卓上グラインダーの正しい選び方、使い方

ベンチグライダー イラスト

卓上グラインダーとは|ベンチグラインダー?

作業台に置けば、いつでもすぐに刃物を研げる「卓上グラインダー」。万力に固定しにくいものも自由に研げます。ポータブル型のクラインダーよりも、かえって手軽かもしれません。金属や刃物をよく使う方にはお勧めですまた、ベンチグラインダーとしての呼び名もあります。

英語:Bench grinder

卓上グラインダー 名称

卓上グラインダーの機能、特徴

卓上グラインダーは左右に粒度の違う、大きな回転砥石を備えることから「両頭グラインダー」とも言われます。径が大きくなるほど、材料に当たる面が平らに近いものとなります。それを正面に向け、研ぎ角度を見やすくしています。
卓上型の電動工具には、広いテーブルが付き物ですが、研削研磨ではさまざまな角度で使うために、小さな支持台のみとなります。この支持台(ツールレスト)を支点として材料を移動させるので、微妙な加減がつけられます。これが支持台の優れた点です。

砥石の種類は少なく、荒研ぎ専用の単機能研削機といった性格です。静かな回転音の中で、落ち着いて刃物の修正をするのが本来の使い方でしょう。

卓上グラインダー 機能砥石の特定の部分だけを減らさないよう材料を左右に動かしながら研削。材料を安定させたい時はツールレストを利用

卓上グラインダーの用途

卓上型の利点は、固定しにくい小さな材料でも自由に研削・研磨できることです。支持台の上でゆっくり外形を整えられます。大きな回転砥石はたっぷり使えて惜しげありません。何ミリも削り落す重研削も難なくこなせます。

金属の切り口にはバリが付き物。そばに卓上グラインダーを備えておけば、切るたびにさっとバリ取りができます。金属も身直な工作材料になるでしょう。また砥石に当てる角度が見やすいのも長所。刃物の荒研ぎによく使われます。「焼き入れ」された硬い刃物も研げる反面、柔らかいアルミは目詰まりします。

卓上グラインダー 用途

卓上グラインダー 砥石の選び方

砥石がすり減ってラベルの近くまで小さくなると、表面の周速度も遅くなります。このあたりが交換時期と言えます。砥石は粒度と直径を指定すれば購入できます。粒度は36~120番があり、普通は36と60番が付いています。

また、ノコ刃を研ぐためには、薄手の砥石もあります。卓上グラインダーには砥石の種類もさほど多くないので、もとと同じものに交換することが多いでしょう。

そこで砥石の交換作業を見てみましょう。一般的な径150mm程度のサイズなら、そう難しいものではありません。まず電源プラグを抜き、安全カバーを外します。

中心にあるナットを緩めれば砥石は取り出せます。メガネレンチが使いやすいでしょう。ただし左側砥石のナットは左ネジ、右は普通の右ネジです。緩める向きに注意しましょう。また、たいがいの機種はスピンドルロツクがありません。

ナットを緩める際は、砥石と支持台とのあいだにウェスを詰め込んで回転止めにします。ウェスはクサビ状にして効かせます。反対側の砥石にあるナットにもレンチをかけて緩める方法では、片側が締まり過ぎになります。

新しい砥石を付けて組み立てます。砥石はぶつけたり落したりしないよう大切に扱います。またインナーフランジにはキーの噛み合わせがあるので、確実に合わせましょう。ナットはいったん指締めにして、砥石の座り具合を確かめてからレンチで締めます。安全カバーなど、すべてを組み立ててからスイッチを入れ、異常な振動がないことを確かめます。

卓上グラインダー 砥石 交換
実際の作業では、あらかじめ支持台とプレートを緩めて、円の外側にずらしておきます。新しい砥石のほうがすり減っていない分、径が大きくなり、ここにつかえてしまうからです。ほかが組み立てられたら、この再調整をします。

