スポンサーリンク

検電ドライバー、検電テスター、検電器チェッカーの選び方、使い方【図解】

スポンサーリンク
検電器 イラスト

検電器チェッカーの使い方 コンセント 直流交流

 測定にあたっては、検電器の握り部分を持ち、検電器先端の検知部を電線の上から押し当てます。とくに被覆電線の場合は、検知部全体をしっかり接触させないと正しく検知されません。(検知部を十分に電線上に当てないと、心線と検知金具との間の静電容量が変わり、動作感度が鈍くなります)

電気が通っていた場合には警報音や光で通知されるので、ただちに工事を中止して原因究明を行ってください。

検電器の当て方

検電器の当て方

 安全に検電を行うためには、開閉器の状況や表示灯、回路図などから対象となる回路の状態を事前によく確認しておくことも重要です。また、高圧部に手を近づけて検電する場合は必ず絶縁ゴム手袋を着用します。

検電器の使い方

検電器の使い方

雷発生時は検電を中止し、雨の中での検電も極力避けるようにします。また、電器は作業者の安全確保のための工具であるため、定期的に耐電圧検査を行うことが重要です。

車 バイク 検電器テスターによる導通確認

検電とは読んで字のごとく電気を検査することで、配線コードに電気が流れているかどうかをチェックすることです。

検電テスターは車の電装DIYの必須工具。車からの電源取り出しの場面で必要であり「電気が来ている配線がどれなのかを調べる」ことができる。

車、バイクの電気回路はバッテリーのプラスから電源ケーブルとして電装品までやってきて、車の本体である金属部分を回路替わりにしてバッテリーのマイナスに戻って行きます。

測定手順 車 バイク 検電器テスター

導通を調べる時は検電テスターのワニグチをボディーアース、テスターの測定箇所部分(針の先端)を導通を確認したい場所に接続します。

検電テスター 使い方

検電テスター 使い方

①ワニグチを確実に車の金属部分がむき出しになった所にはさむ(ボディーアースする、塗装面は通電しない)

②検電テスターの測定箇所部分(針の先端)を直接配線コードの被覆に突き刺します(芯線に接触させる)。

③通電していれば柄のLED部分が赤に発光します。(常時電装品が使いたい場合はキーを回さない状態で通電している配線コードを探します。)

④市販のオーディオデッキなど取り付けされている場合は、オーディオハーネスのギボシ端子接続部分でも導通確認できます。

⑤配線コード被覆に突き刺して通電確認をするので、そこには小さな穴が開いてしまっています、そこで 導通確認後は安全のため必ず絶縁テープで配線コードを保護します。

動画 検電器チェッカー  使い方 コンセント極性

電子式 検電器の使い方: 日置電機  検電器3480, 3481

検電テスターの使い方 車、バイク 【エーモン】

まとめ

検電ドライバー、テスターを購入する際は用途、目的を考えて、少し高価なモノであっても長い期間使用するものなので信頼性のある、丈夫なモノを選択するのがベストです。

家庭で電気工作や自動車などのメンテナンス用には中国製の格安のでも問題がなく、使用できますが検電ドライバー、テスター信頼性についての保証がゼロです。

プロの工事として使用する場合はやはり、工具店等で販売している検電ドライバー、テスターがベストです。
価格は高いですが半永久的に使用できます。
安物買いの銭失い』にならないようケースバイ、ケースバイで購入を検討してください。

参考文献

電気工事の工具が一番わかる (しくみ図解) 松本 光春 (著)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ工具通販店⇒測定器・工具【イーデンキ】