ミニルーター、ハンドグラインダーの正しい選び方、使い方【図解】

ハンドグラインダー イラスト

ミニルーター、ハンドグラインダーの使い方

ミニルーター、ハンドグラインダーの持ち方

ハンドグラインダー 使い方ハンドグラインダーの持ち方は「ペン型」が基本。これが最も自由に操作できます。ビットで材料をなでるように進む要領です。

細密作業で、ビットの移動量が少ない時は両手で保持します。材料に押し付けないように軽く当てて、たえず移動します。向きは回転を迎える側、つまり切りクズが飛ぶ方向に進みます。したがって材料の内側を削る時は、右回りに進むことになります。

ハンドグラインダーの持ち方

ミニルーター、ハンドグラインダーのビット交換

ここでビット交換を見ておきましょう。正しく作業しないとコレットチャックが破損するので、気を付けなければなりません。まずコレットナットを緩め、使いたいビットをチャックに軽く差してみます。径が合わなければ、コレットコーンを取り出して交換です。例えばサイズ3mmのハンドグラインダーは、それ以外に2.4mmと1mmのコレットコーンが付属で付いています。
ビットに合うサイズを選んで入れ、コレットナットを軽く指締めします。そしてビットを差してから、スピンドルロックのピンを押して、レンチで締めます。サイズが合わなかったり、ビットを入れずに締めるとコレットコーンが歪むので注意しましょう。

ハンドグラインダー ビット交換

ミニルーター、ハンドグラインダーの長穴加工

金具のネジ穴などに余裕を持たせるため、長穴にすることがあります。この場合、「回転ヤスリビット」を使えば手軽に加工できます。まず必要な形にケガキ線を引きます。

そしてもとの穴よりひと回り小さいビットで、右回りに削っていきます。直線部分がありますが、ハンドグラインダーは定規が使えません。そのため、ケガキ線の内側に沿って0.5mmの仕上げしろを残します。あとで一定の速さ、一定の力で、なぞるようにビットを送っていけば直線に仕上がります。

ハンドグラインダー 長穴の研削

ミニルーターハンドグラインダーの凹部研削

今度は木材に凹面を作ります。底の形を正確に削るのがポイントです。頭の中にあるイメージだけで彫っていくと、左右対称にできません。

まずドリルで中央を設定の深さまであけて、底の位置決めをします。これを目安に、木工用カッタービットで穴をタテ壁に広げます。このビットは刃の刻みが交差したタイプです。その中でも、先が丸いものを選びます。

先が平面のものは研削角度に敏感で、向きを変える時に深く食いつくことがあるので避けます。
壁には仕上げしろを残し、底面の力-ブを2本の溝で削り出します。そしてボール紙でゲージを作り、溝に当てて力-ブを確かめます。ほぼ整ったところで溝をつなぎ、底面を仕上げます。ついで壁面の仕上げしろを平面に削り出します。

さらに面を滑らかにするには、サンディングホイールがよいでしょう。

ハンドグラインダー 凹部研削1

動画 おすすめ「プロクソン」ミニルーターの使い方

アマゾン  ミニルーター、ハンドグラインダー アクセサリー

ミニルーター、ハンドグラインダーのアクセサリーを知りたい方は下記の画像をクリックしてください。

アマゾン ミニルーターアクセサリー

アマゾン ミニルーターアクセサリー

*工具の選び方、使い方、手入れについては下記の文献に更に詳細な内容が記載されています。

参考文献:
1.DIY工具選びと使い方 著者:青山元男 ナツメ社
2.DIY 道具の便利手帳 監修:西沢正和 大泉書店
3.電動工具 徹底利用術 著者:荒井 章

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク