図解 レーザ距離計の正しい選び方、使い方

レーザー距離計-イラスト
スポンサーリンク

レーザ距離計とは? LASER DISTANCE METER

 レーザ距離計は、レーザ光を使って壁や天井などからの距離を測定する機器です。

巻き尺などでは測定が難しい長い距離もスムーズに測定できるため、電気工事に限らず建築や工事の現場で幅広く使用されています。

タジマ(Tajima) レーザー距離計 ライカ ディストX310 楽天

レーザ距離計の原理、仕組み、構造

レーザー距離計はレーザー光を用いた機器は障害物の影響を受けません。ピンポイントで対象をとらえることが可能のために正確な測定ができます。

仕組みはレーザー光を目標物に照射した後に反射して戻るまでの距離を算出して距離を求めます。以前のレーザー距離計は反射板(リフレクター)を取りつけていましたが、最新版では直接計測ができるようになっています。

実際の測定は、対象までを往復したレーザー光線と元のレーザー光線の波のズレ(位相)を測定します。レーザー光線をスプリッタ(ハーフミラーのようなもの)で2つに分けて、片方を対象に当てて、戻ってきた光と分離したもう1つの位相を比べます。簡単に言うと、光のパルスとパルスの間の時間を計れば、それがレーザー光線が往復に要した時間で、その差から距離を測定します。

レーザー距離計の原理

レーザー距離計の原理

レーザー距離計の種類

レーザー距離計は測定する距離によって呼称が変わります。数10mm~数100mmを測定する近距離用は「変位センサー」です。

逆に数10mm~数mを測定する長距離用は「距離センサー」になります。

レーザー距離計にはさまざまな種類がありメーカーからも多種多様な製品が発売されています。購入前に目的を明確して適合した種類のものを選びましょう。

屋外用レーザー距離計

屋外用レーザー距離計は主に5m~1,000mまで測定可能であり測距範囲が非常に広いです。高さ測定をおこなう場合は三脚を使うケースが多いです。ゴルフ用レーザー距離計も屋外用レーザーの1種になります。

室内用レーザー距離計

室内用は30m以下程度と測距範囲が狭いです。室内での使用なので、中~長距離・太陽光の下での測定には向いていません。また、室内用レーザー距離計はポケットでも入るコンパクトサイズが多いです。

レーザー距離計の選び方 価格 精度

正しいレーザー距離計が選ぶためのポイントを解説します。

測定可能な距離の長さ

レーザー距離計を選ぶ際、重要なポイントが「距離の長さ」です。測定可能な距離の長さによって、適切なレーザー距離計が選びやすくなります。

また、測定距離の違いは価格に大きく関係するものです。レーザー距離計の価格は1万円前後~10万円と幅広いでしょう。価格と測定可能な距離の長さを確認しながら選んでください。

傾斜測定の有無

レーザー距離計を選ぶ際の次のポイントは「傾斜測定の有無」です。傾斜測定の有無はピタゴラス測定に関係します。

傾斜測定がついていることで従来不可能だった測定が可能にあり、且つ、1工程少ない測定ができます。

たとえ、傾斜測定をするつもりはなくてもついておいたほうが効率的に測定が可能です。

ボッシュ BOSCH GLM50C レーザー距離計 楽天

角度センサー内蔵で傾斜測定も可能

屋内・屋外

距離の長さに関係していることですが、「屋内」か、それとも「屋外」で使用するのか明確にしておいてください。屋外・屋内どちらで利用するかによって、レーザー距離計の選び方が変わります。

COSMO 150デジタル3倍ズーム 野外 レーザー距離計 楽天

suaoki 屋内 レーザー距離計 最大測定距離100m 楽天

おすすめ メーカー レーザー距離計  ボッシュ

BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計 ZAMO

アマゾン 人気No1 商品

アマゾン 楽天

BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計 GLM7000

アマゾン 楽天

ゴルフ用レーザー距離測定器の選び方

正確な距離を知るという観点からは レーザー式が 優れており、持ち運びの容易さとコース・マネジメントという観点からは GPS式の長所も魅力ですが頻繁に充電する必要があります。

以前は GPS式製品が価格、機能で優れていたが2014年 9月には ニコンが新機種を 2万円を切る価格で発売したことで、精度に勝る レーザー・タイプが普及している。

ゴルフ Nikon 携帯型レーザー距離計 COOLSHOT 20 LCS20

アマゾン 楽天

レーザ距離計の使い方

 電気工事で使用されるレーザ距離計は多くの場合、レーザを照射するボタンのほか加算・減算を行うボタン、面積や体積の測定に使用するボタン、測定基準の設定ボタンなどで構成されています。

水平や垂直の距離を測定するときは、本体前面から対象物に向けてまっすぐレーザを照射します。

また、加算・減算ボタンを押しながら複数の距離を続けて測定することで測定した距離同士を加算したり減算したりすることも可能です。さらに機種によっては水平や垂直の距離を測定するだけでなく面積や体積の測定も可能です。

レーザー距離計

画像出典先:電気工事の工具が一番わかる (しくみ図解) 松本 光春 (著)

ピタゴラス測定に対応した機器も

 レーザ距離計の中には、ピタゴラス機能が搭載されたものもあります。ピタゴラス機能とは、ぎタゴラスの定理を利用して距離を測定するもので、離れた場所から距離や高さを測定するときに便利な機能です。
 たとえば、建物外壁の高さや屋根の幅、傾斜などは、水平や垂直の位置から直接レーザを当てることができません。そのような場合に、測定可能な箇所の長さから目的の長さを自動計算するときに使用します。ただし、ピタゴラス測定は推定距離を計算するものなので、実測値と比較した場合には誤差が発生します。

ピタゴラス測定

ピタゴラス測定

動画  BOSCH(ボッシュ) レーザー距離計の使い方

動画 BOSCH レーザー距離計の使い方をわかりやすく解説!

レーザー距離計のメンテナンス

レーザー距離計は精密機器の1つです。精密機器であるため、最低でも1年に1回の点検が必要になります。定期的に精度確認をするため、購入した機器のメーカーに依頼してください。
また、使用後は必ず掃除をして下さい。レーザー距離計は、使うたびに汚れます。ゴミが付着すると反射が弱くなり精度に影響を与えます。清掃する際はアルコールで清掃後に空拭くをして汚れを完全に除去して下さい。

参考文献

電気工事の工具が一番わかる (しくみ図解) 松本 光春 (著)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加