金切鋸の正しい使い方、選び方、手入れ

金切ノコギリ イラスト

金切鋸とは?|英語:Metal cutting saw

金属やプラスチック、レンガまで切ることができ、粗大ゴミの解体などにも役にたちます。

金切鋸の選ぶ方及び使い方を初心者、女性にもわかるよう図解、写真で説明しています。

金切鋸の名称 |替刃

金切ノコギリ 名称

金切ノコギリ 名称

金切鋸の種類

金切ノコギリの種類

金切ノコギリの種類

基本形状は弓ノコ、金切りノコはネジで細身のノコ刃を引き、張力を加えて固定しています。金属板や鉄パイプを切る道具です。応用としてはプラチックも切れ、特殊な「石切り刃」を付ければレンガなども切れます。

金切ノコギリ 直線型と洋ノコ型

刃の延長上に柄が付いた「直線型」と、柄をタテにして「洋ノコ型」にしたものがあります。どちらも用途は同じですが、前者はいろいろな持ち方ができて自由度があります。後者はしっかり力が入るタイプ。金切りノコは硬い金属を切るため、押し切るのが基本になりますが、直線型は引いて切ることもできます。基本的に弓ノコなので、フレームが材料に当たり、ふところ寸法より深く切ることはできよせん。

金切ノコギリ ハンデイソー

一番、右にあるのは、ノコ刃をフレームの外に出す「ハンデイソー(商品名)」です。
普通、これを金切りノコとは呼びませんが、応用製品のひとつです。張力がないので、力を入れた切断には向かず、むしろ細部を切るための金切ノコです。

金切鋸の選び方

これから購入される方は、「洋ノコ型」か「直線型」かが第一の選択肢でしょう。厚手の金属板を切る機会が多い方には、力がよく入る洋ノコ型。自由に切りたい方や、引いて切ることもできるようにと考えている方には直線型が適します。

特に具体的な作業予定はなく、用意だけしておく方も後者です。どちらも高価なものではなく、ノコ刃も共通なので、両方持っていれば使い分けが利きます。
製品のでき具合は、ノコ刃の取付状態でチェックします。ノコ刃が取付面から浮くことなく密着していて、またフレームと同一平面に収まっていることを確かめます。なおネジをきつく締め付けてみて、いくらでも締まる製品はまれですが、フレームの剛性が足りません。

金切鋸の歯数と用途 |木材 金属

25mmあたり刃数 用途
14山 軟鋼、アルミ、鉛、プラスチック
18山 真ちゅう、鋳鉄、アングル材
24山 鉄板、厚1鉄パイプ薄F鉄パイプ、ワイヤケーブル
32山

金切鋸の定番&逸品|メーカー 価格比較

Z ハイスパイマン

Z ハイスパイマン P1.4 金属切断用鋸

刃先がコバルトハイス鋼のため耐久性に優れており、フレームが無いため狭い場所での切断ができます。

アマゾン 楽天

Z ハイスパイマン P1.4 金属切断用鋸 08104
価格:2295円(税込、送料別)

アマゾン 人気 金切鋸

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク