図解 噴霧器の正しい使い方、選び方、手入れ

噴霧器

ガーデンニング用噴霧器とは? 英語:sprayer

液体の肥料や薬剤をまくのに、畑なら噴霧機が便利です。
電池で動かすものや、ピストンで加圧して噴霧するタイプなどがあります。
液体を入れて持ち運びながらまくので、自分の力に合ったものを選びましょう。
頻繁に使用する道具ではないので、手軽に操作でき、使用後の手入れもしやすいものを選びましょう。薬剤散布の際には、薬液は使い切れる量を作るのが原則。容量は4ℓサイズくらいが一般家庭向きでしょう。

噴霧器の原理 スプレーノズル

ごく小さな開口部を持つノズルに液体を規定の流量および圧力で送り込み霧状に噴射させるさせる、構造は水鉄砲と同様で、ピストンやポンプ、圧縮空気などで液体を加圧して管で直接ノズルに送り込む。

一般に市販されているトリガー式・ボタン式の霧吹き、エンジンなどに用いられるインジェクターがこの原理を使用している。

スプレーノズルは気体や液体等の流体を高速で噴出するために先端を細くした管の開口部でありスプレー等の先端は、ノズル構造を持っており、そのノズルから大気中(低圧)に噴射された高圧の液体が膜状に広がりる様に設計されている。

この薄くなった膜状の液体は振動によってまず板状に変化し、その不安定な板状は直ちに液体の表面張力により柱状となり、さらに引きちぎれて液滴となります。

 噴霧器(薬剤、除草剤散布用) 用途と特徴

殺虫・殺菌を目的とした薬剤散布、肥料や活力剤の葉面散布、除草剤の散布などに使用します。ポンプでタンク内の空気を圧縮し、ノズルから薬液を細かい霧状にして散布します。トーチランプを元に薬剤散布用に作られたものが、明治時代にフランスから輸入されました。
業務用から一般家庭用に薬液の噐、使用頻度などによって、大型のものから小型のもの、動力式のものから蓄圧式モノのなどいろいろなタイプの噴霧器があります。

噴霧器の名称

噴霧器の名称 画像出典先:園芸の基本とガーデンニングツール

 噴霧器(薬剤、除草剤散布用)の種類

ハンドスブレー

最も手軽で一般的な噴霧器です。ベランダや小さな庭など、狭い範囲に薬をまく場合に向いています。価格も手頃で、気軽に購入することができます。使用後は、薬液を容器に残さず、必ず毎回洗浄しましょう。

ハンドスプレー名称と構造

ハンドスプレー名称と構造

おすすめ ハンドスプレー フルプラ ダイヤスプレー スウィング LN500 NO.526

アマゾン ベストセラー1位(2017年6月)

アマゾン 楽天

往復式噴霧器

ハンドスプレーと同じ原理でピストンを押すと噴霧する夕イプと押し引きの動作中噴霧する往復式スプレータイプがある。往復式スプレータイプは噴霧の到達距離が長く、広範囲に使用可能、薬液を入れる専用タンクもあるが、バケツなどを利用することもできる。

おすすめ フルプラ 往復式噴霧器 ツーウェイ No.590緑

アマゾン 楽天

蓄圧式噴霧器

蓄圧式噴霧器は、薬液をタンクに入れ、あらかじめ30~40回ほどピストンすることで圧力をためで散布するもの。小型のものから肩掛け式、背負い式など、タンク容量によって選ぶのがよい。

容量が1ℓほどのハンディータイプのものと、4~5ℓ入り、肩にかけて使える夕イプがあります。ある程度の広さの庭なら、肩かけタイプがよいでしょう。ノズルが詰まると故障するので、使用後には丁寧に先端を洗い、水をきって乾燥させ、清潔を保ちます。

おすすめ 工進 蓄圧式噴霧器7L ミスターオート HS-707W

タンク容量:7L

アマゾン 楽天

電動、電気式噴霧器

動力がついているので、広い庭や、家を取り囲んだ生け垣など広範囲に散布をするときには便利です。ただし、モーターによる熱が発生するので、長時間の使用には向きません。
電源のあるところや、延長ケーブルを使えるところでは電動式が使えます。

