スポンサーリンク

絶縁抵抗計の使い方、選び方【図解】

スポンサーリンク
絶縁抵抗計

絶縁抵抗計の使い方

受変電設備(高圧電源を低圧電源に安全に変圧するための設備)における絶縁抵抗試験を例にして説明します。
まず、絶縁抵抗の測定にあたっては事前に絶縁抵抗計が正しく作動するかの確認が必要です。導通している2箇所で測定して絶縁抵抗値がゼロになるかを確かめるため、接地されている箇所にE端子を、それと導通している箇所にL端子をつなぎ、数値がゼロになることを確かめます。

たとえば、接地地点と金属でつながっているような箇所にL端子をつなぎ、ゼロになるかを確かめます。ここで、接地とは電子機器を基準電位点に接続することを言います。

基準電位点は通常、大地に設定されるため、アースとも呼ばれます。次に、絶縁状態を測定できるか確認するため、2本の端子を離した状態でメータの数値が∞(絶縁抵抗値が非常に大きい)を示すか確認します。
事前のチェックで絶縁抵抗計に問題がないことがわかったらE端子を接地極に接続してから絶縁抵抗計のスイッチを入れ、ピッ状のL端子で測定する対象の端子に触れるようにします。

絶縁抵抗試験

絶縁抵抗試験

測定対象から漏電している場合は漏れた電気は接地極へと向かうので、2箇所は通電状態(絶縁状態が不良)となり絶縁抵抗値が小さくなります。その場合は早急に原因を分析して対処する必要があります。

絶縁抵抗計の測定 レンジ

 テスターの抵抗計の電圧は数V程度ですが絶縁抵抗計は500Vを使って測定するため、絶縁性をより厳しく検査することができます。絶縁抵抗計で測ったアースと機器や屋内配線間の抵抗値は、
①電路電圧が300V以下で、対地電圧が1 50V以下の場合の下限値は0. 1 M Ω
②電路電圧が300V以下のその他の場合の下限値は0.2M Ωと決められています。

動画 メガテスター デジタル絶縁抵抗計の基本な使い方

基本的な配電盤の絶縁抵抗測定方法の解説動画、レンジの選び方や絶縁抵抗計IR4052の使い方等

具体的な測定の方法はふたつあります。

ひとつは電路・大地間の絶縁がでさているかの測定と電路同士の絶縁が確保できているかの測定となります。
まず電路と大地間の絶縁の測定方法は、負荷と電源を切り離し分岐回路をオフにしたり状態でで総ての電気製品類を使用状態にして、L端子を負荷側にE端子を接地極に繋げます。
注意点としては分岐回路を切り離した状態でその負荷側の2線を繋げておく必要があります。

そして測定ボタンを押下して、表示パネル上で計測のための針がふれますので、その値を記録して絶縁抵抗値の計測を行います。

絶縁抵抗計の測定

次に電線同士の絶縁が確保できているかの測定方法は、同じように分岐回路を切り離し、スイッチ類はオンにしますが負荷を総て取り外します。

負荷を取り外すというのはコンセントを抜いたりして電気回路から外すことです。
その上で、負荷側の2線それぞれにL端子やE端子に繋げ、測定ボタンを押下することで測定することが可能となります。

絶縁抵抗計の校正試験、期間、周期

電気事業法での自家用電気工作物保安規定、使用前自主検査等で絶縁抵抗計はJIS C 1302に準拠する事と決めており定期的な校正が必要。

電気事業法では自主的な校正を求めており感電事故等を起こした時は絶縁抵抗計はどの様に管理かの証明する為の絶縁抵抗計の校正証明書が必要である。

絶縁抵抗計の校正方法

既知の負荷抵抗を繋いで値を読み取るのが一般的。

専用の抵抗器及び絶縁抵抗器校正用のダイヤル抵抗器なども販売されている。
但し、公の文書として試験結果を発行すると言うことであれば、そのような認可を受けた業者へ委託し、国家標準からのトレーサビリティーを確保する。

校正料金はメーカーによって差がありが約1万円~2万円の範囲

まとめ

絶縁抵抗計は、電気工事、電気保守関係の現場では必須の測定器です、種類も非常に多いので、各メーカのホームページ、カタログ等を確認した上で、測定の目的にあった最適な絶縁抵抗計を選ぶことが重要です。

又、中古品クランプメーターの場合でも日本製は信頼性が高いのでトラブルは少なく信頼できます。

参考文献:電気工事の工具が一番わかる (しくみ図解) 松本 光春 (著)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ工具通販店⇒測定器・工具【イーデンキ】