大工道具一覧

鑿(のみ)の使い方、選び方、手入れ【図解】

鑿とは?|のみ、ノミ 鑿(のみ)は、材木などに孔を穿ったり、削るのに用いる道具。 ノミが必要とされた作業でも、現在では電動工具があればできてしまうことがほとんどだが、ノミを持っていると微調整などで便利なこともある。 英語:Chisel 鑿の機能と特長

錐、千枚通しの使い方、選び方【図解】

きり、錐とは? 細い穴をあける大工道具がキリ。ドリル系電動工具のような穴の大きさの自由度はなく、パワーもないが、ちょいと穴が必要になった時には重宝。 錐 キリ1本ぐらい工具箱にあってもいい。 小さな釘や木ネジを数本使うという時に すぐに使える。

鋸、ノコギリの使い方、選び方、手入れ【図解】

のこぎりとは? 電動ノコギリに対して手で扱うノコギリは手ノコや手びきノコという。大工道具のノコギリといえば、従来は両側に刃のある両刃ノコギリ(両刃ノコ)だったが、現在では片側だけに刃のある片刃ノコギリ(片刃ノコ)が増えている。しかも、切れ昧が悪くなってきたら目立てという作業で直せるが、手間も費用もかかるため替え...

ピンポンチ、釘締めの選び方、使い方【図解】

釘締めとは? 釘は頭を打ち込む際に木殺しを使っても材料にキズがつくことがある。だが、釘の頭より小さな棒をかいして打ち込めば、材料にキズがつく心配がない。これが釘締めの基本の役割。さらに釘の頭を打ち込んで材料の面より沈めれば、隠し釘にすることも可能です。 英語:NAIL