おすすめ セフティー3 電気式噴霧器  SSA-10

容量10L  電源: 100Vコード ホース10m ノズル70~160㎝ 1頭2頭切替

アマゾン 楽天

電池式噴霧器

電源がない場所では電池式のほうが便利です。重量もかなりあるので、長時間持つたまま作業するのには無理があります。移動できるカードやワゴンがあれば、乗せて移動できるので便利です。

おすすめ 工進 電池式 噴霧器 ガーデンマスター GT-5 [5L][3段伸縮ノズル]

アマゾン 楽天

充電式噴霧器

スイッチを入れるだけで散布ができる。充電式電動ドライバーなどと同メーカのものなら同じ充電池の使用が可能。充電池の充電時間によって作業時間が決まったしまうため、長時間の噴霧の場合は、必要な時間分の充電池を用意しておくとよい。

おすすめ マキタ 充電式噴霧器 MUS103DSH

本体付属バッテリー1個搭載モデル  14.4V 

アマゾン 楽天

エンジン式噴霧器

エンジン式は業務用になるため器械も大型。背負いか、一輪車などの台車に乗せての運搬となる。

おすすめ 工進 エンジン式 噴霧器  ES-10C

 容量:10リットル

アマゾン 楽天

噴霧器の選び方

噴霧器には、スプレーのような手軽なものから、電動式の噴霧器まで、さまざまなタイプがあります。薬剤を散布する庭の広さや、鉢の数などによって、器具を選びましょう。

 手軽なのはハンドスプレータイプですが、容量が少なく散布できる植物の数が限定されます。バラやツバキなどが5本以上あるような場合は蓄圧式噴霧器選び、植物の本数に合わせて容量を考慮します。さらに本数が多がったり、つるバラなど広範囲に散布する場合は、移動が便利な電池式や散布力が強い電動式を選定します。

家庭用として噴霧器を選ぶ場合、価格の面やお手軽さを考えると、手動式か電池・充電式がベストです。

手動式(蓄圧式)の噴霧器は、燃料が必要なく価格も安いため噴霧器を初めて使う方には最適です。しかし手動式の場合はタンク内に空気を加圧しないと使えません。加圧は自転車のタイヤに空気を入れるような形と似ており、ご自身で加圧しないといけないため、体力と時間を要し、疲れます。

体力に自信がなく、時間を掛けずに噴霧したい場合は電池・充電式がお勧めであり、人気があります。電池・充電式は電池をセットすればすぐに使えるためとても便利です。

また、電動式やエンジン式などの噴霧器を使用すれば広範囲の噴霧は非常に簡単となりますが、その分価格も高くなってしまい噴霧器のメンテナンスなども必要となってきます。家庭用として考えているのでしたら手動式か電池・充電式の噴霧器をお選びいただけるほうがベストです。

おすすめ 噴霧器 価格 メーカー 比較

噴霧器にはメーカーとして、工進、ゼノア、新ダイワ、カーツ、丸山製作所などがあります。

工進は創立が昭和23年と歴史のあるメーカーです。

工進(KOSHIN)は、ポンプとして有名であり噴霧器としても専門的に取扱っています。
全国的にも置いてある店舗が多く、認知度が非常に高い噴霧器メーカーです。

 工進 ミスターオート 蓄圧式噴霧器 4L HS-401E

アマゾン 噴霧器 ベストセラー1位(2017年6月)

タンク容量:4リットル

アマゾン 楽天

動画 工進 ミスターオート 蓄圧式噴霧器 4L HS-401E

工進 ガーデンマスター乾電池式噴霧器(洗浄スイッチ付)3L GT-3S

アマゾン 噴霧器 ベストセラー3位(2017年6月)

アマゾン 楽天

動画 工進 KOSHIN 乾電池式噴霧器 GT-3S(GT-2S,GT-5S) 説明編

蓄圧式噴霧器(単頭口ノズル付) 全自動ハイパー レギュラー 4L  マルハチ産業

アマゾン 噴霧器 ベストセラー2位(2017年6月)

アマゾン 楽天

セフティー3 ハイパワー電池式噴霧器 5L ホース1.7m ノズル40~90cm 1頭2頭切替 SSD-5H

アマゾン 噴霧器 高評価

アマゾン 楽天

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク