 山海堂

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク