噴霧器の正しい使い方、選び方、手入れ 【図解】

スポンサーリンク
噴霧器

噴霧器の使い方

植物に発生した病害虫を駆除するため、薬剤を希釈した薬液を、細かい霧状にして散布します。また、液肥などを葉にまくこともあります。
噴霧器を使うときには、使用の前にきちんと噴霧できるか確認することと、使用後によく洗浄することが大切です。

複数の種類の薬剤を1つの器具でまくことは可能ですが、除草剤は成分が残っていると植物に悪影響があるので、器具は使い分けたほうがよいでしょう。薬品は、説明書をよく読み、正しい希釈率で使用することが大切です。

薬剤の散布時は、マスク、手袋、帽子、眼鏡を着用し、散布後すぐに着替えて洗濯します。

散布前の噴霧器点検

蓄圧式噴霧器を使って、薬剤を散布するときには、まず器具が間違いなく動くかどうかの確認をします。薬を入れてから不具合に気づいてノズルの詰まりを掃除したり、パッキンを交換したりするのでは、安全面からも手順のうえでもマイナスが多くなります。

 まずは、ただの水を入れて噴霧テストをしてみましょう。このときあまり圧力をかけてしまうと、うまくチェックができないので、加圧は弱めにします。

噴霧器の点検

噴霧器の点検 画像出典先:園芸道具の使い方と栽培テクニック

噴霧テストして不具合が発生した時はまず、はじめにノズルの掃除をして見てください。

ゴミ等が付着している可能性があります。

噴霧器のノズル点検

噴霧器のノズル点検

 散布用薬剤の薬剤の作り方

薬剤には、希釈して使う液体状の乳剤やフロアブル剤(水和剤を液状にしたもの)と、水に溶かして使う粉状の水和剤があります。水和剤の場合、1ℓほどの量なら、特に練って溶かす必要はありません。

 つくった薬液は、使いきることが原則です。必要な薬液の量を計算し、薬剤を正確に量りましょう。

希釈液を作る

希釈液を作る

水和剤を溶かす

水和剤を溶かす

噴霧器 使用前の安全保護具の着用

使用前のチェックが終了したら、散布作業を行います。薬剤散布の場合、できるだけ肌を見せないような作業着、マスク、保護眼鏡を着用して行いましょう。

噴霧前に安全保護具の着用をする

噴霧前に安全保護具の着用をする

画像出典先:家庭菜園、農園道具の便利帳

噴霧器 基本的な使い方

薬液を噴霧器に注ぎ込む。多量の場合は、注ぎ囗のついたバケツを使って薬液をつくっておくと便利

sprayer.png11

画像出典先:園芸道具の使い方と栽培テクニック

手動ピストンを動かして加圧する。薬の量に合わせてポンピングの回数を加減する。

sprayer.png12

 噴霧器の使い方 ポイント1

早めにまけば、小範囲でよい
 芽の先端や、一部の枝などに病害虫を見つけたら、すぐに薬をまいて駆除してしまいましょう。このときは、植物全体に噴霧する必要はありません。病害虫にやられた個所だけを手当てします。

 早期発見をすれば薬の使用は少しですむわけですから、育てている植物にはどんなとき病害虫が発生しやすいかをあらかじめ把握し、毎日の手人れのたびに、葉裏などを観察しておくことが大切です。

噴霧器の使い方 ポイント2

日ざしや風の強いときは散布しない

 日ざしの強い時間帯は、水がレンズの役目をして葉焼けを起こすので、水やりと同様に、薬剤の散布も行いません。特にナスやバラの仲間は葉焼けしやすいので注意しましょう。
 また、風の強い日も、目的以外のところまで薬剤が飛散しやすいので避けます。
 雨が降っているときも普通は散布は行いませんが、薬は2~3時間で乾くので、空模様と相談して天気がもちそうなら作業を行ってもよいでしょう。

 なお、灰色かび病などのかびによる病気は、雨が降るときに胞子を飛ばします。このため、雨の直前に殺菌剤をまいておくと効果的です。

噴霧器の使い方 ポイント3

どのくらいまけばよいか
 散布の量は、まきたい範囲や、病害虫による被害状況によってもさまざまです。大事なのは、多量にまくことではなく、葉の裏など病害虫の発生した個所に的確に散布できるかどうかです。

 また、噴霧に使う器具によって、必要とする薬液の量も異なってくるので、新しい器具を購入したら、まず水などを入れて確認することをおすすめします。

 その場合は、「1歩、2歩」と自分の歩数を数えながら散布し、10歩歩く間にどのくらいまいたか、タンクに残った水の量ではかります。これにしたがって、自分の庭に必要な量を把握しておきましょう。

噴霧器の散布量 

噴霧器の散布量

噴霧器の場所別 使い方 ポイント4

大きな木への噴霧器による撒布

大きな木への噴霧器による撒布   画像出典先:園芸道具の使い方と栽培テクニック

噴霧器による垣根への散布

噴霧器による垣根への散布

噴霧器による鉢への散布

噴霧器による鉢への散布

噴霧器の掃除、メンテメンス、手入れ

噴霧器の洗浄

 散布が終わったあとの器具は、必ず洗浄して乾燥させてから、高温にならない場所に保管しましょう。

 器具に薬剤が残ったままでは、パッキンなどゴムの部分が劣化したり、ノズルが詰まったりしがちですし、次に薬剤をまくときに異なった薬剤が混ざってしまい、薬効や安全性に問題が生じてしまうかもしれません。

 本体のタンクに残った薬液を洗い流すのはもちろんですが、忘れがちなのが、ホースとノズルの中の洗浄です。タンクの中をきれいにしてから、改めて水を入れ、噴霧することでノズルの中の薬液を洗い流します。

噴霧器の洗浄1

sprayer.png13

画像出典先:園芸道具の使い方と栽培テクニック

薬液を出しきったタンクに水を入れる。4ℓサイズなら1ℓほどが目安

噴霧器の洗浄2

sprayer.png14

ふたをしてよく振り、中に残った薬液を水に溶かす

噴霧器の洗浄3

sprayer.png15

残った薬剤を廃棄した穴に水を捨てる。この作業を2~3回繰り返す

噴霧器の洗浄4

sprayer.png16

ホースとノズルを洗浄するため、廃棄穴に向けてもう一度水を噴射し、出しきる

噴霧器の洗浄5

sprayer.png17

器具を仰向けにして乾燥させてから、あまり高温にならないところに保管する

噴霧器の保管場所

風通しのよいところで器具をよく乾燥させたあとは、保管場所にも気をつかいます。温室の中など温度の上昇が激しく、湿気の多い場所では、ゴムのパッキンなどが傷みやすくなるので注意しましょう。

index

動画  蓄圧式噴霧器  手入れ1 噴口の洗浄

OSHIN 蓄圧式噴霧器 HS-Wシリーズ(ミスターオート)のお手入れ方法を説明

動画  蓄圧式噴霧器  手入れ2 シリンダパッキンの交換

OSHIN 蓄圧式噴霧器 HS-Wシリーズ(ミスターオート)のお手入れ方法を説明

動画 蓄圧式噴霧器  手入れ3 Oリング交換

OSHIN 蓄圧式噴霧器 HS-Wシリーズ(ミスターオート)のお手入れ方法を説明

噴霧器の故障、修理

噴霧器の故障事例1 水漏れ

伸縮できるノズルの場合は、伸ばしたノズルのつなぎ目から水もれすることがあります。パッキンの劣化によることが多いので、調べたうえで、パッキを交換しましよう。

噴霧器のパッキン劣化

噴霧器のパッキン劣化

噴霧器の故障事例2 霧の出が悪い

原因:ノズル先端のゴミ詰まり、もしくは内部ストレーナー(濾過器)のゴミ付着による流量不足
対策、修理:ホースキャップをはずし、ストレーナーの網目部分のつまりを取除いて下さい。

sprayer100

噴霧器の故障事例3 : 空気が漏れて加圧できない

原因:ポンプ部のOリングが油切れ、劣化している。
対策、修理:Oリングの注油もしくは交換。

sprayer102

*更に詳細の内容の記事が下記の本に記載されています。

参考文献

1.園芸道具の使い方と栽培テクニック―よくわかる植える・切る・育てるテクニック (別冊NHK趣味の園芸)

2.いますぐ使える 家庭菜園・農園道具の便利帳 

3.決定版 園芸の基本とガーデニングツール (今日から使えるシリーズ(実用)) 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ工具通販店⇒測定器・工具【イーデンキ】