鉋(かんな)の正しい使い方、選び方

Google Translator
スポンサーリンク
カンナ イラスト

Contents

鉋(かんな)とは?|カンナ|英語:plane

鉋(カンナ)は木材の表面を削って平らにする道具です、長方形の樫の木台に刃を仕込み、木材に当てて、削ります。

以前は作業ばかりか調整にも熟練の技が必要であり、プロの大工さんもちょっとやそっとの修業ではまともに使えないといわれるほどカンナがけは難しいものだったが最近はDIYに最適な手カンナが開発されている。

スポンサーリンク

鉋(かんな)の機能と特長

鉋(カンナ) 機能と特長

鉋(カンナ) 機能と特長

画像出典先:DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店

鉋(かんな)の名称 |裏すき|鉋台|裏金

鉋の名称

鉋の名称

鉋(かんな)の裏押し、裏出し、裏打ち、裏すき

鉋は通常裏透きがあり、凹んだ裏透きの先端と刃先の先端の間の平面が無くなる事を裏切れと言い、凹みの部分はカーブに研げてしまい刃先を直線に研ぎ上げる事が出来なくなります。
又、裏透き部分は粗いので研いでも鋭利な刃先に研ぐ事は出来ず、削れない状態に陥ります。

そこで鉋の裏透き側を研ぎ再度平面部分を作り出し、刃先を真っ直ぐ研げるように再生するのが裏押しです。

裏出し(裏押し)の重要な目的は、片刃の刃物の裏(ハガネ側)を平らな鏡面に仕上げるということです。

鉋(かんな)の種類

鉋 イラスト

鉋 種類:画像出典先 道具の徹底使用術  著者:荒井章 山海堂

DIY用にホームセンターなどで販売されている木材は、表面がきれいにされたものがほとんどだ。しかし、さらに美しく仕上げることも不可能ではない。紙ヤスリで仕上げるかカンナで仕上げるかは趣味の問題。カンナがけを選んだ場合、手作業にするか電動にするかという選択肢があるが、手カンナはとにかく難しい。体力も必要。

ただし、技を究めさまざまなカンナを使いこなせば、平面から曲面まで美しい仕上げが可能です。さらに現在では、刃の調整が簡単に行える手カンナが誕生している。最適カンナという製品で、全体が金属製。台がそったりする心配もなく、動きもスムーズだ。小物のカンナがけなら電気カンナより手軽に行えてDIYに最適です。

最適カンナ

最適カンナは、購入した時点ですでに刃が最適な状態にセットされているので、すぐに使い始めることができる。もちろん替え刃式で、交換や調整が簡単に行えるのが大きなメリット。
使い方は従来のカンナと同じ。材料に密着させて手前に引く、基本はこれだけ。元からきれいな材に使うと、意外にきれいに仕上がるが、技を究めたいのであれば、やはり熟練を要する。

ジャンプ 最適カンナ ミニ J50

ジャンプ 最適カンナ ミニ J50

二枚刃カンナ|平カンナ

平坦に切削を行う平カンナで一般的なものが二枚刃カンナだ。実際に切削を行うカンナ刃と、食い込みを防止する裏金の2枚があるため、こう呼ばれる。カンナ刃の切れ味が悪くなったら交換する替え刃式が主流になっている。

二枚刃カンナは逆目削りの時でも材料が欠けにくいカンナです。

鉋 裏金の役目

鉋の裏金はカンナの刃を固定するためにあります、鉋で削る時に木部の頭の部分を叩き1度刃と裏金を緩め刃の高さを調節します。確認は木部の尻の方から透かして刃の出具合を見る。

木部の頭を叩けば刃がへこみ少し出したいとき刃の後ろを叩けば刃が出ます。

木部から少し刃が出るくらい 裏金を叩いて刃をしめつけ固定して使用します、 裏金が緩かったりすると、力を入れて木を削ったときに刃が緩み木面が斜めになったり、刃がへこんで削れなくなります。

二枚刃鉋

長台カンナ

「平カンナ」の一種類、平らな台で平らに削るタイプです。そのなかで、長台カンナは仕上用などの平面精度を要求する作業に使われます。専門的なのでめったに見ることはありません。

長台かんな

長台かんな

小カンナ |豆カンナ

小さいものには小カンナがあり、さらに手の中に収まるほどの豆カンナもあります。細部の平面ではサンドペーパーよりも手早く正確な作業ができます。小カンナには裏金は付かず、1枚カンナが普通です。

