スポンサーリンク

ピンセットの選び方、使い方【図解】

スポンサーリンク
ピンセット 女性DIY

ピンセットの選び方

重さはアルミ製が一番軽く、また、挟むために必要な力も軽い傾向にあります。
精密作業用ピンセットは、バネが弱い方が微妙な力加減が可能になり使いやすいです。

一般的には最も使い勝手が良いピンセットはアルミのピンセットということになります。
ただ、一概にそれだけで良いか悪いかを決めることができません。

アルミのピンセットは、持ち手部分のエッジの角が落としてありませんので使用感がいまいちです、なじみにくいです。

また、左右の剛性が低いので左右にずらすような力をかけてしまったとき、刃先が左右に食い違ってしまう場合があります。

一般のピンセットの持ち手部分に力を入れると、先端が少し開いてしまいますが高級は先端までしっかり閉じています。

安ものピンセット

安ものピンセット

高級ピンセット

高級ピンセット

モノを保持するのがピンセットです、ゆえにこの違いは大きいです。

違いの要因は薄さ、持ち手部分の太さ、跳ね返しの強さです、製造デザイン、製造方法の違いです。

ゆえに100円均一で売っているようなピンセットと、スイス製の高級ピンセットを比較したら雲泥の差があります。

ピンセット おすすめ ネット通販サイト 価格比較

アマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天の現在の売れ筋のピンセット 人気ランキングです。

アマゾン ランキング  おすすめ ピンセット

アマゾンのおすすめ ピンセット ランキングです。一時間毎に更新されます。最新のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

tweezers1

アマゾン ピンセット 売れ筋ランキング(現在2019年6月26日)

Yahoo!ショッピング  ランキング ピンセット

Yahoo!ショッピングの売れ筋ピンセット ランキングは下記のとおり。最新のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

Yahoo! ピンセット 売れ筋ランキング(現在2019年6月26日)

おすすめ 楽天ショップ ランキング ピンセット

楽天ショップの売れ筋 ピンセット ランキングは下記のとおり。

最新ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。
楽天 ピンセット 売れ筋ランキング
tweezers3

楽天 ピンセット 売れ筋ランキング(現在2019年6月21日)

ピンセットの定番メーカー 価格比較

Dumont デュモン ピンセットNO.1

DUMONT社は、1881年、時計製造用ツールの会社として創業し、他のメーカーでコピーできいほど精密で手の込んだ製品であることから 今日では時計製造ツールの枠を越え、エレクトロニクス、生物学、医療分野などの精密さを問われる分野において幅広く使用されています。

材質はDUMOXEL(ノン・マグ)、耐腐食に非常に優れています。95%磁気を帯びません。

アレックス(ALLEX) |ピンセット P-4P プレーン 21110

岐阜県にある林刃物株式会社、各種ハサミ、その他家庭日用品、業務用工具動物用医療器具、製造・販売している。

ステンレス無垢のプレーン(銀色)先曲がり設計で、形状の複雑な部分の作業に最適。本体は機能性重視の軽量化設計で、取っ手には取りはずし可能な特殊弾性素材を採用。

Anex アネックス|ステンレスラバーグリップ付フッ素加工ピンセット 極細鋭型115mm No.224

新潟県にある兼古製作所、各種ねじ廻し、SCREW DRIVERS、その他の工具を製造。

ラバーグリップ付ステンレス(SUS410)ピンセット、極細で非常に鋭い先端のため、狭く奥まった箇所での作業や精密部品の保持に適しています。またのりがつきにくいフッ素加工処理です。

タミヤ TAMIYA |クラフトツール 精密ピンセット(ツル首タイプ) 74047

プラスチックモデル、ラジオコントロールモデル、工作キット、関連製品製造販売。

精密なパーツの多い艦船模型やエッチングパーツなどを使った工作に活躍する高精度なピンセット。先端はシャープなツル首タイプで入り組んだ部分の作業に最適。丈夫なステンレス製で、ていねいな研磨加工仕上げ。

ピンセットの使い方

ピンセットを使う上でのポイントは、「掴み方」と「力加減」です。

ピンセットは、物を挟むというとても明確な用途のために作られた道具ですので、使い方も至てシンプルでが実はなかなか奥深いのです

ピンセット掴み方

3枚の写真の中で、どれがピンセットで部品を掴む際の適切な向きでしょうか?

ピンセット掴み方

ピンセット掴み方

答えはCです。

ピンセットで部品を掴む際には、部品に接触する面に加わる力が均等になるように掴みます。

A・Bのような場合だと、うまくピンセットが掴めかった場合に、部品を飛ばしてしまう可能性があります。

ピンセット 挟む力の大きさ

ピンセットで部品を挟む際には、強く力を入れて挟んではいけません。強く挟み込むと、少しでも挟んでいる面が滑ると、部品がどこかに飛んでいってしまいます、ゆっくりと優しく部品を掴んでください。

まとめ

ピンセットを購入する際は用途、目的を考えて、少し高価なモノであっても長い期間使用するものなので信頼性のある、丈夫なモノを選択するのがベストです。

ピンセットにはたくさんの種類があり、普通にはさむだけのピンセットもあれば医療用ピンセットもあります。どれも使いやすさを最大まで考慮して製造されております。

*ピンセットの選び方、使い方、手入れについては下記の文献に更に詳細な内容が記載されています。
参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電子工作工具活用ガイド 著者:加藤芳夫 電波新聞
4. 道具の徹底使用術  著者:荒井章 山海堂

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ工具通販店⇒測定器・工具【イーデンキ】