グル―ガンの正しい使い方、選び方

Google Translator
スポンサーリンク
グル―ガン イラスト

グル―ガンとは?|英語:Glue Gan

熱で溶けたプラスチックを接着面に送り、冷えて固まって接着できるのがグルーガン。接着力は弱いが仮どめには非常に便利です。

グルーガンで使われる接着剤をホットメルト接着剤といいます。普通、グルースティックと呼ばれているものです。
グルースティックは、固形樹脂でできているロウソクのようなものでグルーガンで熱っすることで溶け、冷えれば即接着力できるというものです。

グル―ガン

グル―ガン

グル―ステック カラー

グル―ステック カラー

グル―ガンの用途

グルーガンは、ホットボンドやホットメルトなどさまざまな名称で呼ばれるもの。棒状の熱可塑性プラスチックを熱で溶かし、冷えて固まっていく過程で周囲のものを内部に取り込み、接着が行われる。

ホビーや手芸など小さなものや軽いものの接着に使われることが多いが、木工をはじめさまざまな作業でも仮どめとして使えます。

スポンサーリンク

グルーガンの選び方

標準タイプ(11ミリ)とミニタイプ(7ミリ)

グルーガンには、使用する接着剤ーグルースティックのサイズによって直径11mmのものと7mmの2種類があるんでサイズを間違って購入しないこと。

初めは工業用の11ミリのものが主流でしたが家庭用の小型で軽量の7ミリのミニグルーガンも普及してきました。

軽くて取り回しが楽なミニグルーガンは手芸などでの使用には適しています。

グル―ガン7mm 11mm

グル―ガン7mm 11mm

高温用と低温用

グルーガンには高温用と低温用があり、グルースティックにも高温用と低温用があります。

当初は工業用の高温用だけでしたが家庭用に火傷防止のために低温用のグルーガンが開発されました。ミニグルーガンの多くは低温用ですが 高温用だったり、両方の切り替えができるものもあります。

高温用は180度位、低温用は130度位に設定されており、 パッケージ等の表示でされております、低温用のグルーガンで高温用のグルースティックを使うと接着強度が低下しますので注意しましょう。

グル―ステック 高温用 低温用

グル―ステック 高温用 低温用

グルーガンの定番|メーカー 価格比較

SK11 エスケー11

 ボンドガン ピタガン 木材 紙 皮革 プラスチック用 GM-100

家庭用 サイズ:7.5ΦX100mm

エンジニア 熱着ボンドプロSHB-01

コードレス ガス式グルーガン です、電気のない場所でも使用できます。

エンジニア/ENGINEER 熱着ボンドプロ SHB-01
価格:6017円(税込、送料別)

プリザーブドフラワー用グルーガンの選び方

フラワーアレンジ、リース作りに必需品の「グルーガン」。しかしグルーガンには、加熱温度が低温・高温のもの、ノズルが細いものといった色々な種類があるので、どれを選んだらいいのか分からない方も多いのでは?、そこでプリザーブドフラワー用グルーガンの選び方のポイントをまとめました。

低温 グル―ガンを選ぶべし

花びらが変色する原因になるので低温グルーガンがお勧めです、低温用は130度位の温度設定となりますが安価な製品には表示がないものもあります、良く、見て、購入して下さい。

 EARTH MAN 乾電池式コードレスグルーガン GG-210CL

●フラワーアレンジメントに ●屋外作業に

プリザーブドフラワー対応グル―ガン

プリザーブドフラワー対応グル―ガン

グル―ステックも低温用を選ぶべし

グル―ステックも高温用と低温用があります、間違って購入しないでください、接着できなくなります。

現在、市販で低温高温兼用グルースティックも売られています、低温高温どちらにでも使用できるので便利です。

グルースティック・低温高温兼用・EVA系HI&LO-S50本入りパック 小型ガンG4HS,G3H,G3LT用

百均グルーガン通販(ダイソー、セリア)は避けるべし

100均通販のダイソー、セリアは極力、させて使用したほうが無難です。

品質、安全性で信頼性が乏しいです、既に購入した方は絶対にグル―ガンの通電中は離れて作業しないでください。かならず、電源線を抜いてから次に作業をしてください。

グルーガンの使い方

グルーガンのなかにはピストルのようなトリガー式のレバーで接着剤(熱可塑性プラスチック)を押し出すものもあるが、親指で押しながら使うものが多い。接着剤は細長い円柱状のものでスティックと呼ばれる。梱包などの業務用では太いスティックも使われるが、一般的に使われているのは7mm径前後のものと1 1 mm径前後のもの。 11mm径に対応したガンで7mm径のものは使えるが、逆は無理。スティック購入時には注意が必要だ。

電源を入れて加熱が始まると接着剤が溶けてくる。この状態でスティックを押すと、先端から接着剤が出る。接着面につけると10秒程度で硬化が始まるので、固定する材料をすぐに押しつける必要がある。使用していてスティックが短くなり、本体内に人つてしまつたら、次のスティックを入れて押せばいい。

仮どめに使用した場合、完成時に見えないグルーガンの作業中には接着剤が糸を引くことが多い位置ならそのままでもいいが、見える位置の場合は接着剤をはがす必要がある。再加熱す
れば軟らかくなるが、木材につけた場合は、 接着剤とのすき間に刃先の薄いマイナスドライバーなどを差し込むと、ポロッと取れることが多い。また、エタノールをつけた布を押 しつけることでも接着剤が取れやすくなる。

グルーガンの使い方 ポイント

電源を入れる

グル―ガン 使用法 電源投入

グル―ガン 使用法 電源投入

グルーガンには電源などのス
イッチがあるものは少ない。
プラグを差せば加熱が始まる

接着剤棒を装着

グル―ガン 使用法2

グル―ガン 使用法  接着剤棒を装着

温度が上昇するのをしばらく
待ち、セットした接着剤の後
端を押し込んでいく

接着剤量の調整

グル―ガン 使用法 接着剤量の調整

グル―ガン 使用法 接着剤量の調整

加熱によって溶けた接着剤が
先端部分から流れ出す。押し
具合で出る量が調整できる

接着剤を塗布

グル―ガン 使用法 接着剤を塗布

グル―ガン 使用法 接着剤を塗布

接着する部分に接着剤をつけ
る。少し多めだと思うぐらい
の量をつけたほうが確実

グールガンの塗布の仕方

グールガンの塗布の仕方  出典先サイト:http://www.agusyornet.com/

接着状態の固定保持

グル―ガン 使用法 接着状態の固定保持

グル―ガン 使用法 接着状態の固定保持

接着剤が冷える前に接着する
ものを押しつけて、しばらく
その状態を保持している

接着剤の硬化

グル―ガン 使用法 接着剤の硬化

グル―ガン 使用法 接着剤の硬化

冷えるにつれて接着剤が硬化
していく。同時に透明だった
接着剤が乳白色に戻る

動画 グルーガンの使い方|初心者、女性向き

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電子工作工具活用ガイド 著者:加藤芳夫 電波新聞
4. 道具の徹底使用術  著者:荒井章 山海堂

スポンサーリンク
facebook Like Box
Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です