トルクレンチの正しい選び方、使い方

Google Translator
スポンサーリンク
トルクレンチ イラスト

Contents

トルクレンチとは?|英語:spanner

ボルトやナットを指定されたトルク(締めつけ力)で締めることができる工具がトルクレンチです、厳密な作業が求められる現場では必需品な道具です。

トルクレンチは、整備場等でのメンテナンスから、工場での生産と色々な産業に用いられているトルク機器である。ネジには設計段階から軸力が設定されているが、軸力を測定するには高価な測定器や設備が必要となることから、代用としてトルクによる締め付け管理が行われている。

締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損、あるいは締め付けの個人差による製品品質のバラツキを防止する為にトルクレンチが使用されている。又、 日本国内では計量法によりSI単位以外のトルクレンチ(インチ等)を販売することは原則として禁じられている。

トルクレンチ 車メンテ

クルマに車輪を固定するホイールナットは指定トルクで締める必要があるもの

トルクレンチの特徴

通常ボルト、ナットなどネジを使った締結部品にはネジの種類、大きさ等に応した締め付け力が要求され、その代用特性としてトルクがあります。
通常の締め付けにはスパナなど一般の工具が使用されますが、そのトルク値は正確には測定してなのでわかりません。
トルクを測定しながら締め付けたり、設定したトルク値に締め付けたりする、簡易で能率的な工具がトルクレンチです。
ネジの「適正締め付けトルク」を測定するツールとしてトルクレンチがあげられます、締め付けトルクとは、ボルト、ナットなどを締め付ける時に必要な回転モーメントのことです。

*トルクとは、「力」×「長さ」で表わされる「力のモーメント」です。
その単位は重力単位では、kgf・m、kgf・cm等があり、SI単位では、N・m(ニュートン・メートル)です。
1kgf・m=9.807N・m  1N・m=10.197kgf・cm
トルクとは

トルクレンチの機能と用途|JIS規格

ボルト、ナットなどねじの締め付けトルクを測ったり、決められたトルク値に締める場合1に使います。

トルクレンチの種類

JISでは、次の4種類を規定しています。(デジタル式トルクレンチを除く)
等級はダイヤル形のみ精密級と普通級が規定されており、用途に応じて使い分けます。
レンチサイズを表わす“呼び”は測定できるトルクの範囲の最大値のことです。例として測定できる範囲が500~2800kgf・cmのものは2800と呼びます。

トルクレンチは、形状、構造によってシグナル式トルクレンチと直読式トルクレンチに区分けできる。また、シグナル式トルクレンチの機能を有し、且つセンサを搭載しトルク値が表示される複合型のトルクレンチもある。

スポンサーリンク

シグナル式トルクレンチ

シグナル式トルクレンチは、先に締め付けたいトルクを設定して、カチンという感触と音で締め付けトルクに達したことが検知できるトルクレンチである。右(時計回り)専用、左右どちらでも使用できるタイプもある。左右どちらでも使用できるタイプを指して、「両振り」と呼ぶことがある。業界によってはシグナル式トルクレンチ全般を指して「QLレンチ」と呼ぶところがある。

プリセット形シグナル式トルクレンチ

本体の目盛によって設定トルクを変更、可能。

調節式の値の中から希望する値を予めセットしておき、トルクがその値に達した時、音や感触などで分かるようにしたものです。
グリップ部で調整するものや電気的にデジタル部でセットするものなどがあります。

プリセット形シグナル式トルクレンチ

プリセット形シグナル式トルクレンチ

単能形シグナル式トルクレンチ

本体に目盛はなく、トルクを設定するにはトルクレンチテスター等が必要である。プリセット形に比べて廉価なため、工場の生産ラインで盛んに使用される。メーカーでトルクを設定して出荷することもある。

単機能シグナル式トルクレンチ

単機能シグナル式トルクレンチ

直読式トルクレンチ

直読式トルクレンチは、負荷されているトルクを目盛にて読むトルクレンチである。最大値を保持するような機構(ピークホールド機構)を持っているタイプもあり、左右どちらでも計測可能なタイプがほとんどである。

プレート形直読式トルクレンチ

梁(ビーム)のたわみによってトルクを検出し、本体の目盛を読み、測定する。業界によってはプレート形直読式トルクレンチを指して「FLレンチ」と呼ぶところがある。構造が単純なため、安価で壊れにくい特徴がある。

JISは呼び230~10000まで11種類あります。

プレート形直読式トルクレンチ

プレート形直読式トルクレンチ

ダイヤル形直読式トルクレンチ

円柱の捻じれ角によってトルクを検出し、本体のダイヤル形目盛を読み、測定する。

ダイヤル形直読式トルクレンチ

ダイヤル式トルクレンチ

デジタル形 |デジタル式トルクレンチ

センサによってトルクを検出し、表示されるトルクを読み取る。表示器が本体と別になっているものもある。デジタル形ではピークホールドするものがほとんどである。トルクレンチ本体に測定値を記録し、パソコンや専用端末に転送できるものもある。角度センサを搭載し、角度締めにも対応したものもある。プレート形やダイヤル形に比べて高価である。

デジタルトルクレンチ

デジタルトルクレンチ

日本工業規格トルクレンチ JIS規格|単位

下記にトルクレンチのJIS規格の参考サイトを記載しました。

トルクレンチのJIS規格の詳細が記載されています。

JISC日本工業標準調査会サイト|単位

JISC日本工業標準調査会サイト内のJIS検索から内容が閲覧可能です。(但し印刷不可)

