タッカーの正しい使い方、選び方、手入れ

タッカー イラスト

タッカーとは?|機能と特長

木工や建築用のホッチキスといえる工具がタッカーです、家具に布や革を張る場合や、木材にモルタルを塗るような場合に使用します。

イスの裏側などに、生地を止めたホチキス針を見ることがあります。薄い合板を止めたものも。これらはホチキスに似ていますが、そうではありません。これはタッカーで打つたものです。使い始めれぱ便利で手放せません。

英語:tacker

タッカーの種類

建築現場では電動タッカーや高圧エアタッカーが多用されているが、手動のものもある。金づちのように打ちつけた衝撃でステイプルを打ち出すハンマータッカーもあるが、慣れないと目的の位置に打ちにくい。確実に目的の位置に打ちたければレバーを握ることでステイプルを打ち出すガンタッカーのほうがいい。

タッカーには工作用のガンタッカーと、工事用のハンマータッカーとがあります。ガッタッカーはイス張り、薄い合板の張り付け、そしてポスターの掲示などに使われます。片手で材料を引っぱったり、位置合わせをしながら張る作業に向いています。ハッドルを握る動作だけで、手早く連続打ちができます。
ハッマータッカーはハッマーのようにたたいて打ちます。壁塗り前の金網(ラス)張りや、屋根の防水下地紙(ルーフィング)を張る時など、遠くまで広い範囲に手が届くのが便利ですが、狙い打ちとしてはやや大ざっぱです。

タッカー 種類

タッカー 種類

タッカーの針もホッチキス、同様の形状でステープル(ステイプル)という。この針で布状や網状のものを固定する工具がタッカーだ。建築ではモルタル下地となるラス網や防水・防湿紙の固定などに使われる。家具作りでも活躍する。

ステープルはホチキス針と同寸法ですが、先端が鋭く、丈夫なステンレス製も選べる点が異なります。根本的な違いは先端を折り曲げずに剌すことです。

ステーブルのサイズ

ステーブルのサイズ

タッカーの選び方

工作にも修理にも汎用性があるのはガンタッカー。家屋の補修などの予定がなければ、このほうがお勧めです。製品には打ち込み能力や打撃力の、直接的な表示がありません。「適用ステープル」の表示で、13ミリまでとあれば充分な能力です。ベニヤ合板などは見た目よりも刺さりにくいので、余裕をみておきます。

やや無理をするとステープル詰まりが多いのは、ホチキスと同じです。重くて頑丈な製品を選ぶのが賢明です。またステープルはホチキス用も装着できますが、故障のもとです。専用のステープルを使いましょう。

タッカーの定番|メーカー 価格比較

高儀 GISUKE パワーハンディータッカー PWHT-100

椅子・ベッドなどの補修、断熱材止め、網張り、パネル・キャンバス貼りなどに
使用可能針サイズ:幅12mm×長さ6・8・10・13mm

アマゾン 楽天

大工さん用軽量・コンパクト◇エアータッカー/エアー釘打機

大工さんは勿論、日曜大工まで大活躍のエアタッカー、軽量&コンパクト、高品質。

エアコンプレッサーを使っての使用になります。

アマゾン 楽天

Amazon おすすめ タッカー関連

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク