電子工作、電気工事工具一覧

電エナイフの選び方、使い方、おすすめ【イラスト図解】

電エナイフとは Electric Works knife 電エナイフは電線など線材加工用のナイフで、刃が分厚く鉈のような形状をしたナイフです。かつては電気工事が行われる電柱上や配電盤内など身動きしづらい状況に合わせ、工具ベルトに収納できる折りたたみ式が主流でした。 電工ナイフ 折りたたみ式

巻尺、スケール尺、コンベックスのおすすめ、使い方、選び方【イラスト図解】 

スケール、コンベックスとは Steel Tape スケールとは日本語で言うと物差しのことであり、定規や巻尺などものを測る道具全般を指します。そして、スケールは建設現場では欠かせない道具であり、作業をするうえでも、作業の結果を確認するうえでも必需品であり電気工事の精度はスケールによる正確な計測で決まるとも言えます...

腰袋、工具ホルダーのおすすめ、使い方、選び方【イラスト図解】

工具ホルダー、腰袋とは Tool holder 電気工事の現場では実に多くの工具が使用されます。それらの工具をわざわざ工具箱に入れて持ち歩いたのでは効率もよくありませんし、身動きも取れません。そんなとき、現場の作業員たちはそれぞれの工具を腰の工具ホルダー、腰袋に差し込んで持ち歩き、施工現場のその場その場で必要な...

レーザ距離計のおすすめ、選び方、使い方【イラスト図解】

レーザ距離計とは? LASER DISTANCE METER レーザ距離計は、レーザ光を使って壁や天井などからの距離を測定する機器です。 巻き尺などでは測定が難しい長い距離もスムーズに測定できるため、電気工事に限らず建築や工事の現場で幅広く使用されています。

レーザー墨出し器、レーザー水平器のおすすめ、使い方、選び方【イラスト図解】

レーザー墨出し器とは?LASER LINE GENERATOR レーザ墨出し器は、電気工事に限らず建築現場では広く使われる機器で、配管などの位置を決める墨出し作業で使用します。配線位置を誤れば大きなトラブルにもつながりかねない墨出し作業を正しく行い、正確な配線を行う必要があります。 FUKUDA フクダ

検電テスター、検電ドライバー、検電器チェッカーのおすすめ、選び方、使い方【イラスト図解】

検電器チェッカー とは? 英語: electroscope 検電器チェッカー は、電気機器や電気回路に電気が通っているかどうかを確認するための機器です。電気工事や点検は、原則として対象となる電気回路を停電させた状態で実施します。

テスター(回路計)の選び方、使い方、おすすめ【イラスト図解】

テスター(回路計)とは?|英語:Circuit Tester テスタは、回路や電線に流れている電流や電圧を測定する計測機器です。メータの付いた本体と測定用の赤と黒の2本の端子で構成されており、デジタル式とアナログ式の2種類があります。 物体に長さや重さなどの量があるように、電気にも電圧や電