レーザー墨出し器の正しい選び方、使い方【図解】

レーザー墨出し器 イラスト

レーザ墨出し器の使い方

 レーザ墨出し器は、本体からレーザ光を照射して天井や壁面に水平や垂直のラインを表示するしくみです。照射されたラインをもとに配管などの設置位置に印をつければ、広範囲の作業もスムーズに行うことができます。

 レーザ墨出し器には、屋内専用、屋外専用、屋内外兼用などの種類があるので、使用場所に合わせて適切なものを選択します。レーザ光の照射方向は水平・垂直の両方に対応したもののほか、いずれか一方だけのタイプもありレーザの色には赤や緑などがあります。

 また、明るい場所などでレーザ光が確認しづらい場合には受光器と呼ばれる機器を使ってレーザ光の位置を確認することもあります。

運搬時でも常に揺れていると、ベアリング及びベアリング軸が僅かに磨耗し、精度が落ちることになります。

そのためにも使わない時はベアリング及びベアリング軸を磨耗させないように固定することが大切です。

ですから、レーザー墨出器を使用しない際には必ず振り子を固定させてください。

(モーターで調整するタイプは必要ありません。)

 動画  レーザー墨出し器の使い方

動画 野外現場のレーザー墨出し器の使い方

レーザー墨出し器用 受光器

工事現場でレーザー墨出し器を使用する場合、レーザー光は昼間は良く見えず、センター(中心位置)が不明瞭の為に以前は墨出しは夜間等に実施していたがレーザー墨出し器用受光器の登場のおかげで昼間でも墨出しが可能となり、作業効率が向上した。

レーザー墨出し器 受光器

レーザー墨出し器 受光器

レーザー墨出し器用の三脚

レーザー墨出し器用のエレベーター三脚は、水平レーザーラインを上下に移動させる場合に使用します。本体に付属している三つの爪脚部分を三脚と誤解される場合も多いですが、この本体三脚は本体を水平に据え置くために数mmレベルでの微調整に使用します。

一般的には、本体の高さ以上に水平ラインを移動させる場合には、必要な高さまで伸びるエレベータ三脚が必要です。最も一般的な三脚は、1,500mm前後の三脚です。店舗や施設などで高所での墨出しが必要な場合は3,000mm前後の高所用エレベータ三脚を使用します。

シンワ レーザー墨出し器用 エレベーター三脚 A 76629

アマゾン 楽天

レーザー墨出し器の修理、故障対策

レーザー墨出し器 電源入らず

原因:

電池ボックス内に電解液の漏液痕跡があり、分解する裏側の配線が腐食して断線。

レーザー墨出し器 修理 漏液

レーザー墨出し器 修理 漏液

修理:

内部の電解液を洗浄し、断線部分を再半田実施。

レーザー墨出し器 修理 再半田

レーザー墨出し器 修理 再半田

レーザー墨出し器 中古品 買い取りショップ 比較

レーザー墨出し器の中古品はヤフークション、工具を高額で買い取ってくれる工具買取王等の業者で販売しています。

ポイントはメールでの取引している業者を選び、他業者と比較して価格、中古程度、保証期間等を確認する事です。

決して安物買いの、銭失いをしないこと。

ヤフオク! – 「レーザー墨出し器」中古

ヤフオク! – 「レーザー墨出し器」の検索結果

工具買い取り王 「レーザー墨出し器」中古

工具を買い取り、販売しています、格安 工具をあり。

工具買い取り王

参考文献

電気工事の工具が一番わかる (しくみ図解) 松本 光春 (著)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク