アジャスタブルレンチの正しい選び方、使い方

Google Translator
スポンサーリンク
モンキーレンチ-イラスト2

アジャスタブルレンチレンチとは?

1本で各種サイズのボルトやナットに対応できるのがレンチの総称、モンキーレンチ、パイプレンチ、タイロッドロックナットレンチ等がある。

モンキーレンチ(monkey wrench)は、ボルトをつかむ部分(あご)の幅をウォームギヤによって自由に変えられるレンチの一種。英語では調整式レンチの意味でadjustable wrenchまたはadjustable spannerと呼ばれる。日本では日本工業規格 JIS B4604で、規格名称はモンキレンチ、英文名称をAdjustable angle wrenchesとして規格化されている。

モンキレンチの名前の由来は、現在のモンキレンチの原形となる工具を発明したチャールス・モンキー氏の名前に由来するという説とモンキレンチの原形となった工具の頭部の形状が猿のような形をしているからという説がある。因みに、英語での俗称もMonkey wrenchですが、正しくはAdjustable(調整が可能な、の意味)wrenchと呼びます。

英語:Adjustable angle wrenches

アジャスタブルレンチの種類と用途

スポンサーリンク

モンキレンチ

モンキレンチは、口径部をウォームで調整することで、数種類のボルト・ナットを回すことが出来る利用範囲の広い工具です。

モンキーレンチがあればスパナをそろえる必要はないと考える人もいるが、モンキーレンチほど危険な工具はない。安価な工具セットに含まれていたりするが、廉価品ではちょっと力をかけただけでアゴが広がり、ボルトの頭をなめてしまうこともある。精度が高いものであっても、ボルトにぴったり合うように調整しなければ、精度の低いスパナを使っているのと同じこと。

モンキーレンチは補助的な存在と考えたほうが無難。どうしても同サイズのスパナが2本必要な状況で、そのうちの1本として使ったり、通常はそろえることが少ない大きなサイズのナットに出会った時にだけ使うといった程度にしたい。

しかし、高品質なモンキーレンチならば、本締めの用途にも充分使うことが可能だ。

モンキーレンチ

モンキーレンチ

パイプレンチ

上あごと下あごの歯を引っかけることで水道管やガス管などのパイプを回すことができるレンチです。

上下水道の修理などであると便利なのがパイプレンチだ。アゴの開きをかえることで、さまざまなサイズのパイプを確実にくわえることができる。

パイプレンチ

パイプレンチ

タイロッドロックナットレンチ

ナットの角を包み込むように保持し、安定した作業が可能です。自動車のタイロッドロックナット用レンチですが、モンキレンチとしても使用可能です。

タイロッドロックナットレンチ

タイロッドロックナットレンチ

日本工業規格 モンキレンチ JIS規格

下記にモンキレンチのJIS規格の参考サイトを記載しました。

モンキレンチのJIS規格の詳細が記載されています。

JISC日本工業標準調査会サイト

JISC日本工業標準調査会サイト内のJIS検索から内容が閲覧可能です。(但し印刷不可)

*現在はIEインターネット エクスプローラーのみ閲覧可。

日本工業規格 JIS B4604  モンキレンチ Adjustable angle wrenches

kikakurui.com |JIS規格票をHTML化したサイト

日本工業規格が全文、閲覧、印刷可能です。(但し図、イラスト含まず)

日本工業規格 JIS B4604  モンキレンチ Adjustable angle wrenches

豆丁 |中国の資料閲覧サイト|サイズ|単位

日本工業規格が全文、閲覧、可能です。(図、イラスト含む、ダウンロードは有料)

*ネット接続環境により表示が1分以上、かかる場合があります。

日本工業規格 JIS B4604  モンキレンチ Adjustable angle wrenches

モンキーレンチの選び方|アジャスタブルレンチ

モンキーレンチは、ガタが少ないことをうたい文句にしているものがお勧めです。そうでないと使う頻度が高いほどわずらわしいものです。サイズは全長表示なので、アゴを全開にしてスチール尺の売り場まで持って行きましょう。目安として、用途が広いのは全長250ミリ。蛇口修理に必要な開口幅の28ミリが確保できます。 30ミリまで開くかどうかは製品によります。