小鉋|豆カンナ

小鉋|豆カンナ

台直しカンナ

台直しカンナは直立した刃を持つカンナで、その名のようにカンナ台の修正や、黒檀などの硬木を削る時に使います。

台直しカンナ

台直しカンナ

面カンナ

面カンナは曲面用です。内丸型は主に面取り用、外丸は円筒の内面や隅のアールを削ります。特殊なものでは、複雑な形状の刃を持った「飾り面取り」用もあります。

内丸鉋

内丸鉋

外丸鉋

外丸鉋

反り台カンナ|鉋 曲面

反り台カンナは円筒や曲面の内側を円周方向に削るカンナです。

反り台カンナ

反り台カンナ

さくり(作里・しゃくり)カンナ

さくり(作里・しゃくり)カンナは局部的な平面を削るカンナ。溝の底や側壁、隅を削ります。面カンナ、さくりカンナとも、やや特殊タイプながらもホームセンターなどで大半の種類を見ることができます。

さくり(作里・しゃくり)カンナ

鉋(かんな)の構造、仕組み |鉋台

次の図は、一般的な2枚カンナの構造です。最初にカンナ身から見てみます。

平カンナの構造

平カンナの構造

これは軟鋼の地金と、切るための鋼を張り合わせてできています。銘が打ってある部分は表です。ここまでは地金で、境界線のカエサキをはさんで、下の部分は鋼でできた「裏」になります。これらの反対面が背です。つまり表裏は同じ面にあります。裏の中央部はわずかにくぼんでいます。

ここは「うらすき」といい、硬い鋼を研ぐ労力を減らすための形です。カンナ身の厚さは刃先に向かってせばまるクサビ型で、台の溝にしっかりはまります。一方「こば」にもテーパがあり、こちらは刃の出方が傾いた時の調節代になっています。

裏金は逆目削りの際に、刃が材料に深く剌さるのを防ぎます。カンナクズを連続的に折り曲げるヘラの役目です。そのため刃先はさほど鋭角ではありません。
これらがカンナ台に装着された状態では、カンナ身は「押さえ溝」の溝幅で支えられ、「背中なじみ」に当たって安定します。裏金は「押さえ棒」でカンナ身側に押され、また耳を折り曲げた量で2枚が密着するように調整されています。

カンナ台はつかむ部分なのに四角形で、カドが手に当たります。これには理由があります。木端は下端に対して直角。ここを作業台にすり付けて材料を直角に削るためです。また、刃を出したままのカンナは、木端を下にして置きます。これらのため、木端は広い直角面になっています。
替刃式カンナについては木製台のタイプを図示しました。このタイプではベース(カンナ身)にある「位置決めボス」に替刃をはめて、さらに裏金で押さえたものが主流です。位置決めボスの形状に種類が多く、メーカー間には林刃の互換性はありません。金属台のタイプは「使い方」の中で解説します。

鉋(かんな)の選び方|サイズ

追入れノミは基本的にホゾ穴を彫る道具です。どのくらい専門的にホゾを加工するかによって、サイズの揃え方が変わります。またルーターや電気ドリルを併用しても、丸くしか削れないので、必ず削り残しができます。

鉋(かんな)の選び方 ポイント

1.はじめに身幅(50~60ミリサイズ 鉋台7寸~9寸)の鉋を揃える。

2.刃研ぎができない方は替刃式を選ぶ。

3.初心者は最適カンナがおすすめ。

鉋(かんな)の定番&逸品|メーカー 価格比較

常三郎 |おすすめ鉋 通販 高級

常三郎 ハイス 四方反り鉋 押(裏)金付 白樫

難しい裏だし作業をしなくても裏刃を研ぎださせるように設計されている。耐久性、耐摩耗性に優れたハイス鋼(SKH51)を使用。

土牛産業 |おすすめ鉋 通販 アマゾン

土牛カンナ 仁田四郎 65mm 高級

狂いや摩耗の少ない、別上油台(9寸台)付の高級カンナ。

DOGYU 土牛 鉋 仁田四郎65mm かんな 00016
価格:11257円(税込、送料別)

角利産業|おすすめ鉋 通販 amazon

角利 ミニ鉋 芯樫 42×150mm 小型

職人の手仕上げによる本刃付です。台は自然乾燥をさせた国産樫材を使用しています。

角利 ミニ鉋 芯樫 42×150mm/【送料込】
価格:1239円(税込、送料無料)

鉋(かんな)使い方|鉋のかけ方|鉋 削り方

カンナがけの基本は平カンナです。出番が多く調節箇所も多いのが、このカンナです。使いこなせば、ほかにも応用が利きます。

鉋の刃を調節する

刃を出す

削り深さを設定するのが刃出し調節です。これによって、同時に引きの重さや面の仕上げ度合いも決まります。まず刃を出すには、カナヅチでカンナ身の頭をたたきます。

刃の調整1

刃を出す

カンナ身を叩いて、刃先の突き出しを調整する。カンナ台の下面からごくわずかに刃先が出ている状態にする。

刃の出代を確認

刃が下端から0.2ミリ出るくらいが標準です。刃の出具合を見ながらたたくには、図1のような持ち方になります。荒材を削るには0.4ミリ、仕上げは0.1ミリくらい。 0.1ミリの違いでも削り具合が変わります。これは刃を見ただけでははっきりしません。材料を削って試しながら調節するのが確実です。