*現在はIEインターネット エクスプローラーのみ閲覧可。

日本工業規格 JIS B4652 手動式トルクツールの要求事項及び試験方法

kikakurui.com |JIS規格票をHTML化したサイト

日本工業規格が全文、閲覧、印刷可能です。(但し図、イラスト含まず)

日本工業規格 JIS B4652 手動式トルクツールの要求事項及び試験方法

Hand torque tools Requirements and test methods

豆丁 |中国の資料閲覧サイト|サイズ|単位

日本工業規格が全文、閲覧、可能です。(図、イラスト含む、ダウンロードは有料)

*ネット接続環境により表示が1分以上、かかる場合があります。

日本工業規格JIS B4652:2008手動式トルクツールの要求事項及び試験方法

Hand torque tools Requirements and test methods

トルクレンチの選び方

狭い所でも自由な両ロスパナ。確実に回せるメガネレンチ。機械いじりが好きな方には両方とも出番が多いでしょう。ただ家庭での幅広い修理や工作なら片目片ロスパナをお勧めします。

兼用だからというよりも、サイズ揃えが確実だからです。例えば一般に不要とされる13ミリですが、これはM8のボルトナットに対応します。クルマや機械ではよく出会います。また15ミリは白転車の車軸に使われます。これを両ロスパナのセット以外に買い足すと、ケースには入らずなくしがちです。

また片側の口はサイズが重複します。その点、片目片ロスパナの1ミリおきのセットなら問題なし。たとえ買い足してもダブりません。機械いじり派には、14、17、19ミリ辺りにロングタイプも加えれば、良いでしょう。

トルクレンチの定番&逸品|メーカー価格比較 |おすすめ ロードバイク、自転車、エアコン

東日|おすすめトルクレンチ 

トーニチ トルクレンチ 30~140N・m QL140NMH

1.設定したトルクに達するとトグルが作動し、シグナル音で締め付け完了を感知できる。
2.頭部ラチェットは24枚刻み、15度の振り幅で狭い場所での締め付けに威力を発揮する。
3.トルク変更は目盛によって容易に行える

EMERSON(エマーソン)|おすすめトルクレンチ

EMERSON(エマーソン) レンチセット トルク対応

基本をおさえたベーシックなトルクレンチです。
これを使用して必要以上の力で締付けることを防ぎます。

SK11 エスケー11|おすすめトルクレンチ

SK11 デジタルトルクレンチ 差込角 9.5mm (3/8インチ) SDT3-060

デジタル表示で正確、高精度なトルク管理が可能で、しかも操作が簡単

【用途】
ボルトナット(M6~M12)の締付けトルク値の測定作業

【特徴】
・設定トルク到達時、ブザー音とLEDの光でお知らせする
・右ネジ、左ネジ両方向の測定が可能
・設定トルク値と測定トルク値を他の単位換算出来る
・約2分間操作しなければ自動的に電源が切れるオートスリープ機能付き

KTC (京都機械工具)|おすすめトルクレンチ

KTC (京都機械工具) デジタルトルクレンチ デジラチェ GEK060-R3

トルクレンチの使い方 |タイヤ交換

トルクレンチに力を加える場合は、絶対に手方のセンターをハンドルの指定位置(中央部)にします。

トルクレンチの使い方

トルクレンチの使い方

トルクレンチは作業工具ですが、測定具として丁寧、慎重に扱います。点検手入れを心掛け、使用頻度に合わせ定期的に精度検査を行います。

プレート形やダイヤル形は無負荷時に指針が0位置にあるかチェツクしてから使用します。
プレセット形で希望値に設定する場合は、使用前に取扱説明書をよく読んで使用能力範囲内で慎重に行います。(グリップを回してトルク値を設定するものは範囲を超えて回すと故障する場合があります)

動画 トルクレンチの使い方の紹介  タイヤ交換

トルクレンチの使い方の紹介動画です。ついつい強く締め付けてしまいがちなボルトやナ­ットですがゆるすぎても強すぎてもよくありません。トルクレンチを使用して適正なトル­クで締め付けてましょう。

トルクレンチのメンテナンス

トルクレンチは使用される場所の性質上、乱雑に取り扱われることがある。使用者が気づかないうちに、トルクレンチの精度が狂ってしまうと、いくらトルクレンチを使用して締め付けを行ってもムダです、不良を生産していることになります。

使用後の保管も及び定期的にトルクレンチの点検・校正を行うことも、精度を維持する上では欠かせません。

トルクレンチには使用トルクが定められており、使用トルクを超えて使用すると破損します。また、右専用のものを左方向へ緩めるために使用すると、精度に悪影響があります、正しく取説を読んで使用してください。

トルクレンチの校正方法、料金、期間

手動式トルクレンチの校正・修理は信頼性のあるメーカーに依頼しよう。

下記は東日トルク校正センターの問い合わせ先です。
(03-3762-2402)

トルク締め付け管理方法

締め付けトルクとネジの初期締め付け力との関係は、ネジの状態等によって異なるため、その管理は簡単ではありません、 代表的な締め付け管理方法を下記の紹介します。

トルク法(トルク締め付け管理法)

トルクレンチだけで締め付けトルクを管理する簡易法です。先に使用状態やネジ条件を加味して初期締め付け力を推定する方法です。

回転角法(トルク締め付け管理法)

所定のトルクまで締め付けて次に指定された回転角だけ増し締めする方法です。

角度測定器

角度測定器

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電子工作工具活用ガイド 著者:加藤芳夫 電波新聞
4. 道具の徹底使用術  著者:荒井章 山海堂

スポンサーリンク
facebook Like Box
Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です