サイズの調整が可能とはいえ、調整範囲には当然限りがある。そのためモンキーレチは、多くのバリェーシーが存在している。一番、汎用性の高いのは全長が250ミサイズのもので、基本的にこの一本を用意すれば、人の作業はこなせる。もう1本用意するなら200ミリサイズもしくは、より小さい150ミリサイズを揃えると良い。サイズによりアゴの最大開き幅も変わる。

モンキーレンチ選び方

モンキーレンチ選び方

モンキーレンチ選び方ポイント

1.アジャスターを動かし、あごの動き、固定具合を確認する。

2.アジャスターのガタ(バックラッシュ)を確かめ、ガタが過大でないか確認、特に廉価品では注意する。実際にJIS製品と比較すると違いがわかる。

3.JIS規格品をクリアーした商品を目安に選ぶ。

モンキーレンチの定番&逸品|メーカー価格比較 

LOBSTER ロブテックス|おすすめモンキーレンチ

ロブテックス ハイブリッドモンキX 250mm G-LESS

独自のXドライブ機構を採用、ボルト、ナットを3面で保持、さらに角があたらず、なめにくく安定した作業が可能、ヘッドのコンパクトさも特徴の一つ。


KTC (京都機械工具) |おすすめパイプレンチ

KTC  パイプレンチ 250mm PWA250

くわえ部はよくかみ付く歯形で、熱処理を施しています。

エンジニア株式会社モンキーポケット

エンジニア モンキーポケット|おすすめモンキーレンチ

ショートグリップで作業範囲が小さく、狭い箇所でも効率よく作業ができます。先端超薄型2mmのすき間にジャストフィットし、薄ナットやダブルナットなどの作業に最適です。

TOP トップ工業|おすすめモンキーレンチ

トップ(TOP) 薄型軽量ワイドモンキレンチ エコワイド HY-30

薄型軽量タイプ
20%コンパクト化(従来品の最大口開き時での比較)。
口開きがワイド、呼び寸法に対し、ひとクラス上の口開き。
本体サイズ(mm):全長/210mm、頭部外径/59mm、頭部厚さ/先端部6.5mm・根元部12mm、ハンドル厚さ/6.5mm。

アジャスタブルレンチの使い方

モンキーレンチ

モンキーレンチの使い方でもっとも重要なのは2本のアゴの面をボルトの頭に確実に当てること。動く側のアゴにガタつきのあるような工具は論外だ。回す方向も決まっている。パイプレンチも含め、このページの写真はいずれも時計方向に回す状態にしてある。
その他の使用上の注意点はスパナと同じです。

モンキーレンチ

モンキーレンチはウォームを回すことで口径を調整。

モンキーレンチを回す方向

モンキーレンチを回す方向

画像出典先:DIY工具選びと使い方 著者:青山元男

モッキーレンチの多くは移動アゴがガタつきます。ナットを深くくわえてから、ウォームを回して調節しましょう。アゴの先端で合わせては緩みます。先端は平行よりもわずかに狭いからです。ハンドルをひと振りして、くわえ直すたびにウォームを締めればナットは傷みません。またモンキーレンチを裏側にして大きな力を加えることは避けましょう。

モンキーレンチ使い方

モンキーレンチ使い方

 動画 モンキーレンチ使い方

パイプレンチ

パイプレンチの場合もパイプのサイズに合わせるのが重要だが、丸ナットを回すことでパイプを押さえつける必要はない。ピッタリのサイズにしたうえで、正しい方向に回すと、上下のアゴが閉じる方向に動き、確実にキャッチしてくれる。こうした機能があるため、正しい方向に回すことが非常に重要になる。

パイプレンチも含め、このページの写真はいずれも時計方向に回す状態にしてある。

パイプレンチ

パイプレンチは丸ナットを回すことでアゴの開きを調整

パイプレンチ

パイプレンチならパイプ自体を回したり、逆に作業中にパイプが回らない様に固定しておくことができる

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電子工作工具活用ガイド 著者:加藤芳夫 電波新聞
4. 道具の徹底使用術  著者:荒井章 山海堂

スポンサーリンク
facebook Like Box
Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です