刃の調整2

刃の出代

カンナくずが出る刃口の手前に、刃がわずかに出るように調整する。

刃の調整3

刃の調整3

カンナ台の最上部(台頭)を軽く叩いて、刃先を引つ込める。

刃を引っ込める時は台頭(だいがしら)の両端を交互にたたきます。中央をたたくと台が割れやすいので避けましょう。

また刃の傾きを直す時に、カンナ身の「こば」をたたくのも台割れのもと。代わりに、出過ぎた側の台頭をたたきます。カンナ身の刃出しが決まったら、裏金の刃先を0.3ミリまで近づけます,行き過ぎたら台頭をたたいてカンナ身ごと引っ込めます。

カンナ 刃だし 調整1

図1 カンナ 刃だし 調整

替刃式カンナの場合、木製台タイプなら同じ要領で調節できます。一部の製品では、裏金がカンナ身にかみ合って連動するため、裏金の調整は不要です。金属台のタイプはネジ式なので、勝手が違います。替刃交換も含めて、刃出し調節の方法を図に示しました。これも、基本的には刃を出す方向で調節します。

替刃式カンナ 調整

替刃式カンナ 調整

動画 カンナの刃の調節の仕方

平面を削る|鉋の使い方 ポイント

カンナが安定する持ち方を工夫しましょう。まず左手の2本指でカンナ身をつまみ、残りの指を台頭にかぷせます。右手は甲穴のすぐ後ろをつかんで下に押し付け、下端を材料に密着させて引きます。左手は左右のブレを押さえながら、補助的に引きます。下へは押しません。台は進行方向に真っすぐ向けましょう。台を斜めにして引くと軽く切れるのですが、続けていると材料も台も狂います。

常にひと息で削るのが基本です。長い材料であっても途中で刃を離さず、食いついた状態で体を移勣させてから、続きを削ります。広幅の板では、削り幅の端をやや重ねて隣へ移ります。最後は少ない刃出しで仕上げます。平而の確認は手触りでも大まかにわかりますが、これは局部的な凹凸の判定。全体の1ミみはスチール尺を板の対角線に当てて、間から透かして見れば確実です。

平面の削る方

平面の削る方

端面を削る|鉋の使い方 ポイント

板の木端はカンナが不安定で削りにくいものです。この場合、まず木工用万力などで材料をタテに固定しましょう。そしてカンナを密着させ、両rで水平の感覚をつかみます。次に手首を固めてひじで引きます。さらに木端の直角精度を出すには「木端立て削り」が有効です。

あらかじめ材料の下に平らな板を敷き、材料をはみ出させてクランプ止めにします。そしてカンナの木端を作業台にすり付けて引きます。この時、カンナを持つ手が刃に近づくので要注意。親指は台の木端に当てて、他の指は甲穴に置きます。なお、留め板が付いた「すり台」を作って用意すれば作業は効率的です。

さらに削りにくいのが木口。刃は板の繊維に引っかかり、端が欠けることもあります。これを削るには、カンナを木口に平行に当て、斜めに引きます。手前のカドが欠けないように、そこだけは逆方向に削って仕上げます。

木端、木口の削り方

木端、木口の削り方

最適カンナの使い方

最適カンナ

最適カンナ

台は金属製なのでそったりする心配がなく、磨き上げられているので材料
の上でもスムーズ。刃の交換も簡単に行うことができる

材料固定

カンナを手前に引くために材料を固定する。

最適カンナ1

材料固定

鉋をひく

カンナを材料に軽く押しつけるようにしながら、真つ直ぐカンナを手前に引く。

最適カンナ2

鉋をひく

鉋屑 清掃

カンナ屑をこまめに取り出してスムーズにカンナが削れる状態にする。

最適カンナ3

カンナ屑 清掃

鉋 使い方 コツ

鉋 コツ1

小物の表面をカンナがけする時は、カンナを動かすのではなく、片手でカンナを支えて、材料を台に当てながら動かす。

最適カンナ4

鉋 コツ1

鉋 コツ2

台にV字形の溝が刻まれている最適カンナなら、面取りも行える。材料の角にV字形の溝
を合わせてカンナがけを行なう。

最適カンナ5

鉋 コツ2

カンナ屑でチェック

カンナがけは木目に沿つてかける(準目)のが肝要で、木目に逆つてかける(逆目)と表面が荒れたザラザラな状態に削れてしまう。カンナ身が適性に調整され、カンナ台にも狂いがなく、そして正しい方向にカンナがけすれば、カンナくずはささくれがなく、きれいにつながった状態で排出される。