支持台は砥石から1~2mmのすき間をあけて水平に固定します。プレートも同じすき間をあけます。このプレートはカバー内に飛ぶ砥粒をせき止めています。

卓上グラインダー 支持台 調整

卓上グラインダーの選び方

卓上グラインダーのおもな用途は、金属端面の研削と刃物の荒研ぎで、やや限られています。ディスクサンダーに対しては、研削の正確さが魅力です。また刃物を研ぐ機会が多い方は「刃物研磨機」とも比較したくなります。

これは一方の金属研削とどちらに比重を置くかの問題です。手研ぎも楽しみのうちであったり、ある程度汎用性をという向きには、この卓上グラインダーがよい選択でしょう。

卓上グラインダーのサイズは、砥石径125~305mmがあります。しかし単相100ボルトで使えるのは205mmまで。これを越えると3相交流になります。お勧めは径150mmで取っ手付きのタイプです。これなら重さ10kg以内なので、持ち歩いて使えます。研ぐ時だけ作業台の上に置き、あとは収納する。このほうが作業台が広く使えるでしょう。ちょうど糸ノコ盤と同じ使い方です。

この場合、取っ手の有無は作業の程度も意味します。取っ手のないタイプは強力なモーターを内蔵し、材料をガンガン押し付けて研ぐ「重研削」用です。そのために、しっかりした台ヘボルト締めする「据え付け」専用としています。専門的な使い方をする方に適したタイプです。

卓上グラインダー おすすめ ネット通販サイト 価格比較

アマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋の卓上グラインダー 人気ランキングです。

アマゾン ランキング  おすすめ 卓上グラインダー

アマゾンのおすすめ 卓上グラインダー ランキングです。一時間毎に更新されます。最新のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Bench grinder1

アマゾン 卓上グラインダー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

Yahoo!ショッピング  ランキング 卓上グラインダー

Yahoo!ショッピングの売れ筋卓上グラインダー ランキングは下記のとおり。最新のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Yahoo! 卓上グラインダー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

おすすめ 楽天ショップ ランキング 卓上グラインダー

楽天ショップの売れ筋 卓上グラインダー ランキングは下記のとおり。

最新ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。
楽天 卓上グラインダー 売れ筋ランキング
Bench grinder3

楽天 卓上グラインダー 売れ筋ランキング(現在2017年6月21日)

 卓上グラインダ おすすめの定番|メーカー 価格比較

マキタ 卓上グラインダ 150mm GB602W

砥石外径:150mm
砥石厚さ:右16mm、左6.4mm
砥石内径:12.7mm
回転数:(50Hz)2850、(60Hz)3450回転/分
電源:単相100V
電流:2.8A
低各種強く:250W

アマゾン 楽天

マキタ電動工具 150mm卓上グラインダー GB602
価格:9360円(税込、送料別)

リョービ(RYOBI) 両頭グラインダ 砥石径150mm TG-61 632500A

砥石径:(外径)150mm、(内径)12.7mm、(厚さ)19mm
回転数:(50Hz)3,000min-1、(60Hz)3,600min-1
電源:単相100V
電流:4.0A
消費電力:270W
定格使用時間:30分
電源コード:2m

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リョービ(RYOBI) 両頭グラインダ 砥石径150mm TG-61 632500A
価格:7080円(税込、送料別) (2017/1/1時点)

日立工機 軽便グラインダー 砥石径150mm のみ/鎌/包丁等刃砥ぎ NTG-150

トイシ寸法(mm):150×16×12.7
粒度:36・60
結合度:N
電流(50/60Hz)(A):2.0/1.8
回転数(min-1):(50Hz)3,000・(60Hz)3,600
コード:2心・2.0m
標準付属品:レジノイドトシイ・スパークブレーカ

アマゾン 楽天

NTG-150 日立工機 150mm 軽便グラインダ
価格:18662円(税込、送料別)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク