電気カンナの正しい選び方、使い方【図解】

電気カンナとは 英語:Electrical plane 本体を裏返してみると、電気カンナの構造がよくわかります。前後のベースの間には2枚の刃が付いた「回転ドラム」があります。手カンナで言う「刃の出し加減」は、電気カンナではフロントベースだけを持ち上げて調節します。 この時、刃先とリヤベースは一直線上に残ります。

卓上グラインダーの正しい選び方、使い方【図解】

卓上グラインダーとは|ベンチグラインダー? 作業台に置けば、いつでもすぐに刃物を研げる「卓上グラインダー」。万力に固定しにくいものも自由に研げます。ポータブル型のクラインダーよりも、かえって手軽かもしれません。金属や刃物をよく使う方にはお勧めですまた、ベンチグラインダーとしての呼び名もあります。 英語

ディスクグラインダーの正しい選び方、使い方、手入れ【図解】

ディスクグラインダーとは グラインダーとは砥石を使って研削を行う工具のこと。そのうち砥石が円板状のディスクになっているのがディスクグラインダーだ。 研磨というよりも「研削」がメイン。ディスクグラインダーは金属をガンガン削り落せる、パワフルなサンダーです。これがあれぱ金属もコンクリートも、工作の材料になります。住

ベルトサンダーの正しい選び方、使い方、手入れ【図解】

ベルトサンダーとは ベルトサンダーはキャタピラーのようにつながれたサンドペーパーを連続的に循環させることで研磨を行う。広い面が一気に研磨できる。 ベルトサンダーは、研磨ツールの中では、最も強力で広い面を整えたり、角を削り取るなどの成形加工にも使用可能ですまた、サンディングスタンド等でマシンを固定すれば、小さい部

ランダムオービタルサンダーの正しい使い方、選び方、手入れ【図解】

ランダムオービタルサンダーとは 英語:Random Orbital sander Orbital の意味 だ円運動(オービタル) カップを伏せたような形の本体にハンドルが付いたランダムサンダー、カップの中のパッドは図のような動きです。全体としては回転しながら、細かい偏心運動をしています。このためオービタルサン

オービタルサンダーの正しい使い方、選び方【図解】

オービタルサンダーとは 英語:Orbital sander オービタルサンダーのパッドは1万回/分の速さで、径2回程のだ円運動(オービタル Orbital)をしています。見た目には振動です。 この細かい動きと平らなパッドの組み合わせで、板に密着させての操作を成り立たせています。また反動のない研磨ができます。

レシプロソーの正しい使い方、選び方、手入れ【図解】

レシプロソーとは 細長いブレードを往復させ、さまざまな材料を切断する電動ノコギリがレシプロソーです。 ブレードの動きが往復運動であるためその英語(reciprocting)を略してレシプロソーと呼ばれる。西洋の剣サーベル(オランダ語)に似ているため、その英語からセーバーソーともいわれる。標準的なレシプロソーはブ