カンナ屑 確認

カンナ屑 確認

動画 鉋(かんな)の使い方 |初心者、女性向き

鉋(かんな)の手入れ、メンテナンス

下端の調整

カンナを使い慣れた人の話によく出てくるのが、荒・中・上仕工(しこ)といった、下端の調整方法です。図は、中仕エカンナの仕立て。確かにこのように段状に削り取ったカンナは、刃が材料をよくとらえて切れ味が優れます。ただ、これは長尺材料や、長時間の作業に備えた工夫です。カンナ台よりも短い材料にはガイド面が足りません。さらに1台で荒削りも仕上げ、硬材も軟材もこなすには、単純な平面のほうが適します。

下端の調整

下端の調整

そして台が乾燥して歪んだり、すり減った時は台直しカンナで修正です。簡単な方法としては、図のようなサンディング定盤で下端を研ぎます。これなら確実な平面が得られます。その際、カンナ身を抜いて作業すると台が変形する(変形が戻る)ので、やや刃を引っ込める程度にします。

台の修正

台の修正

鉋の仕込み

買ったばかりの鉋は、刃がでなく、切れません、鉋の台を作る人と、刃を作る人が違うので仕込みが必要です。

仕込みは、刃の裏に墨を塗り、あたったところを少しづつ削っていく、鉋は硬木が多いので、ノミを切れるようにしておく。

カンナ身がきつくはまって、なかなか刃が出ない場合があります。この状況では、カンナ身の幅が左右に当たるのか、厚さが押さえ溝の幅につっかえているのかを充分見極めます。

前者の対策としては、押さえ溝を深くして0.3ミリほどの余地を作れば直ります。鉛筆で正確に墨付けし、細身のノミで溝の底をさらいます。溝幅には触りません。削り量が少ないので、溝の手前から突いていくと底が歪みます。底にノミの裏を当ててガイドにし、奥側を削れば確実です。まめにスチール尺を当てて平面を確認し、カンナ身の収まりがよいところで完了です。

これでもきつい場合は、押さえ溝の幅をわずかに広げます。しかし、溝を台尻側に削り広げるのは、かなり微妙な作業です。むしろ背中なじみの平面をヤスリがけしたほうが安全です。カンナ身に鉛筆を塗って当たりを確かめ、きつい場所を削りましょう。時どきカンナ身をはめて具合を確かめます。もし、カンナ身が緩んでしまったら、背中なじみに薄紙をはさんで、適度な固さにします。

甲穴の調整

甲穴の調整

動画 鉋の下端削り 下端調整

動画 鉋 研ぎ方

カンナの「刃の研ぎ方」について

鉋(かんな)刃の角度

メンテナンスのなかでも、頻繁に行う必要があるのは刃研ぎでしょう。替刃式は別として、新品のカンナでも研いでから使ったほうがよく切れます。ここでは刃の角度を調べてみましょう。一般的な2枚カンナについて、刃の角度を図に示します。

カンナ身の角度は、「仕込み勾配」で表します。図にある40°は代表的な数値です。削る材料の硬さごとに適した角度がありますが、汎用性の面ではこのくらいに落ち着きます。この時の刃角は29゜です。

製品によっては、仕込み勾配39°と刃角28゜の組み合わせも実際にあります。これが刃角28゜未満になると、やや刃こぼれしやすくなります。その点、裏金は切るための刃ではなく、角度もシビアではありません。2段研ぎの先の刃角は70°くらいです。めったに摩耗はしませんが、サビたら研いで滑らかにします。カンナクズの折り返し具合は、研ぎよりも裏金の位置で決まります。

鉋台直し 油台

油台のメリットは下記のとうり

・切削抵抗を少なくする
・鉋台の反りなどの歪みを減らす

油を染みこませる方法は、カンナの刃を抜き、刃口をテープなどでふさぎ、鉋のV形に彫り込まれた部分に油をためます。しばらくおくと油が減りますから、つぎ足します。やがて木口から油がにじんできます。そうなれば完了です。約4~5日かかります、油は椿油が一番、適しています。

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電子工作工具活用ガイド 著者:加藤芳夫 電波新聞
4. 道具の徹底使用術  著者:荒井章 山海堂

スポンサーリンク
facebook Like Box
Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ヤスダフミヒデ より:

    何かと勉強になります有難う御座います

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です