遮光メガネの正しい選び方、使い方 |遮光保護具 

溶接作業

遮光保護具とは?|遮光保護メガネ|しゃこう保護眼鏡

遮光保護具とは目に対して有害な紫外放射及び赤外放射並びに強烈な可視光(以下,有害光線という。)を生る場所において,作業者の目を保護するため,各人が着用する遮光保護具(以下,保護具という。)のこと、ただし,溶接用保護面の面体には適用しない。

遮光保護具 種類・形式 |遮光メガネ

遮光保護具は図のような形状があり、JIS T 8141で規定されています。

図2

遮光保護具 種類型式

表2 しゃ光メガネの種類、形式及び記号

種類 形式 記号
遮光めがね スペクタクル形 サイドシールドなし 普通めがね形 A-1
単式上下自在形 A-2
複式上下自在形 A-3
安全帽取付け形 A-4
サイドシールドあり 普通めがね形 B-I
単式上下自在形 B-2
複式上下自在形 B-3
安全帽取付け形 B-4
フロント形 固定形 C-1
上下自在形 C-2
ゴグル形 一眼形 D-1
二眼形 D-2
フィルタプレート レギュラー形(50×105) E-1
ラージ形(100×105) E-2
フリーサイズ形(50以上べ05以上) E-3

側射光の影響がない場合はスペクタクル形のサイドシールドなしを,側射光を
防ぐにはスペクタクル形のサイドシールドありまたはゴグル形を使用します。
フロント形は矯正めがねの上から掛けるタイプです。
それぞれの作業内容等に合った形式を使用しましょう。

遮光保護具には表2に示した遮光めがねのほか,遮光めがねのフィルタレンズ用力
バーレンズ,溶接用保護面に取付けるフィルタプレート・カバープレートの品質がJIS T
8141に規定されています。

遮光保護具 主な性能 |遮光メガネ

遮光保護具は,適切な遮光度番号を使用すれば図2のような性能を発揮
します。
フィルタレンズまたはフィルタプレート

図2 遮光保護具の性能

遮光保護具 性能

遮光度の選び方 |遮光メガネ

まず,JISマークがついている遮光保護具を選びます。
次に表に示す使用標準を参考にして,遮光保護具の遮光度番号を選定して下さい。

表3 しゃ光メガネの遮光度 選択基準

遮光度保護具の使用基準

遮光度保護具の使用基準

メーカー別 遮光眼鏡の選び方 |遮光メガネ

ミドリ安全 遮光メガネ |遮光眼鏡

安全靴、ヘルメット等安全衛生保護具等の製造・販売。

こちらがミドリ安全の遮光メガネのサイト。ミドリ安全

山本光学㈱ SWANS (スワンズ)ブランド |遮光メガネ

主に SWANS (スワンズ)ブランドでスポーツ用品・眼鏡・サングラス・光学機器・バイクヘルメット産業要保護具の製造販売。

こちらが山本光学㈱の遮光メガネの紹介サイト。山本光学㈱

おすすめ商品:スワン ガス溶接用サイド付遮光メガネ YW-295W

●複式レンズを採用(外:遮光レンズ、内:透明レンズ)し、遮光メガネ以外に保護メガネとしても使用できます。

●JIS T8141規格品です。

●遮光度:#3

●ガス溶接、グラインダー、切削、研削作業

山本光学株式会社 紹介デモ動画

理研 オプテック |遮光メガネ

安全衛生保護具(眼鏡、ゴグル、防災面、レーザ用)、プレス機械用周辺機器(安全装置、検出装置、荷重監視装置)の生産販売サービス。

おすすめ商品:理研オプテック/遮光メガネ メガネタイプ/RS-X

● JIS規格品(T8147 保護めがね)
● レンズ材質:ポリカーボネートSPLレンズ
● 遮光度:#1.7・#1.4・#2・#3・#4・#5

TRUSCO トラスコ中山 |遮光メガネ

プロツール(工場用副資材)の卸売業及び 自社ブランドTRUSCOの企画開発を行う。

おすすめ商品:TRUSCO 遮光メガネ ポリカレンズ#3 TDSGP3

TRUSCO 複式上下自在型遮光メガネ 強化ガラスレンズ#3
●JIS T8141規格品です。
●ガス溶接作業に。●周辺の溶接作業から入り込む有害光線を遮光
●遮光度:#3
●JIS T8141規格品

トーヨーセフティー |遮光メガネ

ヘルメット (作業用、自転車用、幼児用),保護めがね,防じんマスク等の安全保護具を販売、製品は東洋物産工業株式会社に製造。

おすすめ商品:TOYO 電気溶接用メガネ NO.1371B

●【用途】電気溶接用メガネ。【特徴・機能】UVカット 赤外線用 軽量で誰にでもフィット・有害な紫外線や赤外線をカット。眼鏡をかけたままでも使用できます。紫外線を約99.9パーセントカットするUVカットと赤外線を遮光するレンズになっています。

TOYO 防塵メガネ NO.1371B【楽天24】[TO...

TOYO 防塵メガネ NO.1371B【楽天24】[TO…
価格:1,937円(税込、送料別)

遮光めがねとサングラスの違い

遮光めがねは有害光線を防ぐだけでなく,飛来物があっても容易に破損しないレンズ強度を持つています。また,フレームもレンズが簡単に脱落しないように設計されています。そして,作業にあわせて選択できる様々な枠形式が用意されています。
サングラスは,紫外線を吸収する能力のあるものもありますが,赤外線を吸収する能力はありません。また,レンズの強度や枠の設計にも保護具としては問題があります。遮光保護具を使う作業場では,遮光保護具の代わりにサングラスを使用することは絶対に禁止して下さい。

有害光線による眼の障害 |遮光メガネ

有害光線による眼の障害には次の5種類があります。

(1)紫外放射UV-B,Cによる角膜,結膜への障害
(2)紫外放射UV-Aによる水晶体への障害
(3)青色光による網膜への光化学的障害
(4)可視線,近赤外放射による網膜への熱障害
(5)近・中赤外放射による角膜,水晶体への障害

遮光保護具はこれらの眼障害から作業者の眼を守ります。

遮光メガネの使用方法・保守・管理 |遮光めがね

保護メガネの使用前の点検、使用上の注意、眼保護具の保守・管理、消毒方法、交換時期については次の記事を参照してください。

関連記事:眼保護具(保護メガネ等)の賢い選び方、使い方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク