サンドペーパーの正しい使い方、選び方【図解】

サンドペーパー-イラスト

サンドペーパーとは?|紙やすり

サンドペーパーは、単に「ペーパー」とも呼ばれます。紙ヤスリのことです。紙ベース以外にも種類があります。

サンドペーパーは研ぎの方向性がなく、曲面も自由に研げる道具です。金属製のヤスリが研削用なのに対して、これは表面の研磨が主体です。

もっとも手軽に研磨を行えるのがサンドペーパー、細かな部分の仕上げには手の感覚で作業できるサンドペーパーがベストです。

サンドペーパーはサンディングペーパーともいい、ペーパーと略されることも多い。

英語:sandpaper

サンドペーパー

サンドペーパー

サンドペーパー、紙やすりの種類|耐水ペーパー

最も安価なのが木工用空研ぎペーパー。黄色い砥粒(砂状の研磨粒子)で、裏は紙です。砥粒ははがれやすく耐久性は高くありません。早めに交換して使います。

耐水ペーパーは黒い砥粒。これも裏は紙ですが、比較的耐久性があります。水研ぎができ、金属や塗膜の研ぎでは目詰まりが少ないタイプです。もちろん木材には空研ぎで用います。非常に細かい粒度まで揃ったペーパーです。

そして研磨布サンドクロス(布ヤスリ)は黒い砥粒で裏は布です。通称は「布ペーパー」。砥粒が落ちにくいだけでなく、曲面や鋭角な切り口を研いでも破れにくく丈夫です。金属面やサビ取りに適しています。これは空研ぎ用で、水をかけると砥粒が流れてしまいます。

やや特殊なものとしては網目ヤスリがあります。これはガラス繊維などの丈夫な網に研磨粒子を付着させたもの。研ぎクズが網を通過し、目詰まりしにくいのが特徴です。石膏や、深く浸透したサビなどの研磨に適します。

ナイロンタワシは綿状の繊維で、内部まで砥粒を定着させたもの。主に金属用で、効果はワイヤブラシとサンドペーパーの中間型です。

サンドペーパー 種類

サンドペーパー 種類

サンドペーパーの選び方|耐水ペーパー

適用範囲が広いのは耐水ペーパーです。番手としては木工用に80、150、240番。塗装では400番。これが最小限の揃え方でしょう。金属の研磨にも木工用と同じ番手が使えます。しかし金工作業がメインなら、破れにくい研磨布のほうが便利です。サビ取りや塗膜はがしなどの塗り替え作業には、網目ヤスリやナイロンタワシに比重を置くとよいでしょう。

 サンドペーパー、紙やすりの番手(番号)

一般には、汚れ落としやサビ落としの用途で知られています。研ぎの場面では、金属表面に起きた研ぎ目の不揃いを整える道具として使われます。
サンドペーパーの粗さ(粒度)は番手で表わします。数字が大きいほど粒度は細かくなります。一覧表にはペーパーの種類も併せて整理しておきます。

サンドペーパーの番手(粒度)

サンドペーパーの番手(粒度)

サンドペーパーの定番|メーカー 価格比較

Bigman(ビッグマン)

 紙ヤスリミニセット#120 #240 #400 18枚入り(各6枚) BYR-25

日本製

アマゾン 楽天

Bigman(ビッグマン) 耐水ペーパーミニセット#400 #1000 #1500 18枚入り(各6枚) BYR-23

日本製

アマゾン 楽天

アマゾン おすすめ サンドペーパー 関連

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク