図解 工具ホルダー、腰袋の正しい選び方、使い方

工具ホルダー
スポンサーリンク

工具ホルダー、腰袋とは Tool holder

電気工事の現場では実に多くの工具が使用されます。それらの工具をわざわざ工具箱に入れて持ち歩いたのでは効率もよくありませんし、身動きも取れません。そんなとき、現場の作業員たちはそれぞれの工具を腰の工具ホルダー、腰袋に差し込んで持ち歩き、施工現場のその場その場で必要な工具をホルダー、腰袋から素早く取り出して、迅速に作業を行います。

工具ホルダー、腰道具がなければ工具等を持ち歩く時に当然、片手はふさがります、両手が開いていれば、落下等の危険に遭遇した際に危険を回避できやすくなります。

また、作業効率の向上の面もあり、必要最小限のものを腰道具として携えていれば、簡単な作業なら、腰道具だけで行うことも可能です。

工具ホルダー、腰道具には、安全対策と作業効率向上とゆう大切な役目があります。

そして作業効率向上のためには腰道具として携える各種工具をバランスよく配置することが重要です。

自分の使う工具の種類や数によってそれぞれ最適なホルダーや腰袋を選択することが作業効率向上にもつながり、疲れない腰道具とするための大切な要素です。

E-Value 腰袋 ホルダー付き グレー EDK-3D GR 楽天

 工具ホルダーは工具ごとに適合するものがあります。自分の使いやすい工具、また、仕事上よく使う工具をホルダーに挿して、手に届きやすい部分に取り付けて、素早く取り出し、作業が済んだら素早く戻せるようにしましょう。取り付ける場所は使う人の好みに応じた最も使いやすい部分です。少しでも作業の手際がよくなるように取り付けて、作業を効率的にすることが大切です。

工具ホルダー

工具ホルダー

工具ホルダーの種類と選び方

作業員それぞれの個性にあった工具の選び方と使い方があり、また作業現場によって使う頻度の多い工具もあります。それぞれの工具が少しでも取り出しやすく戻しやすい、そんな工具ホルダーを見つけられれば、それだけでも作業の効率が違ってくるものです。

また、作業のたびに手に触れるものでもあります。できるだけ丈夫なものが長期間、愛着をもって使用できます。

 工具ホルダーはほとんどが腰ベルトに通して身につけます。ベンチやドライバ、マーカやハンマ、ときには電動工具も携帯できるようなホルダもあります。最近はファッション性に富んだおしゃれなホルダも開発されて選択する喜びも生まれています。
 工具ホルダは作業中ほとんど身につけているものです。少しでも軽いものであることも選ぶ上で重要な要素のひとつになります。

おすすめ 工具ホルダー、腰袋 メーカー

E-Value 腰袋 ホルダー付き グレー EDK-3D GR

アマゾンNo1商品(2017年2月現在)

アマゾン 楽天

マグネット式ツールホルダー

・強い磁力で工具類を壁面などに保持します。
・工具を取り付けたまま壁面から取り外し持ち運ぶことが可能。
・持ち運びや本体の取り外しに便利なハンドル付き

 マグネット ツール ホルダー 工具  キャビネット (Sサイズ)

アマゾン 楽天

SK11(エスケー11) マチ付き革製 工具ホルダー SMK-3M

アマゾン 楽天

動画 工具ホルダー、腰袋の使い方

参考文献

電気工事の工具が一番わかる (しくみ図解) 松本 光春 (著)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加